オーストラリアの競馬ホットニュース

2005年【下半期】

カネトシキング、シドニーで素晴らしい活躍

古くから中央で競走馬を持つ兼松氏は、オーストラリアで数頭の馬をもって、オーストラリアならではの競馬を楽しんでいますが、先週土曜日に、ローズヒルガーデン競馬場で開催されたエスケイプトーザレースズ2歳ハンデで、シドニーで所有しているカネトシキングが優勝して、来年1月14日にゴールドコーストで開催される100万ドルのマジックミリオンズレースに出走が決まりました。 
11枠の不利なゲートにも関わらず、最後のスパートは、マスコミも大注目。管理をしているジョン・オシェイ調教師は、カネトシキングは、マジックミリオンズだけでなく、来年のゴールデンスリッパー・ステイクスも狙っていると自信満々。同馬は、昨年がキングシャルメインの牡馬。騎乗したグレン・ボス騎手も、「強い馬だ」と褒めちぎっています。これからカネトシキングは、12月26日にもう1戦叩いて、マジックミリオンズに向かいます。

20051210日(土) ローズヒルガーデン競馬場
エスケイプトゥーザレースズ 
1,100m
3
歳以上 賞金総額:約540万円
1 KANETOSHI KING 
(父:King Charlemagne 母:Tre Faccia) 55kg
騎手:Glen Boss 調教師:John O'Shea
2 STRAT'S FLYER  
(父:Strategic 母:Scot's Flyer) 55kg
3 MAID OF ANTRIM 
(父:High Yield 母:Danislew) 53g
12DEC05 更新】


マジックミリオンズの出走馬が出揃う

来年1月14日にゴールドコースト競馬場で開催されるマジックミリオンズレースの2歳馬の出走馬がそろそろ出揃いました。下記は、そのリストと現在までの総収得賞金額です。

馬名 調教師 総収得賞金
Reigart Mark Webb $112,500
Pulsator Gai Waterhouse $66,500
Super Savings Graeme Rogerson $62,950
Mirror Mirror Clarry Conners $48,750
Diamonds Am I Kelly Schweida $42,000
Diego Garcia Gai Waterhouse $39,000
Kanetoshi King John O'Shea $39,000
Twist Contest David Hayes $32,500
Charmana Star Liam Birchley $32,000
Churchill Downs David Hayes $29,250
Gold Edition Ron Maund $25,600
Snort Rick Hore-Lacy $22,500
Mel Alan Bailey $21,400
Rendzina Graeme Rogerson $20,000
Barlagarney Graeme Rogerson $18,000
Way Off Ron Macrae $18,000
Aurelio David Hayes $12,000
Cheeky Choice Gai Waterhouse $12,000
Brambletye John Wallace $10,000
Chatostar Paddy Cunningham $10,000
12DEC05 更新】

コヴェルトリーがレイルウエイステイクス優勝

パースでレーシングカーニバルが始めると、いよいよオーストラリアに本格的な夏がやってきます。
先週土曜日は、アスコット競馬場でGTのレイルウエイステイクスが開催され、4歳の牝馬コヴェルトリーが優勝しました。コヴェルトリーは、パースで繋用されているメタルストーム産駒。西オーストラリア州のリーディングサイアーです。現在まで20回出走して6勝して8回入着。手堅い牝馬がついにGTをとりました。ビクトリア州から遠征したローマンアーチは残念ながら12着に終わりました。

2005123日(土) アスコット競馬場
レイルウエイステイクス 
1,600m GT
3歳以上 賞金総額:約6,750万円
1 COVERTLY 4歳牝馬
(父:METAL STORM 母:MOST SECRET) 51kg
騎手:L Camilleri 調教師:SR Bates
2 EARLY EXPRESS 6歳せん馬 
(父:DAUBERVAL 母:EARLY DAWN) 51.5kg
3 BLINDED 7歳せん馬
(父:MARWINA 母:FLOODLIGHTS) 51kg
5DEC05 更新】

凄い2歳馬が現れた?マジックミリオンズを狙うディエゴガルシア

ゲイ・ウオーターハウス調教師の管理するディエゴガルシアが、先週土曜日の2歳オープンハンデに優勝。マジックミリオンズを狙うと言っています。このレースがデビューでしたが、3馬身も離しての圧勝。ディエゴガルシアは昨年のマジックミリオンズでゲイ・ウオーターハウス調教師が21万ドルで落札したキャットバード産駒です。

20051126日(土) ローズヒルガーデン競馬場
シャムロックハンディキャップ 
1,100m 
2歳 賞金総額:約510万円
1 DIEGO GARCIA 2歳せん馬
(父:CATBIRD 母:PINE LODGE LADY) 55kg
騎手:LV Cassidy 調教師:G Waterhouse
2 VOLTBOLTA 2歳せん馬 
(父:VOLCANIC PRINCE 母:TALAQ'S PRIDE) 56.5kg
3 MR ALPINE 2歳牡馬
(父:DANEWIN 母:ALPINE RIVER) 53kg
28NOV05 更新】

ベットフェア、タスマニア州で開始

先日タスマニア州の州議会の上院でベットフェア社が開業することが議決されました。このベットフェアだと、負ける馬にも賭けることができるもの。しかし、馬産業界に対する貢献度が少なく、八百長がしやすい環境になると、他州は全員反対していました。この後、下院で決議され、来年早々の開業になりますが、他州が知的所有権などを掲げて制裁することも考えられます。28NOV05 更新】

キャシー・オハラ騎手は、ドバイの見習い騎手チャンピオンシップで4位

先日まで、ドバイで開催されていた、国際見習い騎手チャンピオンシップで、シドニーのキャシー・オハラ騎手が、4位になりました。このチャンピオンシップで、オハラ騎手は1勝していますが、1位は、トルコのムスタファ・ターハン騎手に。2位は、日本の長谷川浩大騎手。3位は香港のアレックス・アリ騎手でした。
23NOV05 更新】



新チャンピオン馬の登場か?ケイプノースWAギニーズ優勝

メルボルンのカーニバルが終わり、今度はパースに競馬カーニバルが移りました。こうしてオーストラリアで一年中、どこかの州で、競馬カーニバルが開催されています。
ダーレーオーストラリアのシャトルスタリオン、ケイプクロス産駒の、ケイプノースが、先週土曜日にパースで開催されたWAギニーズで優勝しました。このケイプノースは、ノーザリーを調教したフレッド・クースリー調教師の管理馬。ノーザリーの後継馬誕生かと今注目を集めています。同馬は、現在6戦して3勝1回入着となっています。

20051119日(土) アスコット競馬場
WAギニーズ 1,600m GU 
3歳以上定量戦  賞金総額:約1,700万円
1 CAPE NORTH 3歳牡馬
(父:CAPE CROSS 母:OLGA PALOSKY) 56kg
騎手:D Staeck 調教師:FR Kersley
2 LOOK THE VAULT 3歳せん馬 
(父:BLETCHLEY PARK 母:CHANVIEL) 56kg
3 GEIL 3歳牝馬
(父:MCFLIRT 母:ARABELLA) 53.5kg
21NOV05 更新】

アヴェニーダマデロが、GUリーステアステイクス優勝

先週土曜日にパースで開催されたGUリーステアステイクスで、7歳の牝馬アヴェニーダマデロが優勝しました。彼女はこれまで37戦して13勝、10回入着。総賞金は60万ドル近くまでなっており、この後、GUのウィンターボトムステイクスに臨みます。

20051119日(土) アスコット競馬場
リーステアステイクス 
1,400m GU 
3歳以上  賞金総額:約1,487万円
1 AVENIDA MADERO 7歳牝馬
(父:METAL STORM 母:JEVFIMO) 55.5kg
騎手:J Brown 調教師:JP Taylor
2 COVERTLY 4歳牝馬 
(父:METAL STORM 母:MOST SECRET) 55.5kg
3 HARTLEYS DREAM 5歳せん馬
(父:BLETCHLEY PARK 母:PROHURST) 58kg
21NOV05 更新】


キャシー・オハラ騎手、エミレーツ国際見習い騎手チャンピオンシップで勝利

現在、ドバイで開催されているエミレーツ・インターナショナル・アプレンティスジョッキー・チャンピオンシップEmirates International Apprentice Jockeys Championship (EIAJC) で、シドニーの昨シーズンのリーディング見習い騎手、キャシー・オハラ騎手が、2回に渡って開催された最初のレースに騎乗、1勝しています。
日本からはこのシリーズに、長谷川浩大騎手が参加。2着になりました。また、2回戦は、NZの見習い騎手のバディ・ラマス騎手が優勝しました。オハラ騎手は2戦目では4着。
21NOV05 更新】

NZのトレーニングセール好成績 

先週NZで開催されたトレーニングセールは、アジア各国からバイヤーが押しかけ、好成績を挙げています。このセールでは、ザビールの牡馬がレコードプライスの$NZ420,000 で落札されました。せりの結果は次の通りです。

2005年度 (2004年度 )
売却数 122 (127)
総売り上げ $7,310,500 ($7,700,500)
平均価格 $59,922 ($60,868)
牡馬平均価格 $68,338 ($70,007)
牝馬平均価格 $54,028 ($47,833)
最高価格 $420,000 ($270,000)
売却率 63.8% (66%)


トップバイヤー: Magus Equine Ltd,
香港:
5 Lots for $570,000

トップ7 価格馬
1 Zabeel Foreign Copy Waikato Bloodstock 2000 Ltd $420,000
2 Fusaichi Pegasus Tremone Bay New Zealand Bloodstock $250,000
3 Galileo Catamarca J. Loong $235,000
4 Elnadim Echostatic Tim Stakemire $160,000
5 Keeper Eva's Belle Magus Equine $160,000
6 Montjeu Kiss It Betterr Tim Stakemire $160,000
7 Minardi Miss Shergar Rohan J Hughes Thoroughbred Services $160,000

21NOV05 更新】

スタークラフトは、英国のチェヴリースタッドで繋用 

先日、2005年のワールドチャンピオンマイラーに選ばれたスタークラフトは、来年は英国、ニューマーケットのチェヴリースタッドで、
£10,000の種付け料で繋用されることが決まりました。南半球シーズンは、アローフィールド牧場で繋用されます。スタークラフトのオーナーのマキム氏は、先日引退したマカイビィディーヴァに、現在ラブコールをしているというということです。本当に、マカイビィディーヴァのお婿さんは一体誰になるのでしょうか?
21NOV05 更新】


藤井騎手、金曜日に2勝、土曜日にも1勝

今、シドニーで大活躍の藤井勘一郎騎手。
先々週1日4勝を果しましたが、先週も金曜日にワリックファーム競馬場で2勝、土曜日も1勝しました。先週シドニーの新聞でも”また”大きく取り上げられた藤井騎手。日本で騎乗したいという彼の夢が実現することを祈っています。

20051112日(土) ローズヒルカーデン競馬場
ロキシィホテル・パラマタ ハンディキャップ
2,000m 3歳以上オープンハンデ戦
賞金総額:約
510万円
1 LORD OF THE LAND 5歳牡馬
(父:TIMBER COUNTRY 母:LADY CAPEL) 55kg
騎手:K Fujii 調教師:AJ Cummings
2 LOOKOUT 5歳せん馬 
(父:SNIPPETS 母:LAWARRA) 54kg
3 EVASION 5歳せん馬
(父:OCTAGONAL 母:JOUET) 56kg
14NOV05 更新】


歴戦のツワモノ、ローマンアーチが、サンダウンクラシック優勝

7歳のローマンアーチは、これまで67戦した歴戦のツワモノ。鉄の馬、アイアンホースと呼ばれています。このローマンアーチが、スプリングレーシングカーニバルの最終日、サンダウン競馬場で開催されたGUサンダウンクラシックで優勝しました。ローマンアーチの16回目の優勝。2400m以上の距離での初めての優勝になりました。
2着は、これまた7歳のベテラン、グレインソング。3着は、フランス産のキンジャールでした。

20051112日(土) サンダウン競馬場
サンダウンクラシック GU 
2,400m 
馬齢重量戦 賞金総額:約
3,400万円
1 ROMAN ARCH 7歳せん馬
(父:ARCHWAY 母:CELESTIAL OPTION) 58kg
騎手:N Callow 調教師:RE Laing
2 GREY SONG 7歳せん馬 
(父:UNBRIDLED'S SONG 母:TONZAZIP) 58kg
3 EXPUNGE 4歳せん馬
(父:GILDED TIME 母:PRIME AGAIN) 57kg
14NOV05 更新】

エミレーツステイクス(GT)は、アウトサイダーのヴァレディクタム

元弁護士というメルボルンの若手トップ調教師、ダニー・オブライエン調教師の管理馬で、超大穴のヴァレディクタムが、メルボルンカップカーニバル最後のGTエミレーツステイクスで優勝しました。
騎乗は、今年カーニバルで大活躍したスティーブン・キング騎手。同騎手は、これで カーニバル期間中GTを3つとったことになります。この日は彼の36歳の誕生日だということもあり、嬉しい誕生日プレゼントになりました。(それが分かっていれば賭けていたのに!!) 
本命のシャナイアデインは、馬群から抜け出した時には、とき既に遅し、3着に止まりました。 
この日は、ファミリーデー。着飾ったキッズたちで一杯。キッズのためのファッションコンテストも行われていたようです。この日がメルボルンカップ最後のレース日でしたが、記録的な6万人の入場者を加えて、メルボルンカップカーニバルは4日間で38万人もの入場者を集めました。

2005115日(土) フレミントン競馬場
エミレーツステイクス 
1,600m GT 
賞金総額:約
6,375万円
1 VALEDICTUM 5歳せん馬
(父:UMATILLA 母:WUNDERSCHOEN) 52.5kg
騎手:SR King 調教師:DT O'Brien
2 INFINITE GRACE 6歳牝馬 
(父:PRINCE OF BIRDS 母:INFINITE CHARM) 51kg
3 SHANIA DANE 4歳牝馬
(父:DANEHILL 母:SUBTERFUGE) 52.5kg
7NOV05 更新】

クインエリザベスステイクスは、リー・フリードマン厩舎のアワスモーキングジョー

先週土曜日にフレミントン競馬場で開催されたクインエリザベスステイクスでは、前のレースで落馬したケリン・マカヴォイ騎手に代わって騎乗したノエル・カーロウ騎手が、リー・フリードマン厩舎のアワスモーキングジョーで優勝しました。
ケリン・マカヴォイ騎手は、2003年にザズマンで、昨年は、マクツーム殿下のファンタスティックラブに騎乗して優勝、今年3年連続優勝を狙っていた矢先の事故。完治までに6週間かかる予定だということです。尚、ノエル・カーロウ騎手はレース後、手綱を口に入れて万歳をしたために、裁決から1000ドルの罰金を言い渡されました。(喜ぶのはいいけど危険ですよね。バッカみたい!)

2005115日(土) フレミントン競馬場
クインエリザベスステイクス 
2,500m GV 
賞金総額:約
2,125万円
1 OUR SMOKING JOE 5歳せん馬
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:DALZING) 57kg
騎手:N Callow 調教師:DL Freedman
2 COALESCE 5歳せん馬 
(父:ZABEEL 母:ESSYLT) 52.5kg
3 GREY SONG 7歳せん馬
(父:UNBRIDLED'S SONG 母:TONZAZIP) 56kg
7NOV05 更新】

リー・フリードマン調教師が、コックスプレート、メルボルンカップ、ダービー&オークスの4つのレースを制覇

リー・フリードマン調教師は、まだ49歳の若さで、今年、コックスプレートステイクス、メルボルンカップ、ダービー、そしてオークスを制覇した、オーストラリアの競馬史上2人目の調教師となりました。
セレネードローズは、クールモア牧場のシャトルスタリオン、ストラヴィンスキー産駒。リー・フリードマン調教師がとても気に入って30万ドルで落札したもの。これまで6戦して5勝。GUのウエイクフルステイクスを勝ち、今回のオークス優勝となりました。オークスには、吉田勝巳氏所有のエンプレスリリーも出走。最後から素晴らしい勢いで追いかけてわずかハン馬身離れた3着となりました。
7NOV05 更新】

藤井勘一郎騎手、シドニーで1日4勝

昨年シドニーの見習い騎手ランキングで2位になった藤井勘一郎騎手は、先週土曜日のロイヤルランドイック競馬場で6鞍に騎乗、4勝して、今、大変な注目を浴びています。
藤井騎手は、今全般のランキングでも、ダレン・ビードマン騎手、レニー・ビーズリー騎手に続いて3位につけています。来年見習いを終える頃には日本に行きたいと語る藤井騎手。JRAがどう対処するのかなかなか興味深いところです。

2005115日(土) ロイヤルランドイック競馬場
グレイアフェアハンディキャップ 
1,000m 
2歳牝馬 賞金総額:約
467万円
1 UP'N'DOING 2歳牝馬
(父:JETBALL 母:BEKTRIS) 55kg
騎手:K Fujii 調教師:GA Rogerson
2 MY LADY'S CHAMBER 2歳牝馬 
(父:ARENA 母:QUEEN'S SUITE) 56kg
3 OBSESSED WITH ELLA 2歳牝馬
(父:HONOURS LIST 母:OBSESSIVE ANGEL) 55kg

2005115日(土) ロイヤルランドイック競馬場
アヴェニウムハンディキャップ 
1,600m 
3歳以上 賞金総額:約
467万円
1 BENTLEY BISCUIT 4歳せん馬
(父:PEINTRE CELEBRE 母:TYCOON JOY) 55.5kg
騎手:K Fujii 調教師:G Waterhouse
2 SHALIMAR SKY 5歳牝馬 
(父:HURRICANE SKY 母:CHANCY DANCER) 53kg
3 PRIME CENTURY 6歳せん馬
(父:CENTAINE 母:PIROUETTE) 57.5kg


2005115日(土) ロイヤルランドイック競馬場
レインラヴァーハンディキャップ 
2,400m 
3歳以上 賞金総額:約
255万円
1 SHERWOOD FOREST 5歳せん馬
(父:ZABEEL 母:SCARLET ROBIN) 53kg
騎手:K Fujii 調教師:GA Rogerson
2 THE MERRY WIDOW 5歳牝馬 
(父:FUJI KISEKI 母:THE FAT LADY SINGS) 51kg
3 EXINITE 4歳牡馬
(父:LORD BALLINA 母:CENTREPIECE) 53kg


2005115日(土) ロイヤルランドイック競馬場
ゼファイアベイハンディキャップ 
1,600m 
牝馬戦3歳以上 賞金総額:約
467万円
1 SOB STORY 4歳牝馬
(父:ZABEEL 母:TEARRUNNER) 55kg
騎手:K Fujii 調教師:G Waterhouse
2 BELLA ARENA 4歳牝馬 
(父:ARENA 母:BELLE INDIAN) 54kg
3 VOLTDANZE 3歳牝馬
(父:DANZERO 母:VOLTE) 53kg
7NOV05 更新】


サンラインの全弟、デビュー戦は7着

吉田勝巳さんが所有するサンラインの全弟フレアリングサンは、先週メルボルン郊外のジョロン競馬場でデビューしましたが、10頭立ての7着に終わりました。この牡馬は3歳。現在、ジョン・ホークス調教師が管理をしています。次戦に期待。7NOV05 更新】

アイポッパー残念12着

11月1日、フレミントン競馬場で開催されたメルボルンカップで、アイポッパーは残念ながら12着になりました。当日は、3番本命オッズは8倍まで下がりました。

ゲートをうまく出て前方集団で走っていたアイポッパー。しかし、直線に出ていつものごとく後ろから追いかけてきたマカイビィディーヴァに抜かれてしまいました。せめて入着かと思っていたのですが。残念! 
マカイビィディーヴァはこれでメルボルン3年連続優勝、そしてこの優勝後、オーナーたちは、ドバイ遠征を止めて、マカイビィディーヴァの引退を決めました。彼女の収得賞金は1400万ドル以上となり、サンラインを抜いて、オーストラリア最大のものとなりました。また、メルボルンカップ3連勝はオーストラリアの競馬の歴史を塗り替えています。“芝が思ったより深かった。もっと伸びるかと思ったが残念”とは藤田騎手の感想。サンデーレーシングの吉田勝巳氏は、“初めてやってきた遠征で勝てるような簡単なレースではない。また挑戦します”と語っていました。2着は、まったくノーマークの女ジューン(父ジューンがメルボルンカップを優勝しています)3着は、NZからやってきたエクセレント。

日本馬は、オーストラリアの2400m以上で絶対勝負になると思います。これからもどんどん、オーストラリアに遠征して欲しいと思っています。馬券はアイポッパーがらみで勝っていたので、今年もまたとれませんでした。4NOV05 更新】

ビクトリアダービーは、ベニチオが優勝

リー・フリードマン調教師の最近の活躍、とりわけ重賞レースでの活躍は止まるところを知りません。先週土曜日のビクトリアダービーでも管理馬、ベニチオが、ダービーを優勝しました。今年のダービーは好天に恵まれ、入場人員11万人という記録破りの大勢の観衆が入場しています。

ベニチオは、ヴァイナリー牧場が持つ良血の牝馬マニングトンを母に、ヴァイナリー牧場にシャトルされるモアザンレディを父に持つ良血馬。しかも、牡馬ですから、将来は同牧場で種馬になるだろうと予想されます。本命ペンドラゴンは、大外枠をひいて、4着に終わりました。2着は昨年もダービー2着に泣いたグラーム・ロジャーソン調教師のデュエルド。

20051028日(土) フレミントン競馬場
ビクトリアダービー 
2,500m GT 
3歳以上、定量戦 賞金総額:約1億2,900万円
1 BENICIO 3歳牡馬
(父:MORE THAN READY 母:MANNINGTON) 55.5kg
騎手:N Callow 調教師:DL Freedman
2 DUELLED 3歳牡馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:LEICA PRETENDER) 55.5kg
3 HEADTURNER 3歳せん馬
(父:ANABAA 母:MONROE MAGIC) 55.5kg
31OCT05 更新】


ついにGT優勝、ラッドオブザマナー

北半球時間で種付けをされたザビール産駒ラッドオブザマナーは、なかなかの実力馬。しかし、GTレースで数回入着していながら、なかなか勝てませんでした。
それが先週土曜日のマキノンステイクスでやっと勝つことができました。今回は、これまでラッドオブザマナーに騎乗してきたプロビンシャルジョッキーであるジョーンズ騎手から、メトロポリタンレースに慣れているグレッグ・チャイルズ騎手に乗り代わっており、その作戦が功を奏したといわれています。

20051028日(土) フレミントン競馬場
マキノンステイクス 
2,000m GT 
スタンダート馬齢重量戦 賞金総額:約
4,330万円
1 LAD OF THE MANOR 6歳せん馬
(父:ZABEEL 母:MATRONA) 58kg
騎手:GJ Childs 調教師:Roger Hoysted
2 OUR SMOKING JOE 5歳せん馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:DALZING) 58kg
3 LACHLAN RIVER 4歳せん馬
(父:DESERT KING 母:VIVEASHA) 57kg
31OCT05 更新】

マカイビィディーヴァ、コックスプレートステイクス優勝

ディーヴァが負けるわけはないと、本命中の本命になったマカイビィディーヴァが、先週土曜日、ムーニーバレー競馬場で開催されたコックスプレートステイクスで優勝しました。いつものように最後尾につけたディーヴァは、直線で外に出て、2着のロティリアを1馬身3/4も離して勝っています。

あのサンラインもコックスプレートステイクスは勝ちましたが、メルボルンカップの2マイルは走ることが出来ませんでした。2マイルのメルボルンカップを2度、そしてコックスプレートステイクスを優勝したマカイビィディーヴァのことは、これからも末永くオーストラリアの競馬界で語り継がれるに違いありません。今回の優勝でマカイビィディーヴァは、35戦して14勝、7回入着。総収得金は、サンラインを抜いて1140万ドルとなりました。 

日本から遠征したトーセンダンディは11着、香港からの遠征馬スーパーキッドも7着と残念ながら勝負になりませんでした。尚、NZのスーパースター、エクセレントも期待はずれ。重馬場が苦手ということで、やはり惨敗。 ただし、8歳の老兵フィールズオブオマーの3着はなかなかなもの。

20051022日(土) ムーニーバレー競馬場
コックスプレートステークス 
2,040m GT 
3歳以上、スタンダート馬齢重量戦 賞金総額:約2億6000万円
1 MAKYBE DIVA 7歳牝馬
(父:DESERT KING 母:TUGELA) 55.5kg
騎手:G Boss 調教師:DL Freedman
2 LOTTERIA 4歳牝馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:ROSE REWARD) 54kg
3 FIELDS OF OMAGH 8歳せん馬
(父:RUBITON 母:FINNETO) 58kg
24OCT05 更新】

AAMI ヴァーズ(GT)は、マカヴォイ騎手騎乗のデュエルドが優勝

ケリン・マカヴォイ騎手は、デトーリ騎手に次いで、ゴドルフィンチームのナンバー2騎手ですが、今回同チームがメルボルンに連れてきた馬たちが故障などで出走しなくなったために、そのままメルボルンに残ってオーストラリアの馬に騎乗しています。コックスプレートステイクスの日は、GTヴァーズでデュエルドに騎乗して優勝しました。デュエルドは、これまで何度か重賞レースで入着していますが、未勝利馬。最初の勝利がGTとさすが。デュエルドはこの後、VRCダービーに出走します。 デュエルドは、今ブームスタリオンのリドゥーツチョイス産駒。ダービー馬が出るようだと、現在20万ドルの種付け料がもっと高くなるかも??

20051022日(土) ムーニーバレー競馬場
AAMI ヴァーズ 
2,040m GU 
3歳以上定量戦 賞金総額:約1億5000万円
1 DUELLED 7歳牡馬
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:LEICA PRETENDER) 55.5kg
騎手:K McEvoy 調教師:GA Rogerson
2 MANTON 3歳牡馬 
(父:DANEHILL 母:KENSHINGTON GARDENS) 55.5kg
3 BENICIO 3歳牡馬
(父:MORE THAN READY 母:MANNINGTON) 55.5kg
24OCT05 更新】

クインズランドの牝馬、ヴァラージドフォーチュン、シュエッパーヴェセンス・ステクス優勝

スプリントレースの三冠馬ダンスヒーローなど、錚々たるスプリンターを相手に、クインズランドからやってきた牝馬、ヴァラージドフォーチュンが、ムーニーバレー競馬場で開催されたシュエッパーヴェセンス・ステイクスで、2着馬のミスムーニームーニーを2馬身と3/4を離して優勝しました。ヴァラージドフォーチュンは、今年、クインズランドのサイアースプロジュース・ステイクスを勝っていますが、このあとは放牧に出て、秋のスプリントレースを狙う予定。

20051022日(土) ムーニーバレー競馬場
シュエッパーヴェセンス・ステイクス 
1,000m GU 
馬齢重量戦 賞金総額:約1,700万円
1 VIRAGE DE FORTUNE 3歳牝馬
(父:ANABAA 母:VIRAGE) 49.5kg
騎手:Craig Williams 調教師:BJ McLachlan
2 MISS MOONEY MOONEY 4歳牝馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:SALLY MAGIC) 55kg
3 IMPRISONED 4歳せん馬
(父:COMMANDS 母:SAD) 57.5kg
24OCT05 更新】

オーストラリアで最年長のフラハン調教師が、92歳で引退

オーストラリアで最年長のジム・フラハン調教師は、先日、調教師を引退することを決めました。フラハン調教師は、建築業を携わったあと、57歳で調教師になった変り種。77年にグランドナショナルスティープルチェイスに優勝してから、オーストラリアのトップ障害レースの調教師として知られています。24OCT05 更新】

オーストラリアにも、いよいよ中央競馬会?が

オーストラリアの競馬は伝統的に州ごとに競馬の管理母体があり、日本のように全国的な統括機関がありません。しかし、日本のような統一機関の必要性が叫ばれおり、その第一歩として、現在、ビクトリア州の統括機関であるレーシングビクトリアとレーシングタスマニアの間で話し合いがもたれています。また、南オーストラリアともまた同じような話し合いをしているということで、今後の行方が注目されています。24OCT05 更新】

スタークラフト、2006年からアローフィールド牧場で繋用 

英国とフランスでGTを優勝したスタークラフトは、今ブリーダーズカップを挑戦すべくアメリカに遠征に行っていますが、先ごろ、アローフィールド牧場が、スタークラフトの株を一部購入、来年から同牧場で繋用されることが決まりました。24OCT05 更新】

スタークラフトに、パット・ヴァレンスエラ騎手

10月29日に、NYのベルモントパーク競馬場で開催されるブリーダーズカップに出走するスタークラフト号に、アメリカのパットヴァレンスエラ騎手が騎乗することになったとオーナーが発表しました。
18OCT05 更新】

GUドードースプリントは、ジェットスパーが優勝

コーフィールドカップは、シドニーの馬、レイリングス。そして、GUのドードースプリントも、またシドニーの馬ジェットスパーが優勝しました。同馬は、シドニー若手ナンバーワン調教師、ジョン・オシェイ調教師の管理馬。名前の通り、アローフィールド牧場で繋用されているフライングスパー産駒です。

20051015日(土) コーフィールド競馬場
ドードースプリント
 1,100m GU 
オープンハンデ戦 賞金総額:約
2,155万円
1 JET SPUR 3歳牡馬
(父:FLYING SPUR  母:VEROCATIVE) 52kg
騎手:S Baster 調教師:J A O'Shea
2 DANCE THE WAVES 5歳せん馬 
(父:HENNESSY 母:TIMELESS WINDS) 53kg
3 MUSTARD 8歳せん馬
(父:VETTORI 母:ALTEZZA) 53kg
18OCT05 更新】

ペンドラゴンが、ロビンソンステイクス優勝

先日、ゴッズオウンで話題を撒いたバート・カミングス調教師厩舎馬ペンドラゴンが、GVのノーマン・ロビンソンステイクスで優勝しました。オーナーもゴッズオウンと同じくダトー・チンナム氏。
これまで7戦して5勝、2回入着。連帯率100%。もうすぐ80歳になるカミングス調教師ですが、若いものには負けられないと今年の春は大活躍。これまでメルボルンカップも9回優勝している同調教師ですが、今年はともかく、10回目の優勝を狙うかも知れません。

20051015日(土) コーフィールド競馬場
ノーマン・ロビンソンステイクス 
2,000m GV 
3歳馬オープンハンデ戦 賞金総額:約
1,293万円
1 PENDRAGON 4歳牡馬
(父:ELNADIM  母:ALACRITY) 56.5kg
騎手:G J Childs 調教師:J B Cummings
2 HEADTURNER 3歳せん馬 
(父:ANABAA 母:MONROE MAGIC) 54kg
3 REPLICATOR 3歳牡馬
(父:DANEHILL 母:SITELLA) 56.5kg
18OCT05 更新】


ゴドルフィン、メルボルンカップ・カーニバルを退去

3頭の馬を今年、メルボルンに送り込んだゴドルフィンチーム。今年で8回目のメルボルンカップ挑戦です。
しかし、ベストチャンスのフライトユアコーナーが怪我、ラズカラはまったく調子が出ず、最後の期待のファンタスティックラブは、固い馬場に合わないので、リスクが大きすぎると、3頭ともに、メルボルンカップを待たずに帰ることになりました。そのために、チームの専属騎手であるケリン・マカヴォイ騎手は、メルボルンカップで、先日コーフィールド競馬場で好走したライカファルコンに騎乗することになり、ライカファルコンはあっという間に本命になりました。
コーフィールドカップでは、ライカファルコンに騎乗したクレイグ・ウイリアムス騎手の騎乗が手ひどい評価を受けていただけに、既にメルボルンカップを勝ったことのあるケリン・マカヴォイ騎手に寄せる期待が大きいようです。
18OCT05 更新】



コーフィールドカップ優勝は、ザビール産駒のレイリングス

アイポッパーを破ったレイリングスは、シドニーのジョン・ホークス調教師の管理馬で4歳のザビールのせん馬です。
NZ産のレイリングスは、これまで13戦して7勝、入着が3回という素晴らしい成績。10月1日にシドニーでGTザメトロポリタンを勝ったばかり。昨シーズン、AJCダービーに出走していますが、写真判定で残念ながら3着となっています。それにしても、レイリングスの最後のラストスパートは、あっぱれでした。
18OCT05 更新】

アイポッパー、首差の2着。コーフィールドカップ。

先週土曜日に開催されたコーフィールドカップで、日本から参戦したアイポッパーが、首差で2着になりました。
最初、中団につけた藤田騎手。出遅れないようにと途中外に出して、馬ナリに前進。前を走っていたママファイを捕まえ先頭に立って、もしかと思ったところに、残念ながら後ろから追いかけてきたレイリングスがゴール前で首を出し優勝してしまいました。
あとは、雨だけが心配ですが、今回の好走で、メルボルンカップでは、一躍優勝候補に挙がっています。

なお、これまで2年連続でコーフィールドカップを優勝したママファイは、今回3着になりましたが、レース後骨折が分かり、翌日、リー・フリードマン調教師の牧場で関係者全員に看取られながら安楽死になりました。マカイビィディーヴァのように派手ではなかったけれど、長い間活躍したチャンピオン馬ママファイを悼んで、翌日、オーストラリアでは、一般の新聞各紙がフロントページでとりあげたり、テレビなどでも特集が組まれていました。馬を愛するオーストラリアならではのことです。

20051015日(土) コーフィールド競馬場
カールトンドラフト・コーフィールドカップ 
2,400m GT 
オープンハンデ戦 賞金総額:約1億2900万円
1 RAILINGS 4歳せん馬
(父:ZABEEL 母:LA SUFFRAGETTE) 52kg
騎手:G J Childs 調教師:J R Hawkes
2 EYE POPPER 6歳牡馬 
(父:SOCCER BOY 母:SUNDAY I) 54kg
3 MUMMIFY 6歳せん馬
(父:JEUNE 母:CLEOPATRA'S GIRL) 57kg
18OCT05 更新】

アリンギ、シャドウエルマイルで優勝ならず 

現在アメリカ遠征中のアリンギですが、10月8日アメリカのケンタッキーで開催されたGTシャドウエルマイルに出走しましたが、今回は、残念ながら 8着に終わりました。プラド調教師は、他のレースで必ず勝つと宣言しています。10OCT05 更新】

セイントリーの再来か?ゴッズオウンが、コーフィールドギニーズ優勝

先週土曜日に、メルボルンのコーフィールド競馬場で開催されたGTカールトンドラフト・コーフィールドギニーズで、まるで神の助けとしか思えないスリル満点の勝ち方で、ゴッズオウンが優勝しました。
ゴッズオウンは、かつてセイントリーで名を挙げた、バート・カミングス調教師とオーナー、ダトー・タンチンナム氏のコンビ。カミングス師は、オーストラリアの競馬の歴史に残る名調教師ですが、このレースは、彼の4年ぶりのGT優勝。 とても嬉しそうでした。
ゴッズオウンは、レース開始後すぐにぶつかられて、何とか前に出ようとしてまたぶつかられて、本当に、最後まで邪魔され続けたゴッズオウンは、その名の通り、神の助けと名ジョッキー、グレン・ボス騎手の助けで、ほとんど勝ち目のないレースを見事に勝ちました。 さて、このレースの優勝で、ゴッズオウンはコックスプレートステイクスに出走するかも知れません。彼に騎乗したグレン・ボス騎手は、マカイビィディーヴァに騎乗しますから、レース後のインタビューで、どちらが強いですかと聞かれて答えに困っていました。本当にどちらが強いのでしょう。 ただし、このカミングス調教師が強い馬をメルボルンに持ってきた時には、本当に強いのです。

2005108日(土) コーフィールド競馬場
カールトンドラフト・コーフィールドギニーズ 
1,600m GT 
3歳以上、定量戦 賞金総額:約
8,500万円
1 GOD'S WOWN 3歳牡馬
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:ANGEL IN DISGUISE) 55.5kg  騎手:G Boss 調教師:J B Cummings
2 PARATROOPERS 3歳せん馬 
(父:COMMANDS 母:CREW) 55.5kg
3 PRIMS 3歳牡馬
(父:FLUING SPUR 母:COPA DE ORO) 55.5kg
10OCT05 更新】

エルセグンドはエルプリメロ。ヤランバステイクス優勝

エルセグンドとはスペイン語で、2番目のこと。そしてその2番目と名づけられた馬が、先週土曜日のコーフィールド競馬場でGTヤランバステイクスを優勝、つまりエルプリメロ(一番)になっています。 ヤランバステイクスは、コーフィールドカップやメルボルンカップの前哨戦の一つ。 このレースで快勝したNZ産、ピン産駒のエルセグンドは、早速コーフィールドカップでのオッズが下がりました。
南アフリカから遠征してきているグレイズインも、なかなかいい走りをして、メルボルンカップに可能性を残しました。また、老兵フィールズオブオマーもゴール前勢い良くエルセグンドを追いかけて2着に入りました。 このフィールズオブオマーは、今年、トニー・マカヴォイ調教師からデビッド・ヘイズ調教師に代わっていますから(厩舎は同じ。マカヴォイ調教師は今はヘイズ調教師のフォアマンになっています)、調教方法も変り、これからも何か変化があるかも知れません。古兵とてあなどれません。

2005108日(土) コーフィールド競馬場
ヤランバステイクス 
2,000m GT 
3歳以上、スタンダート馬齢重量戦 賞金総額:約
3,400万円
1 EL SEGUNDO 4歳せん馬
(父:PINS 母:PALOS VERDES) 57kg  
騎手
:D Gauci 調教師:C W Little
2 FIELDS OF OMAGH 8歳せん馬 
(父:RUBITON 母:FINNETO) 58kg
3 CONFECTIONER 5歳せん馬
(父:BUBBLE GUM FELLOW 母:PRINCESS BLUE) 58kg
10OCT05 更新】


ベアリーアモーメント、トゥーラックハンデ優勝

ヨーロッパと香港で活躍したオーストラリアのクレイグ・ウイリアムス騎手が騎乗したベアリーアモーメントがGTトゥーラックハンデを勝ちました。ベアリーアモーメントは、これで2戦連続のGT優勝。 
同日のヤランバステイクスで、コンフェクショナーに乗り、最低な騎乗だったとヘイズ調教師から酷評されたクレイグ・ウイリアムス騎手でしたが、前走のミスを忘れて前向きになったのがよかったと、このレースでの勝因を語るウイリアムズ騎手。まあ騎手はミスを忘れられても、オーナーは忘れられないよね。馬券を買った人たちも!

2005108日(土) コーフィールド競馬場
トゥーラックハンデ 
1,600m GT 
クオリティハンデ戦 賞金総額:約
2,975万円
1 BARELY A MOMENT 4歳牡馬
(父:GILDED TIME 母:LADY DANNA)54.5kg  
騎手
:Craig Williams 調教師:D A Hayes
2 SUPER KID 6歳牡馬 
(父:GAIUS 母:POMPEII PRIDE) 58kg
3 CALVEEN 5歳牝馬
(父:CANNY LAD 母:CALVINIA) 52kg
10OCT05 更新】

香港が、グローバル・スプリント・チャレンジ・シリーズに参加

今年2005年に、日本と、オーストラリア、英国で開催されてきたグローバル・スプリント・チャレンジ・シリーズが、来年からは、香港のGTキャセイパシフィック香港スプリントが加わることになりました。このシリーズの総賞金額はUS600万ドルになります。
今年のシリーズは、先週のスプリンターステイクスでは力を出し切れませんでしたが、オーストラリアと英国で優勝したケイプオブグッドホープが、今年のシリーズの優勝馬になっています。
2006年のシリーズは、来年2月に、オーストラリアのフレミントン競馬場とムーニーバレー競馬場で開幕される予定。
4OCT05 更新】

スタークラフトとドバウイが、ニューマーケットで再度の対戦

10月15日に、英国のニューマケット競馬場で開催されるGTエミレーツエアライン・チャンピオンステイクスで、オーストラリアのスタークラフトとドバウイが再び対戦することになりました。
9月24日に行われたクインエリザベスステイクスではスタークラフトが勝ちましたが、ゴドルフィン側は、あれはアンラッキーだったとあくまでも強気、今回のレースで再度真価を試したいと言っているといいます。なお、スタークラフトは、ブリーダーズカップに出走を予定。オーナーは出走費のUS80万ドルを支払ったといいます。
4OCT05 更新】

マカイビィディーヴァ圧倒的な強さ。コックスプレートステイクス本命

先週土曜日、フレミントン競馬場で開催されたGU、タンブルステイクスで、マカイビィディーヴァが圧倒的な強さで優勝しました。
先週土曜日は重賞レースがいくつもあるスーパーサタデー・ミーティングがロイヤルランドイック競馬場で開催されたために、マカイビィディーヴァといつもコンビを組んでいるグレン・ボス騎手はシドニーで騎乗。ディーヴァにはメルボルンをベースにするスティーブン・キング騎手が騎乗しました。
バリア19の大外枠をひいたマカイビィディーヴァは、いつものように、ゴール前800mまで、ほぼ最後尾につけて走っていましたが、ゴール前450mで一気に外に出て追い始め、直線に入ってからは一気に駆け上がり、最前方のラッドオブザマナーを4分の3馬身離して勝ちました。無理やり力を出さず勝ったこの走りをソフトウインと言います。
あくまでもコックスプレートステイクスを今シーズンの最大の目標としているディーヴァは、このソフトウインでますますコックスプレートステイクス優勝が近くなったといえます。
2着はラッドオブザマナー(父ザビール)、3着はマカイビィディーヴァと同じく最後尾から追いあげたバブルガムフェロー産駒のコンフェクショナーでした。
マカイビィディーヴァが、3回目のメルボルンカップ優勝を狙うかどうかは、コックスプレートステイクス次第だということです。

2005101日(土) フレミントン競馬場
タンブルステイクス 
2,000m  GU 
4歳以上、別定戦 賞金総額:約
4,250万円
1 MAKYBE DIVA 7歳牝
(父:DESERT KING 母:TUGELA) 56.5kg 
騎手
: Steven King  調教師:D L Freedman
2 LAD OF THE MANOR 6歳せん馬
(父:ZABEEL 母:MANTRONA) 57.5kg 
騎手
: Brian Johns 
3 CONFECTIONER 5歳せん馬
(父:BUBBLE GUM FELLOW 母:PRINCESS BLUE) 57.5kg 騎手: Craig Williams
4OCT05 更新】

デザートウオー、2年連続してエプソムハンデに優勝

先週のロイヤルランドイック競馬場は、オーストラリアンジョッキークラブがスーパーサタデート呼ぶ重賞レースを集めた大レースデー。
メインのGTエプソムハンディキャップでは、4万人を超える大観衆を前に、デザートウオーが優勝しました。デザートウオーは、マカイビィディーヴァと同じデザートキング産駒で、ゲイ・ウオーターハウス調教師の管理馬です。 デザートウオーは、昨年の同じレース以来、あまり活躍しておらず、今年の9月17日のGUヒルステイクスにやっと優勝したばかり。競馬ファンは、同厩馬でブームコルトと呼ばれるミスターセレブリティを本命に押し、この日、デザートウオーの倍率は14倍と高倍率になりました。
2着は、昨シーズンのリーディング見習い騎手になったキャシー・オハラ騎手が騎乗した、これまた穴馬のヨハンズトイでした。タイムは、1600mの距離を1分34.51 秒、最後の600mは35.94秒。

2005101日(土) ロイヤルランドイック競馬場
エプソムハンディキャップ 
1,600m GT 3歳以上
オープンハンデ戦 賞金総額:
5,100万円
1 DESERT WAR 5歳せん馬
(父:DESERT KING 母:HIGH HEELS) 56.5kg 
騎手
: L V Cassidy 調教師:Ms G Waterhouse
2 JOHAN'S TOY  4歳牝馬
(父:JOHAN CRUYFF 母:EXTRA BUBBLY) 51kg
騎手: Kathy O'Hara 調教師:Guy Walter
3 LOTTERIA  4歳牝馬
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:ROSE REWARD) 54.5kg 
騎手
: Lenny Beasley 調教師:Ms G Waterhouse

4OCT05 更新】

ビードマン騎手 とホークス調教師のコンビがGTのザメトロポリタンをレイリングで優勝

ザビール産駒のレイリングが、先週土曜日に、ロイヤルランドイック競馬場で開催されたザメトロポリタン(GT)で優勝しました。
鞍上は、ダレン・ビードマン騎手で管理はジョン・ホークス調教師。ハナを切っていたストームヒルから20馬身も離れ、じっくりチャンスを待っていたダレン・ビードマン騎手の最後の追い込みは素晴らしく、2着のランリタランを2馬身も離しての圧倒的な優勝でした。これはザビール産駒の33回目のGT優勝になります。3着のマンアットワークもまたザビール産駒。この後、レイリングはメルボルンカップに出走予定
です。

2005101日(土) ロイヤルランドイック競馬場
ザ・メトロポリタン 
2,400m GT 
3歳以上、オープンハンデ戦 賞金総額:
5,100万円
1 RAILINGS 4歳せん馬
(父:ZABEEL 母:LA SUFFRAGETTE) 53.5kg  
騎手
: Darren Beadman 調教師:John Hawkes
2 RUN RITA RUN  5歳せん馬 
(父:RUNYON 母:OUR RITA) 52kg 
騎手
:Jay Ford 調教師:Paul Cave
3 MEN AT WORK  5歳せん馬
(父:ZABEEL 母:SOUND LOVER) 52kg
騎手:Glen Boss 調教師:John O'Shea
4OCT05 更新】


NZのエクセレント、ケルトキャピタルステイクスを勝ってオーストラリアに遠征

NZの最優秀馬エクセレントは、先週土曜日ヘイスティング競馬場で、NZ100万ドルの賞金を誇るケルトキャピタルステイクスで優勝しました。これでエクセレントは6戦して6勝、しかも GTを4勝しているNZのワンダーホースです。
この後、エクセレントは、NZ全国民が見守る中(大げさ?)オーストラリアに向かい、メルボルンのコックスプレートステイクス、メルボルンカップに挑戦します。エクセレントはペンタイア産駒で4歳のせん馬。メルボルンとNZに厩舎を持つマイケル・マローニ調教師が管理しています。

2005101日(土) ヘイスティング競馬場
ケルトキャピタルステイクス 
2,040m GT 
スタンダート馬齢重量戦  
1 XCELLENT 4歳せん馬
(父:PENTIRE 母:EXCELO) 53.5kg  
騎手
:M Oleman 調教師:M Moroney & A Scott
2 DISTINCTLY SECRET 7歳せん馬 
(父:DISTINCTLY NORTH 母:TE AKAU SECRET)
3 WAITOKI DREAM 5歳せん馬
(父:PENTIRE 母:CALM LOVER)
4OCT05 更新】

ジョージメインステイクスは、ミスターセレブリティ。この春の期待馬

エプソムハンデで1着から4着まで独占したいと語ったゲイ・ウオーターハウス調教師ですが、彼女の厩舎の期待馬は、ミスターセレブリティ。ミスターセレブリティは、先週ロイヤルランドイック競馬場でのGTジョージメインステイクスに優勝して、今週土曜日のGTエプソムハンデに出走することになりました。
このレースには、ゲイの厩舎からダンスヒーローも出走していましたが、残念ながら惨敗。ところで、ミスターセレブリティのエプソムでのハンデはわずか51.5kgですから、ますます優勝の可能性が高くなりました。この後、ミスターセレブリティはメルボルンのスプリントレースを狙うようです。

2005924日(土) ロイヤルランドイック競馬場
ジョージメインステイクス 
1,600m GT
3歳以上スタンダート馬齢重量戦 総額賞金額
: 2,975万円
1 MR CELEBRITY 5才せん馬
(父
PEINTRE CELEBRE、母 LAMORE) 58kg  
騎手
: L Beasley 調教師:Ms G Waterhouse
2 SHANIA DANE 4才牝馬
(父
DANEHILL、母 SUBTERFUGE) 55kg
3 OUTBACK PRINCE 4才牡馬
(父
DESERT PRINCE、母 TERRESTIAL) 57.5kg

26SEP05 更新】


パラトゥルーパーズ 、GUスタンフォックス・ステイクス優勝

このところ重賞レースを含めて3連勝しているパラトゥルーパーズ。
1.3倍という超本命をつけて、先週土曜日ロイヤルランドイック競馬場で開催されたGUのスタンフォックスステイクスに挑戦しましたが、結果はゴールまで逃げ続けて1馬身半での楽勝でした。これで、パラトゥルーパーズは4連勝となりました。
パラトゥルーパーズは、オーストラリアの国内産種牡馬コマンズの産駒。同グループの専属調教師、ジョン・ホークス調教師が管理をしています。苦手は、重馬場なので、このあとメルボルンのカーニバルに行くのかどうかを現在ホークス調教師が検討中。今回の優勝で、パラトゥルーパーズは、10戦して5勝、2回入着。賞金は100万ドルを越えました。

2005924日(土) ロイヤルランドイック競馬場
スタンフォックスステイクス 
1,400m GU
3歳以上定量戦 総額賞金額
: 1,700万円
1 PARATROOPERS 3才せん馬
(父
COMMANDS、母 CREW) 56.5kg  
騎手
: D Beadman 調教師:J R Hawkes
2 PRIMUS 3才牡馬
(父
FLYING SPUR、母 COPA DE ORO) 56.5kg
3 TESTAFIABLE 3才牡馬
(父
TESTA ROSSA、母 JAMELDEN ECHO) 56.5kg

26SEP05 更新】

NZブラッドストック、中国で初めてのレーススポンサー

先日、オーストラリアのマジックミリオンズ社が、北京ジョッキークラブ主催のレースに外国企業として初めてスポンサーをしましたが、今度は、NZブラッドストックも、北京のGUレッドクロスカップにスポンサーをすることになりました。北京ジョッキークラブは、このほど正式に、中国政府から、1年間競馬場内での賭事行為を許可されたもので、利益は中国の赤十字社に寄付されることになっています。
26SEP05 更新】

ジョン・ハモンド調教師、メルボルンカップに遠征決定

フランスのトップ調教師、ジョン・ハモンド師が、今年のメルボルンカップに、スイートドリームを遠征させることを決定しました。 5歳牝馬のスイートドリームは、9月7日の英国のパークヒルステイクス(GU)で優勝したばかり。凱旋門に走り、その後メルボルンカップに来る予定。26SEP05 更新】

スタークラフト、ニューマーケットでQEUに優勝、次はブリーダーズカップ?

17ハンズもある巨馬、スタークラフトは、現在ヨーロッパに遠征中で、ルカ・クマーニ調教師が管理しています。先日も、フランスで、クリストファー・スミヨン騎手を鞍上にGTを勝ったばかり。
そのスタークラフトが、先週土曜日に、ニューマーケットで開催されたクインエリザベスステイクス(GT)で、ゴドルフィンチーム所属で超本命馬ドバウイーを破って優勝しました。 クマーニ調教師は、レース後、『スタークラフトを世界を代表するようなチャンピオンマイラーにしたいと思っているのですが、その夢に4分の3ほど近づいているような気がします。』と語っています。
ブリーダーズカップへの登録料はUS30万ドル。しかし、師は、30万ドルを払っても、ブリーダーズで走る価値があると、オーナーにも伝えたとか。スタークラフトを持つオーストラリアの馬主たちは、今真剣に考慮中だといいます。QEUではデトーリ騎手のミス騎乗が指摘されていますが、結果は次の通りです。

2005924日(土) ニューマーケット競馬場
クインエリザベスステイクス 
1,600m GT
3
歳以上定量戦 総額賞金額: 1,700万円
1 STARCRAFT 
騎手
: Christophe Lemaire  調教師:Luca Cumani
2 DUBAWI 
騎手
: Frankie Dettori 調教師:Saeed bin Suroor
3 BLATANT 
騎手
: Kerrin McEvoy  調教師:Saeed bin Suroor
26SEP05 更新】

メルボルンカップに一足近づくか?プーリン、アンダーウッドステイクス優勝

メルボルンのロイド・ウイリアムス・オーナーと、ダニー・ニコリック騎手と、調教師のグラーム・ロジャーソン調教師のトリオが、先週土曜日のコーフィールド競馬場でのGTアンダーウッドステイクスを勝ちました。
このアンダーウッドステイクスは、メルボルンカップの前哨戦の1つに数えられるもので、今回の優勝で、プーリンのオッズがぐんと下がりそうな気配です。先ほど述べた、このオーナー、騎手、調教師のトリオは、実は、先週、彼らのアヴィエーション号が、全能力を発揮せずに走ったという件で、裁決から絞られたばかりなのです。Lウイリアムズ氏は、馬券を大変高額賭ける事で知られており、裁決委員たちはかなり神経を使っています。今回は、もちろん、全能力を発揮して?優勝しました。アンダーウッドステイクスの優勝馬は、過去3年間コーフィールドカップを勝っており、コーフィールドカップとメルボルンカップのダブルをとる馬も数多く出ています。

2005917日(土) コーフィールド競馬場
アンダーウッドステイクス 
1,800m GT
3歳以上スタンダート馬齢重量戦 総額賞金額
: 2,975万円
1 PERLIN 6才せん馬
(父
CARNEGIE、母 MIDNIGHT MADAM) 58kg  
騎手
: D Nikolic 調教師: GA Rogerson
2 OUR SMOKING JOE 5才せん馬
(父
ENCOSTA DE LAGO、母 DALZING) 58kg
3 SHE'S JUSTA TAD 4才牝馬
(父
ISTIDAAD、母 INFINITY) 54.5Kg

19SEP05 更新】

友駿インターナショナルのミッドナイトシティがGTエプソムハンデに!?

これまでGT入着の実績を持つミッドナイトシティが、先週土曜日にローズヒルガーデン競馬場で優勝し、管理をするティム・マーチン調教師は、2週間後のGTエプソムハンデに出走させるかどうか、今検討中だということです。
ミッドナイトシティが勝ったのは、ウールワース・フレッシュフルーツハンデで、同馬は、昨年、ブリスベンのQTCサイヤースプロデュースで2着になった後、エプソムを狙う予定でしたが、故障のため出走できませんでした。もしかして、今年はその恨みを晴らすことができるかも知れません。今回騎乗は、シドニーで大活躍する藤井勘一郎騎手。こちらでは、ジョーというニックネームで呼ばれています。藤井騎手については、このサイトの日本人ジョッキーのところに詳しい情報があります。

2005917日(土) ローズヒルガーデン競馬場
エプソムハンデ 
1,500m 
3歳以上 総額賞金額
: 510万円
1 MIDNIGHT CITY 4才せん馬
(父
LION HUNTER、母 RED REBEL GIRL) 56.5kg  
騎手
: K Fujii 調教師: TR Martin
2 TERRAIN 5才せん馬
(父
KILIMANJARO、母 TWEED VIEW) 53kg
3 KING STELLAMARK 4才せん馬
(父
KING OF KINGS、母 SPACE RITUAL) 53Kg

19SEP05 更新】

ドバイレーシングカップで、ベアリーアモーメントが優勝

香港から帰ったばかりのデヴィッド・ヘイズ調教師の活躍は止まりそうにありません。先週もまた、コーフィールド競馬場、GTドバイレーシングカップで、ベアリーアモーメント号を優勝させました。
このレースでは、香港から遠征中のスーパーキッズも入着して話題をまいています。NZ産のスーパーキッズは、香港チャンピオンマイルでは5着になったスプリンター・マイラーです。このあと、トゥーラックハンデとコックスプレートステイクスを狙う予定。また、デヴィッド・ヘイズ調教師は、勝ったベアリーアモーメントを12月の香港国際カップに出走させることも視野に入れているようです。
香港からオーストラリアへ、オーストラリアから香港へ。そんな時代になったのですね

2005917日(土) コーフィールド競馬場
ドバイレーシングカップ 
1,400m GT
オープンハンデ戦 総額賞金額
: 2,975万円
1 BARELY A MOMENT 4才牡馬
(父
GILDED TIME、母 LADY DANNA) 52kg  
騎手
: Craig Williams 調教師: DA Hayes
2 SUPER KID 6才牡馬
(父
GAIUS、母 POMPEII PRIDE) 57.5kg
3 SKY CUDDLE 5才牝馬
(父
SNIPPETS、母 SUGGESTIVE)51Kg

19SEP05 更新】

ゲイ・ウオーターハウス調教師のデザートウオー、ウイナーズサークルに返り咲き

先週土曜日に、ローズヒルガーデン競馬場で開催されたGUヒルステイクスで、ゲイ・ウオーターハウス調教師の管理馬デザートウオーが優勝しました。
デザートウオーは、昨年のエプソムハンデの覇者。しかし、その後メルボルンのスプリングキャンペーンとシドニーのオータムキャンペーンに失敗。競走馬生活もこれまでかと思われていましたが、今回のヒルステイクス優勝で、見事返り咲きを果しました。
2着は、メルボルンカップを狙うポートランドシンガ、3着はやはり期待のザビール産駒ディゼールでした。
デザートウオーは、ケニーラッド産駒で、17回出走して、5勝、3回入着しています。

2005917日(土) ローズヒルガーデン競馬場
ヒルステイクス
1,900m GU
スタンダート馬齢重量戦 総額賞金額
: 1,190万円
1 DESERT WAR 5才せん馬
(父
DESERT KING、母HIGH HEELS) 58kg  
騎手
: J Byrne 調教師: G Waterhouse
2 PORTLAND SINGA 6才牝馬
(父
DANASINGA、母 STATE OF OREGON)55.5kg
3 DIZELLE 4才牝馬
(父
ZABEEL、母 DANDELAGH)54.5Kg

19SEP05 更新】

コーフィールドギニーズ・プレリュードは、アパチェキャットの優勝

GV、コーフィールドギニーズ・プレリュードは、メルボルンのリーディング・ジョッキーで見習い騎手のニコラス・ライアンが騎乗したアパチェキャットが優勝しました。今回は、吉田稔騎手に乗り替わってオーストラリアのベテラン、ダレン・ガウチ騎手が騎乗した森厩舎のゼンノゴーシューは、レース最初からかなり飛ばしましたが、最後は後ろから捉えられ、最後尾で終わりました。

2005917日(土) コーフィールド競馬場
コーフィールドギニーズ・プレリュード 
1,400m GV
3歳牡&せん馬別定戦 総額賞金額
: 1,700万円
1 APACHE CAT 3才せん馬
(父
LION CAVERN、母 TENNESSEE BLAZE) 57.5kg  
騎手
: Nicholas Ryan 調教師: G Eurell
2 GOD'S OWN 3才牡馬
(父
REDOUTE'S CHOICE、母 ANGEL IN DISGUISE) 56kg
3 DANERICH 3才牝馬
(父
DANEHILL、母 MILLRICH)57.5Kg

19SEP05 更新】

NZのミスポテンシャルは、3回目のGT制覇

NZのターフの女王と呼ばれるミスポテンシャルは、先週土曜日に ヘイスティング競馬場で開催されたGTストーニーブリッジステイクスで優勝し、3回目のGT制覇を果しました。ミスポテンシャルは、昨年、メルボルンのGTネッスル・ピーターズクラシックに優勝していますが、今年も同レースを狙う予定。ドルフィンストリート産駒の7歳の牝馬。現在まで8勝して、収得賞金はNZ110万ドルを越えています。

2005917日(土) ヘイスティング競馬場
ストーニーブリッジステイクス 
1,600m GT
スタンダート馬齢重量戦 総額賞金額
: 1,125万円
1 MISS POTENTIAL 7才牝馬
(父
DOLPHIN STREET、母 RICHFIELD ROSE)  
騎手
: R Jones 調教師: B Borrie
2 IRISH ROVER 8才せん馬
(父
KENFAIR、母 STERLING LEA)
3 MAGNETISM 4才せん馬
(父
MARJU、母 CALCEOLARIA)

19SEP05 更新】

スパークオブライフ、マニカトステイクス優勝

シドニーのアラン・デナム調教師が管理するスパークオブライフが、先週土曜日のムーニーバレー競馬場で、GTマニカトステイクスを勝ちました。スパークオブライフは、昨年に引き続き連続2年優勝。
2着は、パーフェクトリーレディ、3着は、これでGT入着が9回目。このレースには、キングオブサンデーが出ましたが、全くレースになりませんでした。世界的に知られているオーストラリアのスプリントレースで勝つのは、そう容易ではなさそうです。もっと長い距離を狙えばいいのに。

2005910日(土) ムーニーバレー競馬場
マニカトステイクス 
1,200m GT
馬齢重量戦 総額賞金額
: 3,400万円
1 SPARK OF LIFE 5才せん馬
(父
NINE CARAT、母 SPARKLING BOUNTY) 57.5kg  
騎手
: G Boss 調教師: AJ Denham
2 PERFECTLY READY 3才牡馬
(父
MORE THAN READY、母 ELLE DUCCIO) 51kg
3 OUR EGYPTIAN RAINE 7才牝馬
(父
DESERT SUN、母 EGYPTIAN QUEEN) 55Kg

12SEP05 更新】


ラッドオブザマナー、GUのダトータンチンナム・ステイクスに優勝

ダトー・タンチンナム氏は、オーストラリアに住むアジア系実業家で、チャンピオン馬セイントリーを始め、カミングス調教師とのコンビで数多くのチャンピオン馬を持っています。同氏の名前をとったGUレースで、今年は、ロジャー・ホイステッド調教師の管理馬、ラッドオブザマナーが優勝しました。
今回、このレースには、これまでコックスプレートステイクスを勝ったフィールドオブオマーや、マカイビィディーヴァなど錚々たるメンバーが出走。日本からも、トーセンダンディが参加しました。結果は、今年コックスプレートステイクスを狙うというラッドオブザマナーの勝利。
トーセンダンディは、スタート直後凄いスピードで逃げましたが、ラッドオブザマナー他多くの馬に捕らえられて最後に沈んでいきました。
2着は、マカイビィディーヴァ。いつものように最後尾につけ、最後
素晴らしい勢いでラッドオブザマナーに挑みました。
3着は、コックスプレートステイクス優勝馬フィールドオブオマー。 香港から帰ってきたデビッド・ヘイズ調教師による初重賞挑戦。まあまあの結果。これからどのような展開を見せるか、とても楽しみ。(私はこのレースで久々のトライフェクタをとりましたが、あまり付かずにがっかり!)

2005910日(土) ムーニーバレー競馬場
ダトータンチンナム・ステイクス 
1,600m GU
馬齢重量戦 オープンハンデ戦 総額賞金額
: 2,125万円
1 LAD OF THE MANOR 6才せん馬
(父
ZABEEL、母 MATRONA) 58kg  
騎手
: GJ Childs 調教師: Roger Hoysted
2 MAKYBE DIVA 7才牝馬
(父
DESERT KING、母 TUGELA) 55.5kg
3 FIELDS OF OMAGH 8才せん馬
(父
RUBITON、母 FINNETO) 58Kg

12SEP05 更新】

香港から帰ったばかりのデビッド・ヘイズ調教師、帰国すぐの重賞制覇

香港で大成功したデビッド・ヘイズ調教師がオーストラリアに帰国、帰国後すぐにその素晴らしい手腕を見せています。先週土曜日に、フレミントン競馬場で開催されたGUクレイグリーステイクスに、コンフェクショナーを優勝させて、ヘイズ調教師の帰国後初の重賞制覇となりました。
このコンフェクショナーは昨年11月でサンダウンクラシックで4着となった後休養に入り、今回のレースが休養明けの初出走。コンフェクショナーは、逃げた吉田稔騎手騎乗のフサイチオーレの後にピッタリとくっついて、馬群から抜け出したプーリンを捕らえて勝ったようです。コンフェクショナーは、バブルガムフェロー産駒。デビッド・ヘイズ調教師は、コンフェクショナーを、コックスプレートステイクス、コーフィールドカップ、メルボルンカップにノミネートすると言っています。面白くなりそうですね。
コンフェクショナーは、5歳のせん馬、これまで17戦して、8勝、5回入着、収得賞金が80万ドル、およそ6400万円になっています。フサイチオーレはビリになりました。9SEP05 更新】

200592日(土) フレミントン競馬場
クレイグリーステイクス 
1,600m GU
スタンダート馬齢重量戦 総額賞金額
: 4,250万円
1 CONFECTIONER 5才せん馬
(父
BUBBLE GUM FELLOW、母 PRINCESS BILE) 58kg  
騎手
: Craig Williams  調教師: DA Hayes
2 FREE AT LAST 7才牝馬
(父
SENOR PETE、母 BARGIBANT) 55.2kg
3 OUR SMOKING JOE 5才せん馬
(父
ENCOSTA DE LAGO、母 DALZING) 58kg

オーストラリアのダービー馬、スタークラフト、フランスでGT優勝

5歳のソビエトスター産駒、スタークラフトは、オーストラリアのダービー馬。このスタークラフトは現在、ヨーロッパ遠征中ですが、先日フランスのロンシャン競馬場で、GTプリドムーランを勝ちました。
スタークラフトは、NZでもGTを勝っているいわゆるグローバルトロッターですが、今回はクマーニ厩舎に所属、フランスのクリスト・ルメール騎手が騎乗しました。レース後ルメール騎手は「こんなにタフな馬に乗ったことがありません」と絶賛。
同レースでは、牝馬ゴレラが2着、メイジャーズカストが3着、タイムはこれまでの勝タイムで3番目に速い1分35.10秒でした。クマーニ師は、この後、スタークラフトで、クインエリザベスUステイクスとその後ブリーダーズカップを狙うと言っています。先週は、オーストラリアのアリンギがアメリカで、スタークラフトがフランスで、またケリン・マカヴォイ騎手がドイツでGTを勝っています。GO AUSTRALIA!!
9SEP05 更新】

フェロシティ、GUアスコットヴェイルステイクス優勝

日本のゼンノゴーシューが出走して日本の競馬ファン注目の先週土曜日のアスコットヴェイルステイクスですが、結果は、フレミントン競馬場に厩舎を持つダニー・オブライエン調教師のフェロシティが優勝しました。オブライエン師は、フェロシティをこのレースで休養に出そうと思っていたらしいのですが、「もう少し長い距離が走れるかも知れないので、コーフィールドギニーズを考えている」とレース後の談話。
ダニー・オブライエン調教師は、34歳で昨シーズン、メルボルンのリーディング3位に。しかもわずか42頭の馬数でのこの成績で、勝率ではオーストラリア一。彼は、元弁護士。ところで彼の厩舎は、エミレーツがスポンサーをしています。厩舎のスポンサーシップは最近オーストラリアで、はやり始めた新しいビジネス。例えば、シドニーの若手トップ、ジョン・オシェイ調教師の厩舎は、レーザー手術で知られる眼科がスポンサーになっています。これからは、このように、厩舎や、騎手、また馬にもスポンサーシップが解禁されるのではないかといわれています。
フェロシティは、3月にフレミントン競馬場で行われたVRCサイアースプロジュース・ステイクスで3着、その後アデレードでのマジックミリオンズに勝っています。ゼンノゴーシューは、12頭中の11着でした。
9SEP05 更新】

200592日(土) フレミントン競馬場
アスコットヴェイルステイクス 
1,200m GU
3歳馬定量戦 総額賞金額: 4,250万円
1 FEROCITY 3才牡馬
(父
LION HUNTER、母 CHIARA) 55.5kg  
騎手
: SW Arnold 調教師: DT O'Brien
2 JADESCENT 3才牝馬
(父
GREEN PERFUME、母 CHINA GIRL) 53kg
3 UNDOUBTEDLY 3才牡馬
(父
REDOUTE'S CHOICE、母 KISS A HALO) 55.5kg

オーストラリアのアリンギ、アメリカでGV優勝。アメリカのターフGTに挑戦

アローフィールド牧場などが共同で所有するアリンギが、先日、アメリカのサラトガ競馬場で、GVのバルストンスパハンディキャップを勝ちました。
調教師はボビー・フランケル師。この後フランケル師は、10月8日にキーンランドで開催されるGTシャドウエル・ターフマイルに参戦させ、その後11月29日にハリウッドパーク競馬場で開催されるマトリアークステイクス(GT)に挑戦させると語っています。アリンギは、その後、オーストラリアに帰り、アローフィールド牧場で繋用されているリドゥーツチョイスとメイティングされる予定。
オーストラリアでは最近、スタリオンとしての価値を上げることを狙った牡馬の海外遠征が盛んですが、これからは恐らく、アリンギのように牝馬も、繁殖牝馬としての価値を上げるために、海外遠征する例が増えてきそうです。いずれにしても、アリンギとリドゥーツチョイスの産駒は、最低でも2億円はするでしょうね。9SEP05 更新】

150万ドルのサンデー産駒シドニーで初勝利

デビューしてからまだ3戦かしていない、サンデーサイレンス産駒、ゴールドタウンが、先週シドニーのカンタベリー競馬場で初勝利をしました。このゴールドタウンは、アローフィールド牧場の生産馬で株も一部持っています。
同馬は、イングリスセールで150万ドルの高額をつけて落札された3歳馬、恐らくアローフィールド牧場が将来種牡馬として考えているのではないかと思います。この後、ゴールドタウンは、ローズヒルガーデン競馬場で9月に開催されるGVグローミングステイクスと、10月にロイヤルランドイック競馬場で開催されるGTスプリングチャンピオンステイクスを狙っています。

2005823日(火) カンタベリー競馬場
ハイランドレースカラーズハンディキャップ 
1,550m
総額賞金額
: 1,870万円
1 GOLDTOWN 
54kg  騎手: Zac Purton  調教師: Tim Martin
2 STRATUM 
54
kg  騎手: LarryCassidy 調教師: GaiWaterhouse
3 DENMARKET 
55.5kg 騎手:KathyO'Hara 調教師: KevinMoses

29 AUG 2005 更新】


グランドアーミー、引退

オーストラリアのチャンピオン馬グランドアーミーが気管の病気で引退することになりました。
グランドアーミーは、6歳のせん馬。これまで32戦して、13回優勝、13回入着。GTを6勝もする素晴らしい成績を挙げています。彼はロンロの引退レースだったクインエリザベスステイクスで、先行してそのまま逃げ切って勝ち、ロンロファンをがっかりさせてしまったことで知られています。私もがっかりしたその1人。
29 AUG 2005 更新】

スニッツェッル、GVアップアンドカミングス・ステイクスでストレイタムを破る

ゴールデンスリッパー・ステイクスの優勝馬ストレイタムと、人気種牡馬産駒、リドゥーツチョイスの牡馬スニッツェッルが出走して、GVアップアンドカミングス・ステイクスが、ロイヤルランドイック競馬場で開催されました。
休養明け第1戦では、実力が出し切れず残念な結果に終わりましたが、今回のワリックファームステイクスでは、本領が発揮できたとスニッツェッルの関係者は大喜び。スニッツェッルの実力に惚れた、アロフィールド牧場の会長マサラ氏は、将来種牡馬にしようと彼の株を一部持っています。 騎手は、前回下ろされてしまったカティダス騎手に代わって、やはりクインズランド州をベースにするベテランのスコット・シーマ騎手が騎乗しました。タイムは、1.09.88 (最後の600m34.56).これから、スニッツェッルは、メルボルンのマニカトステイクスに挑戦予定です。

2005820日(土) ロイヤルランドイック競馬場
アップ&カミングステイクス 
1,200m GV 別定戦
3歳牡馬&せん馬戦 総額賞金額
: 1,625万円
1 SNITZEL 3才牡馬
(父
REDOUTE'S CHOICE、母 SNIPPETS' LASS) 56.5kg  
騎手
: S Seamer  調教師: GA Ryan
2 STRATUM 3才牡馬
(父
REDOUTE'S CHOICE、母 BOURGEOIS) 58kg
3 DENMARKET 3才牡馬
(父
LOAD DANE、母 BUSINESS BABE) 56.5kg

22 AUG 2005 更新】

ワリックファームステイクスは、穴馬サーデックスが優勝

ワリックファーム競馬場に厩舎を持つグレッグ・ヒックマン厩舎のサーデックスと、同厩馬のスポーツマンが、先週土曜日のGUワリックステイクスで、1着と3着に入りました。ワリックステイクスは、これまでロンロなども優勝している伝統あるレースですが、今年は、ワリックファーム競馬場からロイヤルランドイック競馬場に場所を変えて実施されています。
ジョン・ホークス調教師が管理する本命馬ディゼルは惜しくも3着。サーデックスは、何と41倍の高オッズで勝っています。 尚、優勝馬サーデックスに騎乗したのは、クインズランド州からシドニーに拠点を移したザック・パートン騎手。シドニーは、ダレン・ビードマン騎手やグレン・ボス騎手などチャンピオン騎手が目白押しで、オーストラリアで一のジョッキー激戦区。パートン騎手、どこまで頑張れるでしょうか。

2005820日(土) ロイヤルランドイック競馬場
ワリックステイクス 
1,400m GV
3歳以上スタンダート馬齢重量戦 
総額賞金額
: 1,700万円
1 SIR DEX 5才せん馬
(父
DEXTER、母 AMWAJ) 58kg  
騎手
: Z Purton  調教師: GD Hickman
2 DIZELLE 4才牝馬
(父
ZABEEL、母 DANELAGH) 55kg
3 SPORTSMAN 6才せん馬
(父
SUPREMO、母 PROFESSIONELLE) 58kg

22 AUG 2005 更新】

GVシャドー・ステイクスは、ジョン・ホークス調教師のネモシーン

先週土曜日のロイヤルランドイック競馬場では、重賞レースが数多く開催されましたが、GVのシルバーシャードーステイクスで、ジョン・ホークス調教師が管理するネモシーンが優勝しました。 
このネモシーンは、昨年亡くなったボブ・インガム氏の娘の所有馬。 タイムは、レコードの1.09.65 (最後 600m in35.29)。ゲイ・ウオーターハウス調教師の期待馬ファッションアフィールドは、惜しくも2着。しかし、ゲイ・ウオーターハウス調教師陣営は、本番はこれからだと言っています。

2005820日(土) ロイヤルランドイック競馬場
シルバーシャードーステイクス 
1,200m GV
3歳牝馬、別定戦 総額賞金額
: 1,625万円
1 MNEMOSYNE 3才牝馬
(父
ENCOSTA DE LAGO、母 MY JULIET) 54kg  
騎手
: D Beadman 調教師: JR Hawkes
2 FASHIONS AFIELD 3才牝馬
(父
REDOUT'S CHOICE、母 ATTIRE) 58kg
3 PAULINI 3才牝馬
(父
SINGSPIEL、母 TIMELESS APPEAL) 54kg

22 AUG 2005 更新】

ラッドオブザマナーが、GUリストンステイクス優勝

北半球時間で生まれたザビールの6歳のせん馬ラッドオブザマナーが、メルボルンのコーフィールド競馬場で開催されたJJリストンステイクスで、優勝しました。ラッドオブザマナーは、北半球時間で生まれただけでなく、腱の故障でまだ17戦しかしていません。 しかし、そのうち10回優勝6回入着と入着率はほぼ100%。ラッドオブザマナーは、今年3月には、マカイビィディーヴァが優勝したオーストラリアンカップで3着になっており、今年はコックスプレートステイクスを目標にしていると言います。2年前にこのリストンステイクスを勝ったスーパーエレガントは3着。昨年の同レースの覇者、ローガルローラーは、10着と惨敗に終わりました。

2005820日(土) コーフィールド競馬場
JJリストンステイクス 
1,400m GU 3歳以上
スタンダート馬齢重量戦 総額賞金額
: 1,700万円
1 LAD OF THE MANOR 6才せん馬
(父
ZABEEL、母 MATRONA) 58kg  
騎手
: GJ Childs 調教師: Roger Hoysted
2 OUR SMOKING JOE 5才せん馬
(父
ENCOSTA DE LAGO、母 DALZING) 58kg
3 SUPER ELEGANT 8才せん馬
(父
MISTER C、母 EVER ELEGANT) 58kg

22 AUG 2005 更新】

プレミアステイクス(GV)、ダンスヒーロー惜敗

先日かえってきたヒーローと大喜びしたばかりでしたが、先週は、ローズヒルガーデン競馬場で開催されたプレミアステイクスで、大穴の牝馬シャナイアデインに惜敗しました。
シャナイアデインは、ジョン・ホークス調教師が管理するデインヒルの牝馬。この良血の牝馬は、既にGUを2勝しており、繁殖としても価値があるので、多くの買い手が常にオーナーの門を叩いているらしく、今回の優勝でまた値がつりあがりそうです。
今回のレースでは、ダンスヒーローとスパークオブライフが競いながら逃げるところを、後ろから追ってきたシャナイアデインが抜いて1馬身半で見事な優勝を見せています。シャナイアデインは、これまでのレースレコードを破って1分08.83で勝っています。

2005813日(土) ローズヒルガーデン競馬場
プレミアステイクス 
1,200m GV 3歳以上
スタンダート馬齢重量戦 総額賞金額
: 1,190万円
1 SHANIA DANE 4才牝馬
(父
DANEHILL、母 SUBTERFUGE) 55kg  
騎手
: RM Quinn 調教師: JR Hawkes
2 DANCE HERO 4才せん馬
(父
DANZERO、母 GYPSY DANCER) 57.5kg
3 SPARK OF LIFE 5才せん馬
(父
NINE CARAT、母 SPARKLING BOUNTY) 57.5kg

15 AUG 2005 更新】


デビッド・ヘイズ、オーストラリアで初勝利

長い間香港に厩舎を持ち、トップ調教師として活躍してきたデビッド・ヘイズ調教師が、今シーズンからオーストラリアに帰国。アデレードのリンゼイパークをベースにオーストラリアの競馬に復帰しました。そして、そのヘイズ調教師は帰国第1戦目、ムーニーバレー競馬場のケイターケアグループトロフィーにキンジャハルを出走させて優勝しました。これでまたデビッド・ヘイズ調教師の印象も強くなり、更に多くの馬主を集めるはずです。メルボルンの先シーズンはリー・フリードマン調教師の独占でしたが、リー・フリードマン調教師もうかうかしていられません。

2005813日(土) ムーニーバレー競馬場
ケイターケアグループトロフィー 
1,523m 
オープンハンデ戦 総額賞金額
: 510万円
1 KINDJHAL 6才牡馬
(父
ASHKALANI、母 EN PUBLIC) 58.5kg  
騎手
: R Hinton 調教師: DA Hayes
2 MOCK 6才せん馬
(父
RUNYON、母 QUIZ) 51kg
3 FONOME 7才せん馬
(父
ARCHWAY、母 DIALLED) 56kg

15 AUG 2005 更新】

リサ・クロップ騎手、シドニーで騎乗

ニュージーランドのリーディングジョッキーになったリサ・クロップ騎手ですが、現在、薬物使用の件で審議結果が出ていません。今週火曜日までに結果が出るようですが、先週土曜日には、シドニーに来て、やはりNZ出身のグラーム・ロジャーソン調教師の厩舎の馬に騎乗しました。残念ながら結果は着外。また、審議にかかって200ドルの罰金を払わされています。
15 AUG 2005 更新】

GV、サンドメニコは、メディアが優勝

人気馬スニッツェッルや、ゴールデンスリッパー・ステイクスの優勝馬ストレイタムが出走して注目された、先週土曜日のサンドメニコステイクス。結果は、ボブ・トムセン厩舎のメディアが優勝しました。1000mという短い距離ですから、スニッツェッルやストレイタムにとっては、調教代わりのレース。
2着は、現在香港から戻っているシェーン・ダイ騎手が騎乗したリトンタイクーン。また同じく香港から帰国しているコーリー・ブラウン騎手が騎乗したスニッツェッルは3着で、ストレイタムは、4着でしたが、両馬ともに、これからやってくるメルボルンの大レースへの足がかりとしては中々の結果でした。

200586日(土) ローズヒルガーデン競馬場
サンドメニコステイクス 
1,000m GV 
3歳馬、別定戦 総額賞金額
: 1,000万円
1 MEDIA 3才牝馬
(父
GILDED TIME、母 VALOURINA) 55kg  
騎手
: RM Quinn 調教師: RH Thomsen
2 WRITTEN TYCOON 3才牡馬
(父
IGLESIA、母 PARTY MISS) 57kg
3 SNITZEL 3才牡馬
(父
REDOUTE'S CHOICE、母 SNIPPETS' LASS) 56.5kg

8 August 05 更新】

天国から地獄か、クロップ騎手

NZのリサ・クロップ騎手は、先日、オサリバン騎手の記録を破って、NZのリーディングジョッキーになりました。しかし、彼女には現在、ドラッグ使用の件で、審議が控えています。
これは、今年5月、テラパ競馬場で、クロップ騎手の尿に通称スピードと呼ばれるドラッグが発見され、更に、彼女は、それを隠蔽しようと検査前に、大量の水を飲んだと されるもので、もし、これが事実で、処罰が決定すると、クロップ騎手には1年間の騎乗停止NZ1万ドルの罰金が科せられます。リーディングになったばかりのクロップ騎手。まるで天国にいて、地獄が待っているようです。この審議の結果は、今週金曜日に発表されます。
8 August 05 更新】

チャンプ復活。ダンスヒーローGVミサイルステイクス優勝

先週ゲイ・ウオーターハウス調教師の周辺には色々なことが起きました。一つは、先ころ彼女の厩舎のアイラブユーハ二ーの薬物検査でにコカインが発見されて、先週はその審議があり、監督不行き届きで15,000ドルの罰金が科せられたこと。コカインは、バーに遊びに行ってコカインと接触した厩務員から馬の鼻腔に入ったのではないかと見られています。
ところがそのバッドニュースを吹き飛ばすように、土曜日のローズヒルガーデン競馬場で、ダンスヒーローがGVミサイルステイクスを快勝し、チャンピオンが復活しました。元チャンピオン2歳馬のダンスヒーローは、3歳になってスランプ。しかし、今シーズンは、この帰ってきたダンスヒーローの活躍が見られそうです。このレースの2着はスニペッツオン。3着は、スパークオブライフでした。タイムはレースレコードに迫る 1.02.80ダンスヒーローは、これで14回出走して9勝。入着が3回。総収得賞金はA$3,398,200です。
1AUG05 更新】

2005731日(土) ローズヒルガーデン競馬場
ミサイルステイクス 
1100m GV 
2歳以上、スタンダート馬齢重量戦 総額賞金額
: 850万円
1 DANCE HERO 3才せん馬
(父
DANZERO、母 GYPSY DANCER) 57kg  
騎手
: L Beasley 調教師: G Waterhouse
2 SNIPPETSON 3才牡馬
(父
SNIPPETS、母 SNOWDRIFT) 57kg
3 SPARK OF LIFE 4才せん馬
(父
NINE CARAT、母 SPARKLING BOUNTY) 57.5kg



リサ・クロップ騎手、オサリバン騎手の記録を破ってダントツのリーディング

NZのジョッキーの記録は、これまでランス・オサリバン騎手のシーズン193勝でしたが、先週土曜日のテラパ競馬場で、リサ・クロップ騎手が194勝目を挙げて、見事、NZのリーディングジョッキーに輝きました。クロップ騎手は日本にも短期免許で騎乗したことがあります。
1AUG05 更新】


アリンギ、8月10日アメリカデビュー

オーストラリアのチャンピオン3歳牝馬アリンギが、今月10日、アメリカのサラトガ競馬場でデビューします。アリンギは、オーストラリアではリー・フリードマン調教師の管理馬でしたが、現在は、ボビー・フランケル厩舎に属しています。10日のレース後、アリンギは、カナダのGTに挑戦です。日本のシーザリオのように頑張って欲しいと思います。1AUG05 更新】

南アのチャンピオン馬、コックスプレート挑戦

QE II カップの入着馬で、ヴォーダコムジュライの勝馬、グレイズインが、オーストラリアのコックスプレートステイクスに挑戦するために遠征を決めました。グレイズインは、元々ザビール産駒。こちらで活躍して故郷に錦を飾る計画のよう。1AUG05 更新】

ヒスキンス・スティープルチェイスは、シサーノが優勝

障害レースのコックスプレートステイクスと呼ばれるヒスキンス・スティープルチェイスが先週土曜日にムーニーバレー競馬場で開催されましたが、本命のトップゾフを抜いて、シサーノが優勝しました。
ところで、現在、動物保護団体から、オーストラリアの障害レースをは動物虐待であると激しい攻撃を受けています。 実際、およそ19レースに1頭の割りで、障害馬が死亡しているという統計も出ています。更に、ビクトリア州の馬管理母体であるレーシングビクトリアは年間障害レースのために500万ドルもの大きな財政的なロスがあると言われており、オーストラリアの障害レースの将来は定かではありません。
1AUG05 更新】

200581日(土) ムーニーバレー競馬場
ヒスキンス・スティープルチェイス 
3700m GV 
特別定量戦 総額賞金額
: 1,275万円
1 SISSANO 6才せん馬
(父
LAST TYCOON、母 TRISTERA) 62kg  
騎手
: W D Harnett 調教師: R E Laing
2 TOPZOFF 8才せん馬
(父
ZOFFANY、母 WHAT A HONEY) 66kg
3 MISTER TWISTER 5才せん馬
(父
TORRENTIAL、母 CRYSTAL GLITTERS) 62kg

オーストラリアの2004・2005年シーズン、リーディング発表女性が大活躍!

NZのリーディングジョッキーは女性のリサ・クロップ騎手だということを前述しましたが、オーストラリアでも今期は女性の活躍が目立ちます。アデレードでは、シニアジョッキーランキングと、見習い騎手ランキングの2つを女性騎手が占め、シドニーの見習い騎手では女性のキャシー・オハラ騎手がリーディングアプレンティスジョッキーになっています。また、シドニーのリーディングは、ゲイ・ウオーターハウス調教師がダントツのリーディングでした。メルボルンでは、ダミアン・オリバー騎手が怪我で長期療養中ということもあり、リー・フリードマン厩舎に属する見習い騎手、ニコラス・ライアン騎手がシニアを抜いてリーディングに輝きました。オリバー騎手も、元々リー・フリードマン調教師の見習い騎手から始まっており、ライアン騎手の今後ますますの活躍が期待されます。

メトロポリタン地区のリーディングランキンは次の通りです。
地区 リーディングジョッキー リーディングトレーナー
ブリスベン スタッシー・カツィダス
(Stathi Katsidis )75勝
ジョン・ホークス
(John Hawkes )58勝
シドニー ダレン・ビードマン
(Darren Beadman)143勝
ゲイ・ウオーターハウス
(Gai Waterhouse )188勝
メルボルン ニコラス・ライアン(見習い)
( Nicholas Ryan )83勝
リー・フリードマン
( Lee Freedman)81勝
アデレード クレア・リンドップ
(Clare Lindop )37勝
トニー・マカヴォイ
( Tony McEvoy )54勝

1AUG05 更新】

友駿インターナショナルの所有馬が、シドニーで1日に2勝の快挙

先週の土曜日のワリックファーム競馬場で、シドニーをベースにする友駿インターナショナル所属のミッドナイトシティと、ミステリーシティーが、1レースと3レースに優勝しました。1レース目は、シドニーのリーディングトレーナー、ゲイ・ウオーターハウス調教師の管理馬。現在まで6戦して3勝、入着が2回と素晴らしい成績。もう1頭は、若手調教師のトップを行く、ティム・マーティン厩舎のミッドナイトシティ。これも、1年間という長い休養を経て復帰したばかり。これまで7戦して3勝。入着が3回。2頭ともこれからが大変期待できます。特に、ミッドナイトシティの体調回復を辛抱強く待っていたオーナーたちのためにも、ぜひ大活躍して欲しいと思います。25JULY05 更新】

2005723日(土) ワリックファーム競馬場
レイブランマンハンデ 
1600m  
3歳 総額賞金額
: 467万円
1 MYSTERY CITY 3才せん馬
(父
LANGFUHR、母 TROUBLE IN MIND) 54.5kg  
騎手
: J Bowman 調教師: G Waterhouse
2 ABOVE DECK 3才せん馬
(父
BIANCONI、母 HAFLA) 53kg
3 JETEYE 3才せん馬
(父
CHARNWOOD FOREST、母 LIGHTINGAIL) 56.5kg


2005723日(土) ワリックファーム競馬場
VP Day サラブレーションハンデ 
1200m  
3歳 総額賞金額
: 467万円
1 MIDNIGHT CITY 3才せん馬
(父
LION HUNTER、母 RED REBEL GIRL) 57kg  
騎手
: K O'Hara 調教師: TR Martin
2 KISS MY FUJI 3才せん馬
(父
FUJI KISEKI、母 TRANQUIL LIFE) 53.5kg
3 dOUBLE ENTENDRE 3才せん馬
(父
MIND GAMES、母 IMPEACHABLE) 53.5kg

7歳のスーパーエレガント、コーフィールド競馬場でまた優勝

コーフィールド競馬場なら任せてとばかり、先週の土曜日開催された準重賞レース、サー・ジョン・モナーシュステイクスで、7歳のスーパーエレガントが、同競馬場で9回目の優勝を果しました。スーパーエレガントはこれまで57回出走して18回優勝、13回の入着という素晴らしい戦歴ですが、コーフィールド競馬場キラーと言われるだけあって、コーフィールド競馬場では22戦して8勝、5回入着と、高い連対率を誇ります。総収得賞金は180万ドル。今年の春も、恐らくスプリントレースで若者には?負けない力を発揮するハズ。25JULY05 更新】

グラフトンカップは、ストームヒルの優勝

田舎町のグラフトンは、オーストラリアの春、町中がジャカランダの花に包まれ、ジャカランダフェスティバルが開催される町としても知られています。このフェスティバルに次いで大きな、この町のイベントは、グラフトンカップです。この日は、クインズランド州からも、NSW州からも、カップを目指してやってきます。この片田舎に、一流調教師や、リーディングジョッキーなどが集まってくるのです。

今年のXXXXゴールド・グラフトンカップ GVは、短期免許でそろそろ香港に遠征予定のクリス・マンス騎手が騎乗したストームヒルが優勝しました。ストームヒルは、デインヒルの良血馬。ブリスベンでのクインズランドダービーで4着になった馬で、シドニーの若いトレーナー、ティム・マーチン氏の管理馬です。とにかく逃げることが大好きなクリス・マンス騎手。最初から逃げて勝っています。ところで、レース名のXXXXとは、フォーエックスと読み、このフォーエックスは、クインズランドのビールのこと。クインズランド州の人は教養がなく、ビールって書いても読めないからXXXXって書くのだという冗談があります。
20JULY05 更新】

X X X X Gold Grafton Cup(フォーレックスゴールド・グラフトンカップ)  
Group III 2400m   総額賞金額 $178,250
1 STORMHILL  鹿毛 牡3歳
(父Danehill (USA) -母Torrential Storm (NZ))
調教師T R Martin 騎手C Munce 負担重量52キロ
2 PRECISE TIMING  
騎手 Z Purton
3 DANCING DAGGERS  
騎手Brent Stanley



セントスティーブン・スティープルチェイスは、コラプテッドが優勝

先週土曜日、メルボルンのムーニーバレー競馬場で開催された障害レース、セントスティーブン・スティープルチェイスで、のコラプテッドが優勝しました。コラプテッドは、普通の障害フェンスは跳んだことがあるものの、スティープルチェイスの高いフェンスは初めて。そこで、週初め、トライアルで、スティープルチェイスのフェンスを二度ほど跳んで、裁決からやっと出走許可をもらったばかりでした。このコラプテッドは、NZの調教師クリス・ウッドの管理馬。 同馬は7月30日のヒスキンス・スティープルチェイス(3700m)に出走予定です。
20JULY05 更新】


リキッドランチが、グランドナショナル優勝

賞金 $200,000,ドルのクリーンベント・グランドナショナル・スティープルチェイスCleanevent Grand National Steeplechase (4500m) が、先週土曜日のフレミントン競馬場で開催され、クリス・ハイランド調教師が管理する8歳のリキッドランチ Liquid Lunchが、ムーロスと死闘の末勝ちました。 ムーロスと3着のスーパーコブラは、カラジの調教師エリック・マスグローブ厩舎の馬です。ちなみに、リキッドランチとは、オーストラリア人がよく使う表現で、液体の昼食、つまりビールのことです。
11JULY05 更新】


シャマダール、オーストラリアのダーレースタッドにシャトル決定

ダーレースタッドは、GT4勝馬シャマダールを、ハンターバレーにあるダーレーオーストラリアに今年シャトルすることを決定しました。シャマダールは、先週エクリプスステイクスの出走前に、故障で引退が決定されたばかり。 今回のシャトルで、初めての種付けが南半球で行われることになります。種付け費用は、A$55000(約470万円).シャマダールは、優秀な競走馬。先日エクリプスステイクスを勝った、オラトリオは、前に、シャマダールに5馬身以上差をつけられて負けています。ジャイアンツコーズウエイが今年はオーストラリアにシャトルされませんので、ジャイアンツコーズウエイの代替馬として人気を呼びそうです。11JULY05 更新】


スタークラフト、GTエクリプスで力出し切れず

どんなチャンピオン馬でも海外で勝つのは並大抵ではありません。
エルヴストロームが英国で結局力を出し切れなかったと同じく、オーストラリアのダービー馬、スタークラフトもまた、先日英国で開催されたGTエクリプスステイクス(
2000m)で、7頭中6着と惨敗しました。
レース前に発汗して鞍の付け直し、最上の状態とは言えなかったようですが、やはり海外での優勝は本当に難しいですね。ただし、距離を短くして、もう一度、英国で挑戦すると調教師は示唆しています。このレースでは、大本命のモチベータ-も、デインヒルの息子オラトリオに負けました。
4JULY05 更新】

カランドラカップは、エンパイリアルが優勝

クインズランド州のレーシングカーニバルもそろそろ終わりを迎えました。この終わりを飾って、サンシャインコースト競馬場で開催された準重賞レース、カランドラカップで、5歳のせん馬エンパイリアル(Empyreal)が優勝しました。ここ数日間、オーストラリア全国に大雨が降り、各地とも洪水にあっていますが、サンシャインコーストもこの日、雨が上がったものの大変な不良馬場。しかし、この馬場をものともしなかったエンパイリアルが勝っています。4JULY05 更新】


200572日(土) サンシャインコースト競馬場
カランドラカップ 
2400m  
準重賞 総額賞金額
: 1,600万円
1 EMPYREAL 5才せん馬
(父
HIS ROYAL HIGHNESS、母 DIPHADA) 56kg  
騎手
: P Hammersley 調教師: PL McKenzie
2 FAMOUS DANE 5才せん馬
(父
DANEWIN、母 FAMEWIN) 55.5kg
3 CLASSIC KARLA 7才せん馬
(父
KALA TOWN、母 SPORTS CLASSIC) 56kg



ウインターカップは、ヴァーブ

NZのケンブリッジスタッドで繋用されているザビール産駒、5歳のヴァーブが、シドニー、ローズヒルガーデン競馬場で開催された準重賞、ウインターカップで優勝しました。ジャック・デナム調教師の管理馬のヴァーブは、これで7勝、5回入着となりました。4JULY05 更新】

200572日(土) ローズヒルガーデン競馬場
ウインターカップ 
2400m GV 
準重賞 総額賞金額
: 640万円
1 VERB 5才せん馬
(父
ZABEEL、母 DARRA PRINCESS) 54kg  
騎手
: DR Beasley 調教師: J Denham
2 HAPPY IVOR 6才せん馬
(父
BUREAUCRACY、母 INFELICITY) 53kg
3 SUNNAH 4才牝馬
(父
ZABEEL、母 QUIZ QUEEN) 53kg


7歳カリルボーイ、ウインターステイクス優勝

先週土曜日にローズヒルガーデン競馬場で開催された準重賞レース、ウインターステイクスでは、7歳のカリルボーイが優勝しました。騎乗は、クインズランド州のトップジョッキー、ザック・パートン騎手。カレールボーイは、これまで50戦して16勝、9回入着しています。総収得賞金はおよそ70万ドルですから、結構稼いでいます。この分だとなかなか引退しそうもありませんね。何歳まで走るのでしょうか?
4JULY05 更新】

200572日(土) ローズヒルガーデン競馬場
ウインターステイクス 
1400m 
準重賞 総額賞金額
: 640万円
1 CARAEL BOY 7才せん馬
(父
FREE FLYER、母 SONG OF SPRING) 53.5kg  
騎手
: Z Purton 調教師: RR Milligran
2 WILD QUEEN 4才牝馬
(父
LOUP SAUVAGE、母 CROWING JEWEL) 53kg
3 TURAGA 6才せん馬
(父
DANEHILL DANCER、母 MAIN EVENT) 55.5kg


Back
Presented by Mariko Hyland & Associates Pty.Ltd.