オーストラリアの競馬ホットニュース

2006年【下半期】

マジックミリオンズへ驀進、ケイジュ−

先週の土曜日に、ローズヒルガーデン競馬場で勝ったケイジューは、ジョン・ホークス調教師とダレン・ビードマン騎手のゴールデンコンビ。ケイジューは、マジックミリオンズ出身のエンコスタデラゴ牡馬。これまで2戦して2回入着、今回はブリンカーをつけての出走でした。昨年のマジックミリオンズで60万ドルをいう高値で落札された良血馬。マジックミリオンズレースでも注目されることでしょう。

20061223日(土) ローズヒルガーデン競馬場
インターナショナル・アニマルヘルス・ハンディキャップ、
1,100m 2歳馬、オープンハンデ戦、賞金総額:約540万円
1 CAJOU 2歳牝馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:ANACARDE) 54kg
騎手:D Beadman 調教師:JR Hawkes
2 SAFFIR SIMPSON 2歳せん馬   
(父:CHOISIR 母:THUNDERSTORMS) 55kg
3 CASH FOR CARDS 2歳牝馬  
(父:DASH FOR CASH 母:PEKEMON) 53kg

18DEC06更新】

ランドイック競馬場でトワイライト競馬

オーストラリアは今ほとんどの州がサマータイムに入っています。普通は日本と1時間の時差ですが、今はそのため2時間の差です。ところで、そのサマータイム期間中、シドニーのランドイック競馬場では金曜日に、レースを遅く開始し、夕方終了するというトワイライト競馬を実施するようです。日中の暑い中で競馬をするのは、馬も働く人も、観客も大変。なかなか妙案です。ランドイックでトワイライトレースが開催されるのは、歴史上初めて。13DEC06更新】

第二のテイクオーバータゲット、ナチュラルデスティニーが、GVサマーステイクス優勝

片田舎のコフスハーバーから出てきて、レースを勝ち続けているナチュラルデスティニーは、先週土曜日にブリスベンのドゥンベン競馬場で開催されたGV、サマーステイクスで、15枠というハンデを越えて快勝しました。このナチュラルデスティニーは、メルボルンのGTサリンジャーでは、5着と惜敗しましたが、しかしそのときもなかなかいい走りをして、将来が期待されていました。オーストラリアでは今、第二のテイクオーバータゲットと注目のスプリンターです。ナチュラルデスティニーは、11戦して8勝、2着が7回。総収得賞金も50万ドル近くなります。勝ちタイムは1200mで、1.09.23でした。

2006122日(土) ドゥンベン競馬場
サマーステイクス、
1,200m GV
賞金総額:約
1,800万円
1 NATURAL DESTINY 4歳牝馬 
(父:NATURALISM 母:FORCE OD DESTINY) 54.5kg
騎手:S G Treweek 調教師:G D Yorke
2 HARD TO CATCH 5歳せん馬   
(父:DEDGE 母:MRS. BLIGH) 56kg
3 TORNADO ALLEY 6歳せん馬  
(父:FLYING SPUR 母:SINGING ANGEL) 54.5kg
13DEC06更新】

レイルウエイステイクスは、地元のベルビザーが優勝

2000キロを馳せて勝ちに行ったデヴィッド・ヘイズ調教師でしたが、先週末パースで開催されたGT、レイルウエイステイクスは、パースの地元馬、ベルビザーが勝ちました。このベルビザーは、あまり名の知られていない、ドーブーヴァルの娘。写真判定で、デヴィッド・ヘイズ調教師のコンフェクショナーを破りました。コンフェクショナーには、ナッシュ・ロイラー騎手が騎乗しましたが、彼の弟のブラッド・ロイラー騎手がニコネロに騎乗し3着に入っています。ニコネロはコンフェクショナーの同厩馬です。ベルビザーは、32回出走して、今回が13勝目。総収得賞金も100万ドル近くになりました。

2006122日(土) アスコット競馬場
レイルウエイステイクス、
1,600m GT
3歳以上オープンハンデ戦 賞金総額:約
6,750万円
1 BELLE BIZARRE 5歳牝馬 
(父:DAUBERVAL 母:BALTRIOMPHE) 54kg
騎手:P King 調教師:RR Bynder
2 CONFECTIONER 6歳せん馬   
(父:BUBBLE GUM FELLOW 母:PRINCESS BLUE) 56.5kg
3 NICONERO 5歳せん馬  
(父:DANZERO 母:NICOLA LASS) 57kg
4DEC06更新】




ミスムーニームーニー、アデレードで優勝

オーストラリアのメディア王で、マジックミリオンズセールなどのオーナーの1人でもあるジョン・シングルトン氏の所有馬、ミスムーニームーニーが、先週土曜日に、アデレードのモーフェットヴィル競馬場の準重賞レース、シティオブマリオン・ステイクスで優勝しました。
シングルトン氏の馬にほぼ専属で騎乗しているダニー・ビーズリー騎手が、わざわざシドニーから騎乗しに行った甲斐があったというもの。このミスムーニームーニーはリドゥ―ツチョイス産駒。
同日に、半妹のサリーズワールドがシドニーで勝ちました。

20061125日(土)モーフェットヴィル競馬場
シティオブマリオン・ステイクス、
1,200m
準重賞 賞金総額:約
450万円
1 MISS MOONEY MOONEY 5歳牝馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:SALLY MAGIC) 53kg
騎手:DR Beasley 調教師:DL Freedman
2 BOLD LINE 4歳せん馬   
(父:DOUBLE VICE 母:OUR LODGE) 53kg
3 PLAY TO WIN 6歳せん馬  
(父:SNIPPETS 母:BADINOV'S BABE) 57kg
27NOV06更新】

ユティリティが、GVエクリプス・ステイクス優勝

GVではあるものの、メルボルンのサンダウン競馬場で開催されるエクリプス・ステイクスは、これまでも、フィールズオブオマー、スーパーインポーズ、ザマザーンなどチャンピオン馬が勝ったレースです。
このレースで、今年は、フライングスパーの5歳のせん馬、ユティリティが優勝しました。「できれば2400mを走れるようにしたい」とは、調教師の弁。しかし、オーストラリアでは長い距離を走らせ優勝できるようになるまでは、これまた長い間の忍耐が要求されます。ケアリー調教師は、「自分はラッキーだ。オーナーが理解あるから」とも語っています。ユティリティは、これまで26回出走して6勝しています。このユティリティは、父は短距離のフライングスパーですが、兄弟が2003年のブリスベンカップ(2500m)を勝っており、2400mでの活躍も夢ではないようです。

20061125日(土)サンダウン競馬場
エクリプス・ステイクス、
1,800m GV
賞金総額:約
900万円
1 UTILITY 5歳せん馬 
(父:FLYING SPUR 母:PLEASURE) 53kg
騎手:M Zahra 調教師:PG Carey
2 DOURO VALLEY 5歳せん馬   
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:OPAQUE) 53.5kg
3 FLASH TRICK 4歳せん馬  
(父:SUCCESS EXPRESS 母:MADE OF MAGIC) 56kg
27NOV06更新】

ギャラントグールーがサンダウンクラシック優勝

春のカーニバルもいよいよ最後が近づきました。カーニバルの最後を飾るサンダウン競馬場でのレース、GUサンダウンクラシック(2400m)では、3頭の写真判定でギャラントグールーが優勝しました。
同馬は、今回のカーニバルでは思ったように重賞レース優勝を果たせなかったリー・フリードマン調教師の管理馬。アンラッキーな2着は、カジュアルパスでした。ギャラントグールーは、11月11日のクインエリザベスステイクス(2500m)も勝っており、現在まで19戦8勝して5回入着。
また、ギャラントグールーの父は、もうオーストラリアには来なくなりましたが、元アイルランドからシャトルされていたモンジュ-です。長い距離が走れるので、来年はメルボルンカップを狙う可能性あり。

20061118日(土)サンダウン競馬場
サンダウンクラッシック、
2,400m GU
馬齢重量戦、オープンハンデ戦 賞金総額:約
3,600万円
1 GALLANT GURU 4歳牝馬 
(父:MONTJEU 母:PROUD HALO) 57kg
騎手:SW Arnold 調教師:DL Freedman
2 CASUAL PASS 6歳せん馬   
(父:SNIPPETS 母:RAAMI'S MAGIC) 58kg
3 SHOW BARRY 6歳せん馬  
(父:BARYSNIKOV 母:TANTINET) 58kg
21NOV06更新】

ミスフィンランド、VRCオークス優勝

ゴールデンスリッパーとオークスを同年に勝った馬は歴史上初めて。ところが、ミスフィンランドはそれを成し遂げました。「ミスフィンランドという名前でなく、ミスワールドにすべき。彼女は世界級の牝馬です」と騎乗したクレイグ・ウイリアムス騎手が言いました。コーフィールドカップはトーキットで勝ったものの、メルボルンカップでは日本馬に勝たれてしまったデヴィッド・ヘイズ調教師の管理馬。ミスフィンランドのオーナーの1人であるアラン・ジョーンズ氏は、オーストラリアでも有名なラジオパーソナリティ。
実はこのレースで2着に敗れたのは、このジョーンズ氏のボスで、ジョーンズ氏が番組を持つラジオ局のオーナーのジョン・シングルトン氏です。レース前に、ジョーンズ氏に、オークスの観戦のために休みをとったら首にするぞとシングルトン氏が言ったとか。2着のチューズデイジョイは、母親がサンデーサイレンス産駒で、オークス馬サンデージョイでした。このミスフィンランドは、アメリカかヨーロッパに遠征に出るようです。

2006119日(木)フレミントン競馬場
クラウンオークス、
2,500m GT
3
歳牝馬、賞金総額:約6,700万円
1 MISS FINLAND 3歳牝馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:FOREST PEARL) 55.5kg
騎手:Craig Williams 調教師:DA Hays
2 TUESDAY JOY 3歳牝馬   
(父:CARNEGIE 母:JOIE DENISE) 55.5kg
3 ANAMATO 3歳牝馬  
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:VOLTAGE) 55.5kg
13NOV06更新】

ディヴァインマドンナが、エミレーツステイクス優勝

メルボルンカップカーニバルの最後を飾るGTエミレーツステイクスで、4歳の牝馬ディヴァインマドンナが優勝しました。
このレースには、GT馬デザートウオーや、NZの重賞馬など錚々たるメンバーが顔をそろえましたが、首の差でディヴァインマドンナの優勝。この馬は、アデレードから遠征したマーク・カヴァナー調教師の管理馬。騎手は、スティーブン・バスター。バスター騎手は50キロの軽量で騎乗しました。ディヴァインマドンナはハリケーンスカイ産駒。ハリケーンスカイは、かつてのチャンピオンスプリンターでしたが、種牡馬としてはあまり成功していません。ディヴァインマドンナはこれまで16戦して5勝。5回入着しています。

2006119日(土)フレミントン競馬場
エミレーツステイクス、
1,610m GT
賞金総額:約
6,700万円
1 DIVINE MADONNA 4歳牝馬 
(父:HURRICANE SKY 母:MY MADONNA) 51kg
騎手:S Baster 調教師:MA Kavanagh
2 NICONERO 5歳せん馬   
(父:DANZERO 母:NICOLA LASS) 54kg
3 VALEDICTUM 6歳せん馬  
(父:UMATILLA 母:WUNDERSCHOEN) 53kg
13NOV06更新】

ダービー馬からカップ馬へ?

今年のVRCダービーの勝ち馬は、かつてカジノキングと呼ばれたロイド・ウイリアムス氏のもち馬、エフィシエント。彼は自分の馬のために専属の調教師を雇っていますが、なかなか難しいオーナーで過去何人も調教師が代わっています。ここ何年かは、NZ出身のグラーム・ロジャーソン調教師がウイリアムス氏の厩舎の専属調教師となっています。今回は、そのコンビで、VRCダービーを勝ちました。ウイリアムス氏は、ザビールの大ファンで、ザビール産駒を何頭も持っています。もちろん、このエフィシエントもザビール産駒。ただし、今回の優勝にはちょっとサプライズが。今回の騎乗はクインズランド州のトップジョッキー、マイケル・ルッド騎手でしたが、3日後のメルボルンカップには、クレイグ・ニューイット騎手が騎乗することが決まりました。実は、このクレイグ・ニューイット騎手は、今年の8月、同馬に騎乗し、馬を引いたということで、1ヶ月の騎乗停止処分を受けているのです???ちょっと変じゃない?

ダービーでの2着はモンジュ産駒のゴーキーパーク。3着は31倍もオッズがついたテラナバでした。

2006114日(土)フレミントン競馬場
AAMI ビクトリアダービー、2,500m GT
3
歳馬定量戦、賞金総額:約13,600万円
1 EFFICENT 3歳せん馬 
(父:ZABEEL 母:REFUSED THE DANCE) 55.5kg
騎手:M Rodd 調教師:GA Rogerson
2 GORKY PARK 3歳牡馬   
(父:MONTJEU 母:STELUTA) 55.5kg
3 TERANABA 3歳牡馬  
(父:ANABAA 母:TRISTERA)55.5kg
6NOV06更新】

驚き桃の木。デザートウオーが、マキノンステイクス優勝

マキノンステイクスは、メルボルンカップの前哨戦としても知られています。これまでもこの優勝馬からメルボルンカップ優勝馬が何頭も出ています。今年も、遠征組みを含めてカップの出走馬が出ましたが、優勝は何と、デザートウオー。しかも、香港で、賄賂の嫌疑で裁判が行われているあの悪名高いクリス・マンス騎手が騎乗しています。彼は、逃げのマンスで知られていますが、今回も逃げて、逃げてそのまま勝ちました。見ているほうはあんぐり。まあ、勝てばいいいいのでしょうが、それにしても、見ている方は気が抜けてしまいました。デザートウオーの管理はゲイ・ウオーターハウス調教師、彼女のアクアデモールも3着に入り、メルボルンでの久しぶりのGT優勝に彼女は大変うれしそうでした。これは、前に、逃げて勝ったグランドアーミー再現。2着には、デヴィッド・ヘイズ調教師のクロールです。戦略がちかな。

2006114日(土)フレミントン競馬場
マキノンステイクス、
2,000m GT
スタンダート馬齢重量戦、賞金総額:約
6,375万円
1 DESERT WAR 6歳せん馬 
(父:DESERT KING 母:HIGH HEELS) 58kg
騎手:C Munce 調教師:G Waterhouse
2 GROWL 4歳せん馬   
(父:MONTJEU 母:THE LIONS ROAR) 57.5kg
3 AQUA D'AMORE 5歳牝馬  
(父:DANEHILL 母:ROMANTIC RIVER) 55.5kg
6NOV06更新】

ゲイ・ウオーターハウス調教師のダンスヒーローが、これまた驚きのサリンジャー優勝

ストレイト6と言われるフレミントン競馬場の直線コースでのGTサリンジャーステイクス。実はこのレースに、第二のテイクオーバータゲットになるのではないかといわれているナチュラルデスティニーが出ていたのです。ナチュラルデスティニーは、NSW州の田舎、コフスハーバーの馬。しかもこの馬にいつも調教をつけて、当日もコフスハーバーからフレミントン競馬場まで帯同していたのは、元宇都宮の騎手の藤本騎手。馬も藤本騎手もフレミントンは初めて。私も、一生懸命応援しましたが、今回は残念ながら5着。優勝したのは、2歳のチャンピオン馬になってから、その後泣かず飛ばずだったダンスヒーローと驚き桃の木。この馬も、またゲイ・ウオーターハウス調教師の管理馬でした。ナチュラルデスティニーはグレン・ボス騎手が乗りましたが、先頭からあまり離れないなかなかのレース振り。まだ3歳ですからこれからもっとチャンスがあると思います。いつか、日本のスプリンターステイクスに行き、テイクオーバータゲットのように優勝してもらいたいと、オバサンは秘かに考えています。ダンスヒーローに騎乗したのは、前述のマンス騎手でした。これも腹が立つ。

2006114日(土)フレミントン競馬場
サリンジャーステイクス、
1,200m GT
オープンハンデ戦、賞金総額:約
4,250万円
1 DANCE HERO 5歳せん馬 
(父:DANZERO 母:GYPSY DANCER) 55kg
騎手:C Munce 調教師:G Waterhouse
2 SHADOWAYS 4歳せん馬   
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:BY MY PRIDE) 51.5kg
3 MISS ANDRETTI 5歳牝馬  
(父:IHTIRAM 母:PEGGIE'S BID) 55kg
6NOV06更新】

トーキート、コーフィールドカップ優勝。デルタブルース、惜しかった。

ハムダン殿下が自分で見初めてオーストラリアに送りこんできたと言われるトーキートが、コーフィールドカップを勝ちました。しかし、日本のデルタブルースも、もしあと200m長ければ勝っていたのではないかと言われています。ポップロックも、チャンスがなかった割には6着と健闘。メルボルンカップがとても楽しみになりました。コーフィールドカップで、デルタブルースは100倍だったのですよ。日本馬の評価が低いですよね。
1着馬のトーキートは、アメリカ生まれのキングマンボ産駒。シドニーで、ザメトロポリタンを勝った馬です。2着は、アクアデアモール。トライフェクタ(三連単)が3万ドルつきました。私は1着と3着を買っていたのに、2着をはずしていました。(愚痴!)ストレート4といわれる4連単は、45万ドルついています。メルボルンカップはこれでトーキートが本命に躍り出ました。デルタブルースも、8倍まで下がりました。

20061021日(土)コーフィールド競馬場
コーフィールドカップ、
2,400m GT
オープンハンデ戦、賞金総額:約
22,560万円
1 TAWQEET 5歳牡馬 
(父:KINGMAMBO 母:CARELESS) 53.5kg
騎手:D Dunn 調教師:HA Hayes
2 AQUA D'AMORE 5歳牝馬   
(父:DANEHILL 母:ROMANTIC RIVER) 52Kg
3 DELTA BLUES 6歳牡馬  
(父:DANCE IN THE DARK 母:DIXIE SPLASH) 56kg
23OCT06更新】

ダービートライアルは、ゲットスクエアーが。

えっ、またあ…って感じです。ダービートライアルのノーマンロビンソン・ステイクスで、リドゥ―ツチョイス産駒のゲットスクエアーが勝ちました。またあっていうのは、調教師、ジョン・オシェイ調教師のこと。最近、彼の厩舎の馬が勝ちまくっているのです。ジョン・オシェイ調教師は、普段はシドニーのロイヤルランドイック競馬場をベースにしていますが、今年の春シーズンは、メルボルンに暫く移り住んで大きなレースを狙うとか。来週のコックスプレートもその一つ。
ところで、 最近、ダービーにはあまり血統のいい馬が出ていませんが(3歳にしては距離が長すぎる!)今年は、このリドゥ―ツチョイス産駒や、エンコスタデラゴ産駒など、良血馬が数多く出走していました。
2着と3着はこのエンコスタデラゴ産駒です。リドゥ―ツチョイスのアローフィールド牧場VSエンコスタデラゴのクールモア牧場の対決。ゲットスクエアーは、イングリスセールで50万ドルで落札されたもの。これまで6戦して、2勝2回入着です。騎乗はこの日3勝した、ダレン・ビードマン騎手でした。ダレン・ビードマン騎手の活躍もアンストッパブルです。

20061021日(土)コーフィールド競馬場
ノーマンロビンソン・ステイクス、
2,000m GV
3
歳別定戦、賞金総額:約1,125万円
1 GET SQUARE 3歳牡馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:LET'S GET EVEN) 54kg
騎手:D Beadman 調教師:JA O'Shea
2 ULFAH 3歳牝馬   
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:SEPARATE DEAL) 53kg
3 SIR LAGO 3歳せん馬  
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:LADY LANGHAM) 54kg
23OCT06更新】

エルセグンド、ヤランバステイクスで、大ポカ

1.4倍という大本命になったエルセグンドが、先週土曜日コーフィールド競馬場で開催されたヤランバステイクスで3着に敗れるという大ポカをしました。優勝馬は、6歳のカジュアルパス。カジュアルパスは、6歳でレースをするまで、腱靭帯の裂傷を起こし、幹細胞治療をすると同時に、第二中足骨も骨折するという、信じられないような障害を乗り越えています。オーナーと調教師がいかにこの馬を能力を信じて忍耐強くこの日を待っていたかが分かります。テイクオーバータゲットのようですよね。このレースでは、ジェニュイン産駒のポンペイルーラーが2着でした。

20061016日(土)コーフィールド競馬場
ヤランバステイクス、
2,000m GI
3
歳牝馬スタンダート馬齢重量戦、賞金総額:約3,600万円
1 CASUAL PASS 6歳せん馬 
(父:SNIPPETS  母:RAAMI'S MAGIC) 58kg
騎手:N Rawiller 調教師:MJ Ellerton
2 POMPEII RULER 4歳せん馬   
(父:GENUINE 母:WEST WITH NIGHT) 57kg
3 EL SEGUNDO 5歳せん馬  
(父:PINS 母:PALOS VERDES) 58kg
16OCT06更新】

78歳、バート・カミングス調教師まだ健在

昨年、ゴッズオウンでコーフィールドギニーズを優勝させたバート・カミングス調教師が今年もワンダフルワールドで同レースを勝ち、大向こうをうならせました。実際、バート・カミングス調教師は今年で78歳。しかし、今回、247勝目のGT優勝で、生涯記録をまた伸ばしています。
優勝馬は、ワンダフルワールド。アグネスワールド産駒です。騎手は、ルーク・ノーラン。レース前、GTを優勝したら、ノーラン騎手はガールフレンドに結婚を申し込むという噂が流れていました。本当にしたのかしら?サテ、後ろからぐんぐん脚を伸ばしたワンダフルワールドノ勝ち方には、凄みがありました。同馬は、11月11日のエミレーツステイクスに出走する予定。尚、昨年の優勝馬、ゴッズオウンは、同レース優勝後、怪我をして早期に引退し、今では超人気の種牡馬になりましたが、このワンダフルワールドも牡馬ですから、将来種牡馬としての価値も出そうです。16OCT06更新】

レーシングトゥウイン、GTエプソムハンデ優勝

先週土曜日にロイヤルランドイック競馬場で開催されたエプソムハンデで大本命のレーシングトゥウインが勝ちました。この日は、同レースを既に2勝している6歳のせん馬、デザートウオーが、いつものように逃げましたが、やはり先日のジョージメインステイクスと同じようにレーシングトゥウインにつかまり負けてしまいました。レーシングトゥウインは、これで13回出走して優勝回数が9回、4回入着。ほとんどが重賞レースという快挙を成し遂げています。レーシングトゥウインは、クールモア牧場で繋用されているエンコスタデラゴ産駒。コックスプレートに向かいます。コックスプレートの2000mの距離を乗り越えられるのかどうかが決め手。鞍上は、グレン・ボス騎手。

2006107日(土)ロイヤルランドイック競馬場
エプソムハンデ 
1,600m GI
3
歳以上ハンデ戦、賞金総額:約5,400万円
1 RACING TO WIN 4歳せん馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO  母:SURREALIST) 57kg
騎手:G Boss 調教師:JA O'Shea
2 DESERT WAR 6歳せん馬   
(父:DESERT KING 母:HIGH HEELS) 58kg
3 MALCOLM 5歳せん馬  
(父:SNIPPETS 母:FINNETO) 53kg
9OCT06更新】

メトロポリンタンは、デヴィッド・ヘイズ調教師のトーキット

メルボルンで大レースがあるにも関わらずわざわざシドニーに出向いたデヴィッド・ヘイズ調教師。その自信どおりにロイヤルランドイック競馬場のGTメトロポリンタンで、トーキットを勝たせました。このトーキットは、ハムダン殿下が所有する米国産のキングマンボ産駒。英国で競走馬になりオーストラリアに来たもの。ヨークで14ハロンのレースに勝ち、現在4勝。ハムダン殿下は、今この馬でメルボルンカップを狙っています。オーストラリアでは、GV1600mも勝っていますから、メルボルンカップに必要なスプリント力もあるようで、カップの注目馬です。

2006107日(土)ロイヤルランドイック競馬場
ザ・シュウェップス・メトロポリタン 
2,400m GI
3
歳以上ハンデ戦、賞金総額:約5,400万円
1 TAWQEET 5歳牡馬 
(父:KINGMAMBO  母:CAERLESS) 54kg
騎手:D Dunn 調教師:DA Hayes
2 ACTIVATION 5歳せん馬   
(父:ZABEEL 母:COOGEE WALK) 55kg
3 VANQUISHED 7歳せん馬  
(父:HECTOR PROTECTOR 母:EXUBERANCE) 53.5kg
9OCT06更新】

リー・フリードマン調教師が、ターンブルステイクスのトライフェクタ

ターンブルステイクスは、メルボルンカップを占う重要なステップアップレース。このレースで、Sphenophytaという読み方もなかなか難しくリー・フリードマン調教師厩舎でも比較的知られていない馬が優勝し、レース後早速メルボルンカップ候補に上りました。
この馬の読み方はスフィノファイタ。NZにシャトルされていたグルームダンサー産駒です。スフィノファイタは、レース前に、オーナーたちが大変な高額を出してNZのオーナーから買っていたもので、今回のレースで優勝し、その甲斐があったという話で持ちきりです。
また、2着にはリー・フリードマン厩舎のアワスモーキングジョーとかつてのオークス馬セレネードローズが3着になり、今回のターンブルステイクスは、リー・フリードマン調教師のトライフェクタとなりました。
優勝馬のスフィノファイタは、NZのセリで1万2千ドルで主取りになったいわゆるチープな馬。しかし、現在まで12戦して4勝、4回入着。この馬で、リー・フリードマン調教師は、マカイビディヴァに続いてカップをとるかも知れません。

2006107日(土)フレミントン競馬場
ターンブルステイクス 
2,000m GI
4
歳以上定量戦、賞金総額:約4,500万円
1 SPHENOPHYTA 6歳せん馬 
(父:GROOM DANCER  母:BALLERMOSS) 56.5kg
騎手:D Nikolic 調教師:DL Freedman
2 OUR SMOKING JOE 6歳せん馬   
(父:ENGOSTA DE LAGO 母:DALZING) 57.5kg
3 SERENADE ROSE 4歳牝馬  
(父:STRAVINSKY 母:ROSE OF TRALEE) 55kg
9OCT06更新】

テラナバがスプリングチャンピオンステイクス優勝

ロイヤルランドイック競馬場で開催されたGTスプリングチャンピオンステイクスでは、50倍のオッズ馬テラナバが優勝しました。テラナバは、アナバー産駒。現在5回出走して、今回の優勝を入れて2回目の優勝、GVで1回入着しています。

2006107日(土)ロイヤルランドイック競馬場
スプリングチャンピオンステイクス 
2,000m GI
3
歳以上定量戦、賞金総額:約3,600万円
1 TERANABA 3歳牡馬 
(父:ANABAA  母:TRISTERA) 56.5kg
騎手:LV Cassidy 調教師:AJ Cummings
2 ALL BLACK GOLD 3歳牡馬   
(父:CANNY LAD 母:EXPLANATION) 56.5kg
3 HE'S NO PIE EATER 3歳牡馬  
(父:CANNY LAD 母:LADIES' DAY) 56.5kg
9OCT06更新】


フライトステイクスは、またリドゥ―ツチョイス産駒が優勝

リドゥ―ツチョイス産駒の活躍は今年も続いていて、先週土曜日、ロイヤルランドイック競馬場で開催されたフライトステイクスでは、チーキーチョイスが優勝しました。チーキーチョイスは、これで3連勝。今回の優勝は2馬身以上離しての快勝でした。

2006107日(土)ロイヤルランドイック競馬場
フライトステイクス、
1,600m GI
3
歳牝馬定量戦、賞金総額:約3,600万円
1 CHEEKY CHOICE 3歳牝馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE  母:CHRISTCHURCH) 56kg
騎手:J Bowman 調教師:G Waterhouse
2 MY LADY'S CHAMBER 3歳牝馬   
(父:ARENA 母:QUEEN'S SUITE) 56kg
3 FLEUR ROYALE 3歳牝馬  
(父:ROYAL ACADEMY 母:AZALEA) 56kg
9OCT06更新】

コーフィールドカップに外国馬5頭

10月21日にメルボルンのコーフィールド競馬場で開催されるGTコーフィールドカップの第二回目のノミネーションには、94頭のオーストラリア馬と5頭の外国馬が残っています。5頭の外国馬は、日本のデルタブルースとポップロック、またゴドルフィン厩舎の、Imperial Stride と、英国のLand N Stars と Wunderwood。
3OCT06更新】

今年こそ米国からオーストラリアへ?

10月28日にムーニーバレー競馬場で開催されるコックスプレートの第二ノミネーションがあり、ここにオーストラリアの55頭と、アメリカ馬で、ポール・マギー調教師の管理するHonor In War とゴドルフィン厩舎のImperial Strideが登録されました。
3OCT06更新】

レーシングトゥウイン、ジョージメイン優勝

大レースに強いグレン・ボス騎手を鞍上にしたレーシングトゥウインが、9月30日にロイヤルランドイック競馬場で開催されたジョージメインステイクスで、優勝しました。しかし、このレースで鼻を切り、レース前から期待されていたコートインセッションは、レースの最中に腱を怪我して競走馬を引退することになってしまいました。同馬は、コックスプレート出走も予定されていただけに関係者の苦衷のほどもいかばかりでしょう。しかし、安楽死させないですんだのがせめてもの慰めでした。レーシングトゥウインは、今回の優勝でGTを3つ目。この後、シドニーで、エプソムハンデを走り、コックスプレートに挑戦する予定。オシェイ調教師は、コックスプレートの2000mの距離をこの馬は乗り越えられると言っており、結果が楽しみです。

2006930日(土)ロイヤルランドイック競馬場
ジョージメインステイクス 
1,600m GI
スタンダート馬齢重量戦、賞金総額:約3,600万円
1 RACING TO WIN 4歳せん馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO  母:SURREALIST) 57.5kg
騎手:G Boss 調教師:JA O'Shea
2 RED DAZZLER 4歳牡馬   
(父:RED RANSOM 母:VAIN HILL) 57.5kg
3 DESERT WAR 6歳せん馬  
(父:DESERT KING 母:HIGH HEELS) 58kg
3OCT06更新】

ロックオブジブラルタル参馬、期待のデビュー戦優勝

一昨年のマジックミリオンズの当歳馬セールで、66万ドルという記録的な価格で落札されたロックオブジブラルタル参馬、ムータジル号が、ロイヤルランドイック競馬場でデビュー戦を飾りました。クールモア牧場のシャトルスタリオン、ロックオブジブラルタルはオーストラリアではなかなか活躍馬を出せないでいましたが、同馬の優勝でまたまた注目を集めそうです。勝った馬の母は重賞レース勝ち馬のスケーティング。スケーティングは、これまで競走馬としてデビューした7頭の仔のうち3頭が重賞勝ち馬、あとの3頭も重賞レースの入着馬になっています。

2006930日(土)ロイヤルランドイック競馬場
NRLブリダーズプレート 
1,000m
2
歳馬牡馬、準重賞、定量戦、賞金総額:約720万円
1 MURTAJILL 2歳牡馬 
(父:ROCK OF GIBRALTAR  母:SKATING) 56kg
騎手:JA Cassidy 調教師:TR Martin
2 HUSSON LIGHNTING 2歳牡馬   
(父:HUSSONET 母:SNIP SNIP) 56kg
3 MAXISUN 2歳牡馬  
(父:CHOISIR 母:VENERE) 56g
3OCT06更新】

コーフィールドカップ(10月21日、コーフィールド競馬場)のオッズ
$6 ZIPPING
$8 Railings
$9 Sphenophyta
$10 Headturner
$11 Our Smoking Joe, Serenade Rose
$15 Spinney
$21 Grand Zulu, Imperial Stride
$26 Molotov, Pentane, Pop Rock, Tawqeet
$34 Magic Instinct, Polar Bear
$41 Ice Chariot, Stormhill
$51 Activation, Casual Pass, Delta Blues
others $67 and over

3OCT06更新】


コックスプレート(10月28日、ムーニーバレー競馬場)のオッズ
$2.80 EL SEGUNDO
$5 Racing to Win
$6 Eremein, Lad of the Manor
$15 Grey Swallow
$21 Miss Finland
$26 Apache Cat, Primus, Seachange, Super Kid
$34 Fields of Omagh, Pompeii Ruler
$51 Darci Brahma, Desert War, Imperial Stride, Malcolm, Our Smoking Joe, Rewaaya, Serenade Rose
$67 Churchill Downs, Tuesday Joy
others $81 and over

3OCT06更新】

メルボルンカップ(11月7日、フレミントン競馬場)のオッズ
$8 HEADTURNER
$9 Railings
$10 Yeats
$13 Eremein, Pentane, Tawqeet
$17 Our Smoking Joe
$21 Imperial Stride, On a Jeune, Sphenophyta, Zipping
$26 Geordieland
$34 Accumulate, Pop Rock, Serenade Rose, Wunderwood, Zarius
$41 Glistening, Magic Instinct, Molotov, Young Mick
$51 Cherry Mix, Delta Blues, Grand Zulu, Ice Chariot, Short Pause
$67 Art Success, Carte Diamond, Demerger, Dizelle, Stormhill
others $81 and over

3OCT06更新】

デザートウオー、コックスプレート本命エレメインを破る

先週末、ローズヒルガーデン競馬場でのGUヒルステイクスでデザートウオーが勝った後に、「やっと冬眠から出てきた感じがしますと」と語ったゲイ・ウオーターハウス調教師。実際、今回の優勝は、彼女の久しぶりのグループレース優勝でした。ローズヒルガーデン競馬場で開催されたGUヒルステイクスには、今年のコックスプレートの大本命になっているエレメインが出ましたが、同馬には、GT騎手であるグレン・ボス騎手が騎乗して、そのオッズも2倍を切ってしまいました。しかし、蓋を開けると勝負はデザートウオーの優勝。ラリー・キャシディ騎手が逃げ切って勝ち、「戦略勝ち」だと賞賛を集めています。デザートウオーは、フィリピンの大富豪コフアンコ氏の所有馬。彼は生産牧場を持ち、良血馬を多数走らせていますが、最近同氏の所有馬はどちらかというと泣かず飛ばず。今回の優勝にはオーナーも大喜びだったはずです。メルボルンでも所有馬が勝っていますから、今シーズンは運が上向き?

2006923日(土)ローズヒルガーデン競馬場
ネイチャーズウェイステイクス 
1,900m GII
3
歳以上スタンダート馬齢重量戦、賞金総額:約1,190万円
1 DESERT WAR 6歳せん馬 
(父:DESERT KING  母:HIGH HEELS) 58kg
騎手:LV Cassidy 調教師:G Waterhouse
2 EREMEIN 5歳せん馬   
(父:TIMBER COUNTRY 母:MARREGO) 58kg
3 GRAND ZULU 6歳せん馬  
(父:GRAND LODGE 母:BRAVO ZULU) 58kg
25SEP06更新】

トップに躍り出たエルセグンド

先週土曜日、コーフィールド競馬場で開催されたGTアンダーウッドステイクスは、近づいているコックスプレートの前哨戦で、そうそうたるメンバーが走りました。結果は、コリン・リトル調教師の管理するエルセグンド。同馬は、前走のダトーチンニムチャン・ステイクスで前足に熱を持っていたと報じられ心配されていましたが、今回の優勝はその心配を吹き飛ばすような力強い勝ち方。エレメインを抜いて、恐らくこのエルセグンドがコックスプレートの本命になりそうです。2着は、怪我から帰ってきたばかりのダミアン・オリバー騎手が、51倍のポーラーベアで2着。複賞でもオッズが20倍を超えました。(買っておけばよかった!)

エルセグンドの次走は、10月14日、コーフィールド競馬場のGTヤランバステイクスです。期待されていたリー・フリードマン調教師の管理馬、泡スモーキングジョーは7着。オークス馬セレネードローズも、内枠のいい場所に陣取りましたが、前に出られず10着に終わりました。

2006923日(土)コーフィールド競馬場
アンダーウッドステイクス 
1,800m GI
3
歳以上スタンダート馬齢重量戦、賞金総額:約2,975万円
1 EL SEGUNDO 5歳せん馬 
(父:PINS  母:PALOS VERDES) 58kg
騎手:D Gauci 調教師:CW Little
2 POLAR BEAR 7歳せん馬   
(父:POLAR FALCON 母:AIM FOR THE TOP) 58kg
3 MOLOTOV 8歳せん馬  
(父:GRAND LODGE 母:ADMIT ANYWHERE) 58kg
25SEP06更新】

やっと、G1優勝のルワーヤ

実力はあると言われていたものの、ルワーヤは、これまでアンラッキーな入着ばかり。しかし、今回はGT、サールパート・クラーク・ステイクスでやっとG1の片目が開きました。本命はミスアンドレッティだったものの、2番本命に押されていたルワーヤ。クレイグ・ウイリアムス騎手の見事な手綱さばきで優勝です。ルワーヤは、これからGTで、オーストラリアの代表的なスプリントレースであるトゥーラックハンデキャップに向かいます。コックスプレートに出走も考えているといいますが、まだ決定ではありません。ルワーヤは、デヴィッド・ヘイズ調教師の管理馬ですが、このレースには、同厩馬で、元香港でレースをしていたスーパーキッドも出走、17倍のオッズで4着に入り、ヘイズ調教師は満足だったと伝えられています。残念ながらルワーヤに勝ちを譲ったミスアンドレッティは11月4日のサリンジャーに出走後、12月6日の香港国際スプリントに向かう予定だということです。このレースには、テイクオーバータゲットも出走予定をしていますので、香港でオーストラリア馬が対決ということになりそう。

2006923日(土)コーフィールド競馬場
サールパート・クラーク・ステイクス 
1,400m GI
オープンハンデ戦、賞金総額:約2,975万円
1 REWAAYA 4歳牝馬 
(父:SINGSPIEL  母:NASMAH) 51kg
騎手:Craig Williams 調教師:DA Hayes
2 MISS ANDRETTI 5歳牝馬   
(父:IHTIRAM 母:PEGGIE'S BID) 53.5kg
3 UNDUE 5歳せん馬  
(父:COMMANDS 母:INFLUENCE) 53.5kg
25SEP06更新】

アグネスワールド産駒、コーフィールドギニーズ・プレリュード優勝

バート・カミングス調教師は、シドニーで調子が良くなかったワンダフルワールドをメルボルンに遠征させて、GVコーフィールドギニーズ・プレリュードで優勝させました。
このワンダフルワールドは、アグネスワールド産駒。昨年の春シーズン、メルボルンで重賞レースに出走しましたが、惜しくも入着ばかり、その後シドニーでもあまり調子が良くなく今回は20倍を越えるオッズになっていました。さて、昨年、ゴッズオウンでコーフィールドギニーズを勝ったバート・カミングス調教師。今年もこのワンダフルワールドでギニーズに挑戦すると言っています。

2006923日(土)コーフィールド競馬場
コーフィールドギニーズ・プレリュード 
1,400m GIll
3
歳牡馬定量戦、賞金総額:約1,487万円
1 WONDERFUL WORLD 3歳牡馬 
(父:AGNES WORLD  母:SUCCESS TALE) 54kg
騎手:L Nolen 調教師:JB Cummings
2 BLUE LAGO 3歳牡馬   
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:CAFE BLEU) 54kg
3 SHARKBITE 3歳牡馬  
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:BACK PASS) 54kg
25SEP06更新】

クリス・マンス騎手、賄賂で有罪に

非合法の賭事会社に金を貰って予想をしたとの嫌疑で、香港で逮捕されていたクリス・マンス騎手は、先週香港の裁判所で有罪になりました。現在保釈中の同騎手は、香港の裁判所に上訴をするようです。18SEP06更新】

ラドオブザマナー, コックスプレート準備万端

昨年のコックスプレートでは、レース中ほとんどチャンスがなく実力を出せなかったラドオブザマナーですが、様々な怪我、故障を乗り越えて、今年のコックスプレートへの準備は万端のようです。
ラドオブザマナーは、先週土曜日のムーニーバレー競馬場のG2、ダトータンチンナム・ステイクスで本命アパチェキャットを破り優勝しました。レース中最後尾につけていたラドオブザマナーは、素晴らしい勢いでゴールイン。レース後、鞍上のグレッグ・チャイルズ騎手は、コックスプレートの手応えありと語っています。

2006915日(土)ムーニーバレー競馬場
ダトータンチンナム・ステイクス 
1,600m GII
スタンダート馬齢重量戦、賞金総額:約2,550万円
1 LAD OF THE MANOR 7歳せん馬 
(父:ZABEEL  母:MATRONA) 58kg
騎手:GJ Childs 調教師:Roger Hoysted
2 APACHE CAT 4歳牡馬   
(父:LION CAVERN 母:TENNESSEE BLAZE) 57.5kg
3 SPINNEY 4歳せん馬  
(父:OCTAGONAL 母:OCHILTREE) 57.5kg
18SEP06更新】

ミスアンドレッティ、コースレコードでマニカトステイクス優勝

牝馬が相変わらず強いオーストラリアの競馬。今週末ムーニーバレー競馬場で開催されたGTマニカトステイクスでは、5歳の牝馬ミスアンドレッティがコースレコード(1:9.29)で、優勝しました。
もともと、西オーストラリアのパースで走っていたミスアンドレッティですが、オーナーが代わりメルボルンへ。今回の優勝で、ミスアンドレッティは、18戦12勝、3回入着と素晴らしい成績です。管理をするリー・フリードマン調教師は、先日重賞レースレースで本命馬の調子が悪いのを裁決に届けず、そのため2000ドルの罰金を科せられたばかり。しかし、土曜日はG1を含めて1日に3勝という嬉しい結果となりました。

2006915日(土)ムーニーバレー競馬場
マニカトステイクス 
1,200m GI
スタンダート馬齢重量戦、賞金総額:約3,400万円
1 MISS ANDRETTI 5歳牝馬 
(父:IHTIRAM  母:PEGGIE'S BID) 55kg
騎手:C Newitt 調教師:DL Freedman
2 DANCE HERO 5歳せん馬   
(父:DANZERO 母:GYPSY DANCER) 57.5kg
3 SASSBEE 6歳せん馬  
(父:BLEVIC 母:ANERET GOLC) 57.5kg
18SEP06更新】

レーシングトゥウインもコックスプレートへ足がかり

ドンキャスターハンデの優勝馬レーシングトゥウインは、今年のコックスプレートを狙っているといいます。
今週末ローズヒルガーデン競馬場で開催されたGUセオマークスステイクスで、ジョン・ホークス調教師とダレン・ビードマン騎手の最強コンビのパラトゥルーパーを破って優勝したレーシングトゥウイン。鞍上のグレン・ボス騎手はゴール前400mではその凄いダッシュに驚いた。またレース中とてもリラックスしていて、2000mのコックスプレートもいけるとのコメントを出しています。
そういえば、グレン・ボス騎手は、今回もゴール前でガッツポーズをとり1000ドルの罰金を払わされています。実は、彼はこのポーズの常習犯で、恐らく次は罰金だけではすまないだろうと思います。気をつけてね。ボスちゃん。

2006915日(土)ローズヒルガーデン競馬場
セオマークスステイクス 
1,300m GII
3
歳以上クオリティハンデ戦、賞金総額:約1,700万円
1 RACING TO WIN 4歳せん馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO  母:SURREALIST) 58.5kg
騎手:G Boss 調教師:JA O'Shea
2 NEW EDGE 5歳せん馬   
(父:RACER'S EDGE 母:BADIUNOV'S BABE) 52.5kg
3 REGAL CHEER 4歳牝馬  
(父:ARENA 母:RAGAL CHAMBER) 55kg
18SEP06更新】

メルボルンカップ、一次登録締め切り。今年も強豪が遠征に

先日、今年のメルボルンカップの一次登録が締め切られ、海外からの参戦馬17頭が登録されました。コックスプレート、コーフィールドとメルボルンの三つのレースに登録したのは、33頭(馬の数は22頭)。今年賞金が300万ドルになったコックスプレートの登録には外国馬が7頭、同じく300万ドルのコーフィールドカップには9頭、そして賞金500万ドルのメルボルンカップには前述したように17頭が登録されています。

主要参戦馬は、アイルランドから、オブライエン厩舎のイエ―ツ(Yeats)、GT優勝馬のフェニックスリーチ、またゴドルフィン厩舎のチェリーミックスとインペリアルストライド、ケラシャーン。更に、アメリカの芝のチャンピオン馬、ベタートークナウ、そして日本からのデルタブルースとポップロックなど。なお、昨年メルボルンカップの前日、フェンスにぶつかって怪我をして欠場になったカルテダイアモンドが昨年の恨みを晴らそうと今年もやってくるほか、オーストラリア人がオーナーで、ルカ・クマーニ調教師の管理するギルステニングとスラクロアなども登録されています。

オブライエン調教師は、これまで何度もメルボルンカップの参戦を表明していましたが、なかなか実現せず、今回実現するとすれば、初めてのオーストラリア遠征に。アスコット・ゴールドカップの覇者であるイエーツは現在、オーストラリアのヘッドターナーと同位本命馬(8倍)になっています。彼のハンデは昨年のマカイビディヴァと同じ59キロ。オブライエン調教師は、コックスプレートにもエイス(Ace)を登録。

フランスからも初めてトップ調教師、アンドレ・ファーブル調教師が遠征を表明。リーフスケイプ(Reefscape)を連れてくる予定です。日本の角井厩舎の2頭は10月3日には日本を出発と聞いています。なお、コックスプレートとコーフィールドカップの第二次登録は9月26日、メルボルンカップは、10月10日の予定。14SEP06 更新】

原田さんならぬ、ハラダスン、コックスプレートへの足がかり。

先週メルボルンのコーフィールド競馬場で開催された準重賞レース、ヴェインステイクスで、トニー・ヴァズル調教師の管理するハラダスンが優勝し、早くも、コックスプレートへの呼び声がかかっています。このハラダスンは、チャンピオン馬エルストロームの半弟で、フサイチペガサスの3歳牡馬。デビュー戦をビクトリア州のプロビンシャルレースで勝ち、今回がわずか2戦目でした。管理をするトニー・ヴァズル調教師は、身体も大きく丈夫だが、果たしてエルストロームのように激しい戦いに勝つ戦士になるかどうかまだ分からないと語っています。しかし、期待された、デインヒルの息子チャーチルダウンなど逃げた馬をあっという間に捕まえて稲妻のようにゴールに入ったあの姿を見ると、ちょっと只者ではないような気がしています。それにしても、ハラダスンって、原田さんに聞こえますよね。何か日本人と関係あるのかしら。今回のレースでコックスプレートのオッズランキング、4番手に入っています。

2006819日(土) コーフィールド競馬場
ヴェインステイクス 準重賞  
1,100m
3
歳牡馬せん馬戦、別定戦、賞金総額:約1千万円
1 HARADASUN 3歳牡馬 
(父:FUSAICHI PEGASUS  母:CIRCLES OF GOLD) 54kg
騎手:N Rawiller 調教師:A J Vasil
2 SHARKBITE 3歳牡馬   
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:BACK PASS) 55kg
3 CHURCHILL DOWNS 3歳牡馬  
(父:DANEHILL 母:SILKEN WHISPER) 56kg
21AUGUST06更新】

コックスプレートのオッズランキングは8月20日現在で下記の通りです。
コスモバルクは、(もし出走すればの話ですが)現在34倍。今フィックストオッズで馬券を買っておくといいかも知れません。

$6.50 - Eremein
$7 - El Segundo
$10 - Racing to Win
$11 - Haradasun
$13 - Lad of the Manor
$15 - Our Smoking Joe, Serenade Rose
$17 - Grey Swallow, Primus
$21 - De Beers, Wahid
$26 - Cacique, Malcolm, Miss Finland, Pompeii Ruler, Zipping
$34 - Aqua D'Amore, Cosmo Bulk, Dante's Paradiso, Falstaff, Fields of Omagh, Imperial Stride, Mnemosyne, Vroom Vroom
$41 - Apache Cat, Headturner, Librettist, Minson, Perfect Promise, Railings, Red Dazzler, Soldier Hollow, Testafiable, Thin and Crispy.
others $51 and over

ミンソン7戦連勝ならず。

6戦連続優勝して、GUのJJリストンステイクスに臨んだミンソン。しかも、ベテラン騎手、ダミアン・オリバー騎手の騎乗ですから2.9倍の大本命となりましたが、結果は、大番狂わせ、ポンペイルーラーの優勝となりました。なお、この日のレースには、GT優勝馬のアバヴデックやデビアスも出走しましたが、それぞれ7着と11着と惨敗。優勝馬のポンペイルーラーは、日本産のジェニュイン産駒。これからコーフィールドカップかコックスプレートに挑戦するとは、管理をするミック・プライス調教師の言葉。同厩馬で2着になったレッドダズラー(父レッドランサム)は、メルボルンの春のスプリントレースを狙うようです。

2006819日(土) コーフィールド競馬場
JJリストンテイクス
GU 1,400m
3
歳以上、スタンダードWFA、賞金総額:約2千万円
1 POMPEII RULER 4歳せん馬 
(父:GENUINE  母:WEST WITH NIGHT) 57.5kg
騎手:N Rawiller 調教師:M G Price
2 RED DAZZLER 4歳牡馬   
(父:RED RANSOM 母:VAIN HILL 57.5kg
3 OUR SMOKING JOE 6歳せん馬  
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:DALZING) 58kg
21AUGUST06更新】

オーストラリアで、アメリカのデルマールから競馬実況中継開始

オーストラリアの賭事会社Tabcorpは、現在NZのレースや南アフリカのレースなどを積極的に中継・馬券販売を実施して、ますますグローバル化していますが、今週の月曜日は、アメリカ、デルマールのGT、パシフィッククラシックを実況中継します。中継時間はオーストラリア時間の、午前9時半から。デルマールの8レース全部の放映となります。3レースは、枠でしか馬券を買えないので、オーストラリアで馬券を買うことができませんが、他の7レースの馬券はすべて買うことができます。これからはさらにアメリカからの実況中継が増えるようです。世界中の馬のフォームを勉強する必要が出てきて、オバサンもますます忙しくなりそう。21AUGUST06更新】

クインズランド馬、GVサンドメニコ優勝

先週土曜日、ロイヤルランドイック競馬場で開催されたGV、サンドメニコステイクスで、クインズランド州のカントリーからやってきたゴールドエディションが解消しました。遥か、クインズランド州のトゥンバから遠征したロン・モウンド調教師は、この牝馬で、100万ドルレース、ゴールデンローズを狙うと言っています。このゴールドエディションは、12戦して5勝して4回入着。今は亡きライオンハンター産駒です。

2006812日(土) ロイヤルランドイック競馬場
サンドメニコステイクス
GIII 1,000m
3
歳馬定量戦、賞金総額:約1,020万円
1 GOLD EDITION 3歳牝馬 
(父:LION HUNTER 母:GLIMMERS) 55.5kg
騎手:GA Lynch 調教師:RE Maund
2 MY MUDDI 3歳せん馬   
(父:BELONG TO ME 母:HIGH HONOUR) 54kg
3 ASTOUNDED 3歳牝馬  
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:STARTLE) 54kg
14AUGUST06更新】

リー・フリードマン調教師に誕生祝い

先週土曜日はリー・フリードマン調教師の誕生日。フレミントン競馬場の準重賞レース、オーリーズスターハンディキャップで、管理馬ベルダノーロが優勝し時ならぬ誕生祝いになりました。この日の、レースの2着はその名前の通りエルセグンド(スペイン語で2番)、3着はアパチェキャットと、優秀スプリンターが活躍。これから春の大レースで、彼らが再び顔を合わせます。

2006812日(土) フレミントン競馬場
オーリーズスターハンディキャップ
1,200m
準重賞、賞金総額:約850万円
1 BEL DANORO 4歳牡馬 
(父:DANEHILL 母:BISLOTTO) 52kg
騎手:C Newitt 調教師:DL Freedman
2 EL SEGUNDO 5歳せん馬   
(父:PINS 母:PALOS VERDES) 59.5kg
3 APACHE CAT 4歳牡馬  
(父:LION CAVERN 母:TENNESSEE BLAZE) 59kg
14AUGUST06更新】



クインズランド馬、GVサンドメニコ優勝

先週土曜日、ロイヤルランドイック競馬場で開催されたGV、サンドメニコステイクスで、クインズランド州のカントリーからやってきたゴールドエディションが解消しました。遥か、クインズランド州のトゥンバから遠征したロン・モウンド調教師は、この牝馬で、100万ドルレース、ゴールデンローズを狙うと言っています。このゴールドエディションは、12戦して5勝して4回入着。今は亡きライオンハンター産駒です。

2006812日(土) ロイヤルランドイック競馬場
サンドメニコステイクス
GIII 1,000m
3
歳馬定量戦、賞金総額:約1,020万円
1 GOLD EDITION 3歳牝馬 
(父:LION HUNTER 母:GLIMMERS) 55.5kg
騎手:GA Lynch 調教師:RE Maund
2 MY MUDDI 3歳せん馬   
(父:BELONG TO ME 母:HIGH HONOUR) 54kg
3 ASTOUNDED 3歳牝馬  
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:STARTLE) 54kg
14AUGUST06更新】

リー・フリードマン調教師に誕生祝い

先週土曜日はリー・フリードマン調教師の誕生日。フレミントン競馬場の準重賞レース、オーリーズスターハンディキャップで、管理馬ベルダノーロが優勝し時ならぬ誕生祝いになりました。この日の、レースの2着はその名前の通りエルセグンド(スペイン語で2番)、3着はアパチェキャットと、優秀スプリンターが活躍。これから春の大レースで、彼らが再び顔を合わせます。

2006812日(土) フレミントン競馬場
オーリーズスターハンディキャップ
1,200m
準重賞、賞金総額:約850万円
1 BEL DANORO 4歳牡馬 
(父:DANEHILL 母:BISLOTTO) 52kg
騎手:C Newitt 調教師:DL Freedman
2 EL SEGUNDO 5歳せん馬   
(父:PINS 母:PALOS VERDES) 59.5kg
3 APACHE CAT 4歳牡馬  
(父:LION CAVERN 母:TENNESSEE BLAZE) 59kg
14AUGUST06更新】



新しいスターの誕生か、ミンソン、ブレッチングリーステイクス(GV)快勝

ビクトリア州の地方都市、ジロングの調教師、マイケル・ヒブス師が管理するミンソンは、現在4歳のせん馬。3歳まで走らずに昨年の12月デビュー。以来1200mから1400mの距離で5戦全勝でした。その後半年の長い休養を終えて帰ってきたミンソンですが、先週土曜日に、コーフィールド競馬場で開催されたGVブレッチングリーステイクスで圧勝しました。
昨シーズン、ビクトリア州のリーディングジョッキーになったクレイグ・ウイリアムス騎手が、普通彼の専属であるデヴィッド・ヘイズ調教師の馬に乗りますが、この日は厩舎の同意を得てミンソンに騎乗。騎乗後「ミンソンはコックスプレートに勝つ能力がある。厩舎の同意を得られれば、ミンソンに乗りたい」と語っています。
この後、ミンソンは、今週土曜日のGUリストンステイクス、9月9日GUクレイグリーステイクスを狙う予定。

200685日(土) コーフィールド競馬場
ブレッチングリーステイクス
GIII 1,200m
スタンダート馬齢重量戦、賞金総額:約850万円
1 MINSON 4歳せん馬 
(父:HONOUR AND GLORY 母:INSTANT) 57.5kg
騎手:Craig Williams 調教師:MS Hibbs
2 RED DAZZLER 4歳牡馬   
(父:RED RANSOM 母:VAIN HILL) 57.5kg
3 SNORT 3歳せん馬  
(父:HAPPY GIGGLE 母:PIGLET'S GOLD)50.5kg
7AUGUST06更新】

ジョン・オシェイ調教師のインプリゾンドが、メン・オブ・リーグステイクス優勝

先週土曜日ローズヒルガーデン競馬場で開催されたGV、メン・オブ・リーグステイクスで、シドニーの若手トップ調教師、ジョン・オシェイ師のインプリゾンドが優勝しました。
元々クインズランド州でデビューし、その後シドニーの同厩舎に転厩したインプリゾンドですが、今回は重賞勝ち馬で、レース本命になったクリムゾンレインを3馬身近く離しての優勝。オシェイ調教師はインプリゾンドでコックスプレートを狙うと語っています。なお、騎乗したのは、普段はブリスベンをベースにするマイケル・ロッド騎手。ロッド騎手は暫くの間シドニーをベースに騎乗する予定です。

200685日(土) ローズヒルガーデン競馬場
メン・オブ・リーグステイクス
GIII 1,100m
3歳以上スタンダート馬齢重量戦、賞金総額:約850万円
1 IMPRISONED 5歳せん馬 
(父:COMMANDS 母:SAD) 57.5kg
騎手:M Rodd 調教師:JA O'Shea
2 CRIMSON REIGN 5歳牝馬   
(父:RED RANSOM 母:CRIMSON ROAD) 55kg
3 MAC'S TUNE 7歳せん馬  
(父:MACKSPED 母:JUST IN TUNE)57.5kg
7AUGUST06更新】

日本人騎手の活躍

7月30日のコフスハーバー競馬場では、4人の日本人騎手たちが大活躍して地元の人たちを喜ばせました。

Race 2 results:
Sapphire Beach Cup Mdn Hcp $6,100 Maiden 1606m Apprentices Can Claim Handicap 54.0kg.

1着 WESTERN DANE 4歳せん馬 
(
父:Nothin' Leica Dane - 母:Western Sal.) 54kg
調教師: Ms F Firth  騎手:M Paget
2着 JILTED  騎手:Y Ozawa 54 carr 50.5kg
3着 GRAN DEL VAL 騎手:Y Fujimoto 54kg

Race 3 results:
Ulong Cup Hcp (C5) $6,100 Class 5 1606m
Apprentices Can Claim Handicap 54.0kg.
1着 KAORU SQUARE 5歳せん馬
(父:Covetous - 母:Gentle Air54 carr 50.5kg
調教師:
G D Yorke  騎手:Y Ozawa
2着 ANTRON 騎手:S Thurlow 56kg
3着 fav KANTER BRAU 騎手:A Chau  54.5 carr 52.5kg

Race 4 results:
N B N T.V. Community Cup Hcp $7,100 Open 804m Apprentices Can Claim Handicap 54.0kg.
1着 fav BLOODSTONE 6歳せん馬
(父:Jetball -母: Chatoyancy (NZ) 55kg
調教師: B D Bellamy 騎手:P Graham
2着 ERENE BEAU 騎手:Y Ozawa  55.5 carr 51.5kg
3着 DESIGNER CLEO  騎手:A Chau  55.5 carr 53.5kg

Race 6 results:
Sawtell R S L - Sawtell Cup $12,250 Open 1406m Apprentices Can Claim Handicap 54.0kg.
1着 EL JEFE 6歳せん馬 
(
父:Mukaddamah (USA) - 母:Mislecord) 54 carr 52kg
調教師: L J Jeffriess 騎手:M Kai
2着 FRISCO'S HAREM 騎手:Daniel Baker 59.5 carr 58kg
3着 CONCITARE 騎手:M Paget 54.5kg   
31JULY06更新】

中山グランドジャンプに招待か、パーソナルドラム!?

先週ムーニーバレー競馬場で開催されたヒスキンススティープルチェイスで、パーソナルドラムが優勝して、グランドナショナルとのダブル優勝になりました。また、このダブル優勝で、来年の中山グランドジャンプへの招待が確実になっています。これまでこのダブル優勝を果たした馬は6頭のみで、パーソナルドラムは、栄えある7頭目になりました。

タスマニアで障害レースに走っていたパーソナルドラムを見出したクリス・ハイランド調教師は、競馬一家として知られるハイランドファミリーの一員。(もっとも、私には関係ない!)いつもは、タスマニアにいるパーソナルドラムが、メルボルンにやってくる時にはフェリーでタスマン海を越えてくるようです。もちろん、船酔いなし。レース後、中山で二年連続優勝を果たしたカラシのマスグローブ調教師が、ハイランド調教師に「中山で対決しましょう」と挨拶したとか。

2006726日(土) ムーニーバレー競馬場
ヒスキンススティープルチェイス 
3,721m
別定戦、賞金総額:約1,800万円
1 PERSONAL DRUM 8歳せん馬 
(父:PERSONAL ESCORT 母:TYMPANUM) 65kg
騎手:C Durden 調教師:CF Hyland
2 BUSBY GLENN 6歳せん馬   
(父:PENTIRE 母:LADY ACUMEN) 65kg
3 IGGY 8歳せん馬  
(父:IGNATIUS 母:PAULINE'S BATTLE) 62kg
31JULY06更新】

サスビーが準重賞のモナーシュステイクス優勝

マジックミリオンズのアデレードセールで、わずか3,600ドル(およそ30万円)で買われた馬、サスビーが、先週土曜日のコーフィールド競馬場で、準重賞モナーシュステイクスに勝ちました。
このサスビーは、アデレードからの遠征馬、次は、GTマニカトステイクスを狙うといいますから、テイクオーバーターゲットと同じケースになるかも知れません。

休養明けの実力馬スーパーエレガンスは8歳にも関わらず、まだまだ若いものには負けないと3着に入りました。来シーズンもまた活躍するに違いありません。スーパーエレガントもマニカトステイクスを狙っています。

2006722日(土) コーフィールド競馬場
モナーシュステイクス 
1,100m
スタンダート馬齢重量戦、準重賞 賞金総額:約900万円
1 SASSBEE 5歳せん馬 
(父:BLEVIC 母:ANERET GOLD) 57.5kg
騎手:N Rawiller 調教師:DR Jolly
2 SUPER ELEGANT 8歳せん馬   
(父:MISTER C. 母:EVER ELEGANT) 57kg
3 ILLUSIONIST 4歳牝馬  
(父:FAVORITE TRICK 母:MORNMOOT LADY) 55kg
24JULY06更新】

ゴールドグラフトンカップ結果

2006712日(木) グラフトン競馬場
XXXX ゴールドグラフトンカップ 
2,400m
ハンディキャップ戦、準重賞、賞金総額:約1,440万円
1 ROCKING ON 5歳せん馬 
(父:ZABEEL 母:LAMBERT MISS) 53kg
騎手:J Innes 調教師:G Waterhouse
2 GAZE ON 4歳せん馬   
(父:INTERGAZE 母:JOLEUR) 53kg
3 VIXTORY CHARM 5歳せん馬  
(父:VICTORY NOTE 母:CHARM AND CHASE) 53kg
17JULY06更新】

テイクオーバーターゲット、ジュライカップ失敗

先週ニューマーケットで開催されたジュライカップに出走したテイクオーバーターゲットは、7着と惨敗しました。騎乗したJフォード騎手は「3番手につけていいといころを行っていると思っていたのに、のぼりのきつい最後にきたら全く力が出なかった。きつい坂は知っていたが、それにしてもいつもの力が全く出ていない」とがっかりした様子で語ったと伝えられています。ムルタ騎手を鞍上にした、オーストラリアの遠征馬ファルクークもまた13着といいところなし。

このレースの、勝者は、ゴールデンジュビリーステイクスで優勝したレザークス。英国のベストスプリンターです。同馬は、日本に遠征して、ついでにオーストラリアにもとの情報もあります。これまでオーストラリアのスプリンターが、ヨーロッパの道場荒らしをしていましたが、今年は、ヨーロッパのスプリンターがオーストラリアに乗り込んでくるなんて、競馬は本当にグローバルになりましたね。
17JULY06更新】

ビードマン騎手、シーズン最後までノンストップ

オーストラリアの競馬シーズンは今月末で終わります。したがって、リーディングのタイトルを巡って勝ち鞍数争いも熾烈になっています。もっとも、シドニーのダレン・ビードマン騎手だけは余裕。なぜなら、既にシーズン145勝で記録を達成しリーディングのタイトルには全く揺るぎがないからです。とはいうものの、手綱を緩めることはありません。先週土曜日のロイヤルランドイック競馬場では、なんと1日3勝して、シーズンの勝ち鞍数を148勝にまで延ばしました。まだあと2週間あるので、150勝は必ず行くと思われます。

2006715日(土) ランドウィック競馬場
オーストラリア・インカム・ハンディキャップ 
1,400m
2
歳馬、オープンハンデ戦 賞金総額:約495万円
1 TZU HSI 2歳牝馬 
(父:QUEST FOR FAME 母:VISUAL EMOTION) 54.5kg
騎手:D Beadman 調教師:JR Hawkes
2 CHEEKY CHOICE 2歳牝馬   
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:CHRISTCHURCH) 55kg
3 HE'S NO PIE EATER 2歳牡馬  
(父:CANNY LAD 母:LADIE'S DAY) 57.5kg


2006715日(土) ランドウィック競馬場
マウントゲイラム・ハンディキャップ 
1,200m
3
歳馬、クラス3 賞金総額:約495万円
1 ROSECUTTER 3歳牝馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:BELLE BELLOTTO) 55kg
騎手:D Beadman 調教師:JA O'Shea
2 GO CART 3歳せん馬   
(父:DANEHILL DANCER 母:CUBICLE) 55.5kg
3 BLACK CAT 3歳せん馬  
(父:CATBIRD 母:ESPIARE) 53kg

2006715日(土) ランドウィック競馬場
バカディブリザー・ハンディキャップ 
1,200m
3
歳馬以上、クラス6 賞金総額:約495万円
1 WALK ALONE 4歳牝馬 
(父:HONOUR AND GLORY 母:RAIN IN SPAIN) 53kg
騎手:D Beadman 調教師:JR Hawkes
2 KELTIC FLASH 4歳せん馬   
(父:KELTRICE 母:TRULY DIAMONDS) 54kg
3 SCOTCH GEM 4歳せん馬  
(父:LANGFUHR 母:GEMSPRAY) 53.5kg
17JULY06更新】

グランドナショナル・スティープルチェイスは、パーソナルドラムが初優勝

「前にいつレースに勝ったのか覚えていませんよ。恐らく3年前かも」などと調教師が語るパーソナルドラムは、現在まで96回出走してわずか3勝。ところが、先週フレミントン競馬場で行われた障害レースの重賞であるグランドナショナルスティープルチェイスで、そのパーソナルドラムが優勝し、皆を驚かせました。
先頭の馬から30馬身も離れていたというパーソナルドラムは、2着馬のファーザーパトリックを6馬身も離して優勝。パーソナルドラムは、競馬ファミリーとして有名なハイランドファミリー(私とは関係ありません!)のクリス・ハイランド調教師の管理馬でした。パーソナルドラムは、このまま順調に行けば、7月29日、ムーニーバレー競馬場で開催されるオーストラリア障害レースのハイライト、ヒスキンスに出走する予定です。

200678日(土) フレミントン競馬場
グランドナショナルスティープルチェイス 
4,500m
ハンデ戦 賞金総額:約
2,250万円
1 PERSONAL DRUM 8歳せん馬 
(父:PERSONAL ESCORT 母:TYMPANUM) 62.5kg
騎手:C Durden 調教師:CF Hyland
2 FATHER PATRICK 6歳せん馬   
(父:LADONI 母:LOUGHMOE LADY) 62.5kg
3 MANZEAL 9歳せん馬  
(父:ZABEEL 母:KARMAN GAL) 68kg
10JULY06更新】

グランドナショナルハードルは、レーング調教師のバズビーグレンが優勝

冬の季節は障害レース真っ盛り。実施する州は、ビクトリア州と南オーストラリア州とタスマニア州だけ。それでも、近年中山グランプリが出来てから、オーストラリアでは日本を目指す馬たちが増えてきています。先週フレミントン競馬場で開催されたグランドナショナルハードル(4300m)は、ロビー・ラミング調教師が1着と2着のダブルを取りました。1着に入ったのはバズビーグレンで、2着はサーペンタイア。ペンタイア産駒のダブルです。

200671日(土) フレミントン競馬場
グランドナショナルハードル 
4,300m
オープンハンデ戦 賞金総額:約
2,250万円
1 BUSBY GLENN 6歳せん馬 
(父:PENTIRE 母:LADY ACUMEN) 65kg
騎手:W Williams 調教師:RE Laing
2 SIR PENTIRE 6歳せん馬   
(父:PENTIRE 母:PRIVILEGE) 62.5kg
3 VAZOOM 7歳せん馬  
(父:ZABEEL 母:ZAMETTA) 64kg
4JULY06更新】


Back
Presented by Mariko Hyland & Associates Pty.Ltd.