オーストラリアの競馬ホットニュース

2008年【下半期】

ギルデッドヴェノムの快進撃止まらず!

新年まで続くパースのレーシングカーニバルですが、先週土曜日は、G2のCBコックス・ステイクスで、ギルデッドヴェノムが優勝、その快進撃は止まりません。このカーニバル期間中、ギルデットヴェノムは5戦してなんと、3勝。うち1勝はG1のレイルウエイ・ステイクス。また5戦中入着が2回で、連帯率が100%となりました。元旦に実施されるパースカップは、これまでの3200mから2400mとなっていますが、同馬は、これを回避して、秋のシドニーの大レースを狙うようです。今回は、シドニーからもパースに遠征しましたが、年明けには、パースからシドニーに遠征。東西の交流が盛んになってきました。

20081220日(土) アスコット競馬場
CBコックステイクス(
2100mGII
馬齢重量戦、3歳以上賞金総額:約5,000万円
1 GILDED VENOM 5歳せん馬 
(父:GOLDEN SNAKE 母:DAUGHTER'S CHARM) 52kg
騎手:P Carbery 調教師:S R Wallace
2 ANNENKOV 7歳牡馬 
(父:DANEHILL 母:AGATHE) 59kg
3 THE FUZZ 6歳せん馬
(父:DANASINGA 母:DRAMA QUEEN) 59kg




パティナックファーム、ヨーロッパのダービーに挑戦

ネイサン・ティンクラー氏が、昨年8月にフランスのドゥーヴィルのセリで買った馬が、2010年のイングリッシュダービーに登録をされました。2010年のイングリッシュダービーには、現在388頭の馬が登録されていますが、同氏の所有馬は、フランスのセリで70万ユーロの最高価格で落札した、ガリレオの牡馬(名前は未定)。うまく優勝すれば,彼のパティナックファームの有力な種牡馬候補になるでしょう。


オーストラリアのアナバー産駒、南アフリカのG1優勝

先日、南アフリカのG1ケープギニーズ(1600m)で、オーストラリア産のアナバーの産駒が優勝しました。この馬は、地元ディーン・カのマオヤー調教師が管理するLE DRAKKAR(ルドラカー)です。ルドラカーは、このあと、ケープダービーに向かう予定です。


サムシングエニーシングがヴィリアーズ優勝

先週、ランドイック競馬場で開催されたG2の、ヴィリアーズで、クリス・マンス騎手を鞍上に、サムシングエニシングが優勝しました。クリス・マンス騎手は、金を貰って予想をしたということで、つい最近まで、香港でおよそ2年の長い刑にに服していました。先日オーストラリアに戻り、騎乗しようとする同騎手に、香港ジョッキークラブが、オーストラリアでも同じ期間だけの騎乗停止をすべきだとクレーム。しかし、競馬の管理母体で,免許を出すNSWレーシングが、彼の刑は済んでおり、その必要がないと、マンス騎手の騎乗復帰を許したものです。このところ、世界及びアジアの競馬界に大きな影響力を示している香港ジョッキークラブですが、その香港ジョッキークラブの影響力に、懸念を持つ人達がいることは確か。今回のNSWレーシングの裁決に拍手をする人達がオーストラリアにはかなり存在します。さて、サムシングエニーシングは、シドニーのワリックファームに厩舎を持つゲイリー・ポーテリ調教師の管理馬。5歳のマジックアルバート産駒です。

20081220日(土) ランドイック競馬場
ヴァリアーズステイクス(
1600mGII
オープンハンデ戦、賞金総額:約4,000万円
1 SOMETHING ANYTHING 5歳せん馬 
(父:MAGIC ALBERT 母:MALINE) 54.5kg
騎手:C Munce 調教師:G Portelli
2 HEY ELVIS 4歳せん馬 
(父:CLANG 母:QUEEN OF SONG) 52.5kg
3 RAGS TO PICHES 8歳せん馬
(父:ENTREPRENEUR 母:CANDESCENT) 55kg


地元、ギルデッドヴェノムがレイルウエイステイクス優勝

今年は、出張が続き、メルボルンの春のカーニバルを見ることができませんでした。見たのは、ダービーだけ。メルボルンカップも逃してしまいました。

さて、オーストラリアに戻ってきたらパースのレーシングカーニバルが始まりました。今年は、パースの西オーストラリアンターフクラブ(WATC)が、メルボルンやシドニーからの出走馬を確保するために、輸送費などを出す手段に出て、その結果が出ています。
メルボルンからは、強豪ニコネロやスナイパーブレット、シドニーからは、バンクロバーも何千キロも離れたパースにやってきました。しかし、本命は、地元パースのマラスコ。あの、ノーザリーのように強いという評判だったのですが、結果は、同じ地元馬でも、ギルデッドヴェノムが、賞金100万ドルのカールトンドラフト・レイルウエイステイクスを勝ちました。
西オーストラリアのカントリータウン、ピンジャラに小さいな厩舎を持つスティーブ・ワラス調教師は、12月6日に開催される、G1キングストンタウンステイクス(WFA1600m)に出走予定です。

20081122日(土) アスコット競馬場
カールトンドラフト・レイルウエイステイクス(
1,600mG1
3
歳馬以上、オープンハンデ戦賞金総額:約6,000万円
1 GILDED VENOM 5歳せん馬 
(父:GOLDEN SNAKE 母:DAUGHTER'S CHARM) 52kg
騎手:P Carbery 調教師:S R Wallace
2 SNIPER'S BULLET 5歳せん馬  
(父:BITE THE BULLET  母:YALLAH TERRACE) 55kg
3 ANNENKOV 7歳牡馬 
(父:DANEHILL 母:AGATHE) 52kg

24 NOV '08 更新】



次は、ビクトリアダービー。フービゴットユーが、G2VASE優勝

ストリートクライを父に、日本産のテンプルオブピース(父カーネギー)を母に持つ、フービゴットユーが、先週土曜日のムーニーバレー競馬場で、G2ヴァーズに優勝しました。コーフィールドギニーズに勝ったばかりのフービゴットユーは今回が初めての2000m。それも難なくこなして、ジョッキーのマイケル・ロッドは、エフィシェントがかつて、VASEを勝って、ダービー(2006)に勝ったときと同じパターンだと絶賛しています。

20081025日(土) ムーニーバレー競馬場
ヴァーズ(
2040mG2
3
歳馬、定量戦賞金総額:約2,000万円
1 WHOBEGOTYOU 3歳せん馬 
(父:STREET CRY 母:TEMPLE OF PEACE) 55.5kg
騎手:M Rodd 調教師:M A Kavanagh
2 BUFFETT 3歳せん馬  
(父:DANASINGA  母:FLOWERS) 55.5kg
3 ORCA 3歳牡馬 
(父:CARNEGIE 母:SLIGHTLY CONCEITED) 55.5kg

27 OCT '08 更新】


昨年の無念を果たした、マルディヴィアンがコックスプレート優勝

昨年、コーフィールドカップで本命になりながらゲート内で暴れて出走取り消しとなったマルディヴィアンが、昨年の無念を果たすように、コックスプレートを勝ちました。昨年のコーフィールドカップ以降、何回か重賞レースに望みましたが、入着はしても、なかなか勝てませんでしたが、ムーニーバレー競馬場で何度も勝っている事、調子が上向きであることなどを考慮に入れると、コックスプレートはもしかしてと思っていました。
今年のコックスプレートは、NZ勢が本命になっておりましたが、結果は惨敗。マルディヴィアンのマーク・カバナー調教師は、レース前に告知していたように、騎乗したマイケル・ロッドは最初から逃げる積極的な戦法をとり、逃げ勝ちました。2着は、コーフィールドカップのかつての勝ち馬ジッピング。ジッピングは、昨年のコックスプレートでは8着と惨敗。しかし、また調子をあげていました。3着は、今年の大本命、サマンサミスでした。サマンサミスは、3歳の牝馬ですが、ここ4連勝しており、歴史的な名牝馬、サラウンドの記録を破るのではないかと思われましたが、3着でした。しかし、逃げるマルディヴィアンにかなり迫っており、これからが期待されます。

20081025日(土) ムーニーバレー競馬場
コックスプレート(
2040mG1
スタンダート馬齢重量戦賞金総額:約3,000万円
1 MALDIVIAN 6歳せん馬 
(父:ZABEEL 母:SHYNZI) 59kg
騎手:M Rodd 調教師:M A Kavanagh
2 ZIPPING 7歳せん馬  
(父:DANEHILL  母:SOCIAL SCENE) 59kg
3 SAMANTHA MISS 3歳牝馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:MILLIYET) 47.5kg

27 OCT '08 更新】


ゴドルフィン厩舎、ついにコーフィールドカップ制覇

10年もメルボルン通いをしていたゴドルフィン厩舎でしたが、今年は、メルボルンカップに先がけて、オールザグッドがコーフィールドカップに優勝し、念願のメルボルンG1制覇を果たしました。勝ち方は、メルボルンで日本馬が勝った時と瓜二つ。見ていて、あっ、強いなあという感じがしました。もっとも、コーフィールドカップ・メルボルンカップを果たした馬の数はこれまで少なく、ちょっと頑張り過ぎたかも知れないと言った人もいます。オールザグッドは、23回出走して7勝、2回入着。今回のコーフィールドカップ優勝で、総収得賞金は188万ドルとなりました。2着は、モンジュ産駒のノムドジュー。3着は、オッズが100倍以上ついていたバーバリカス。Dオブライエン厩舎のデューローバレーとマスターオライリーは見事に負けましたが、同厩舎のバーバリカスが入着。なかなか抜け目がありません。

20081018日(土) コーフィールド競馬場
コーフィールドカップ(
2400mG1
オープンハンデ戦賞金総額:約25,000万円
1 ALL THE GOOD  6歳牡馬 
(父:DIESIS 母:ZARARA) 54.5kg
騎手:K McEvoy 調教師:Saeed Bin Suroor
2 NOM DU JEU 4歳牡馬  
(父:MONTJEU  母:PRIZED GEM) 55.5kg
3 BARBARICUS 4歳せん馬 
(父:LION HUNTER 母:LIGHT OF ERIN) 52kg

24 OCT '08 更新】


G2タイエアウイズ・スプリントは、サンバーントが優勝

サドラーズウエルズ血統のシーニックは、手堅い産駒を数多く輩出。距離も長いものから短いところまで多彩な距離をこなす産駒がいます。先週土曜日、コーフィールド競馬場で開催されたタイエアウエイズスプリントでは、そのシーニック産駒のサンバーントが優勝しました。2着は、ダーレーが持つアイチ。さて、余談ですが、アイチの母は名古屋です。

20081018日(土) コーフィールド競馬場
タイエアウエイズ・スプリント(
1100mG2
オープンハンデ戦賞金総額:約2,000万円
1 SUNBURNT LAND  5歳せん馬 
(父:SCENIC 母:RAZOR BLADE) 56.5kg
騎手:Chris Symons 調教師:M J Ellerton
2 AICHI 3歳せん馬  
(父:STRATEGIC  母:NAGOYA) 54kg
3 BISCAYNE BAY 6歳せん馬 
(父:STRAVINSKY 母:MONT TREMBLANT) 54.5kg

24 OCT '08 更新】

カミングス調教師のミミルブロックが、トリスタークステイクスで優勝

マジックミリオンズ優勝馬のミミルブロックが、また晴れの舞台に戻ってきました。ミミルブロックはクインズランド州の誇る種牡馬、ショーアハート産駒ですが、コーフィールド競馬場でのG2トリスタークステイクスでの優勝。総合成績は14戦5勝。勝ったほとんどが、重賞レースです。

20081018日(土) コーフィールド競馬場
トリスタークステイクス(
1400mG2
4
歳以上牝馬 オープンハンデ戦賞金総額:約1,750万円
1 MIMI LEBROCK  4歳牝馬 
(父:SHOW A HEART 母:GOD LOVE IT) 57.5kg
騎手:M Rodd 調教師:J B Cummings
2 TAN TAT DE LAGO 4歳牝馬  
(父:ENCOSTA DE LAGO  母:TAN TAT STAR) 56.5kg
3 ABSOLUTELYFABULOUS 5歳牝馬 
(父:LANGFUHR 母:JOKER'S GIRL) 54.5kg

24 OCT '08 更新】

新チャンピオン誕生か、フービーガットユーがコーフィールドギニーズ優勝

セリに上場したけれど、2万5千ドルのリザーブ価格に達せず、結局は大変安い価格で売られた馬が、G1を勝つ!オーストラリアの競馬には、まだまだドリームストーリーがあるようです。この馬は、ダーレーのストリートクライ産駒(注;ストリートクライはシャトル中止)の、フービーガットユー。出走前から評判が高く、本命になりました。結果は、期待に応えて3馬身以上も離しての強い勝利。騎乗は、このところ、ますます調子を出しているマイケル・ロッド、管理は、マーク・カバナー調教師です。2着は、リドゥ―ツチョイス産駒のタイムスィーフ、エンコスタデラ産駒のヴォンコスタデヒーロが3着でした。フービーガットユーは、現在まで6戦して4勝。せん馬なのが惜しいですね。ストリートクライの跡継ぎになったのに。

20081011日(土) フレミントン競馬場
コーフィールドギニーズ(
1600mG1
3
歳以上定量戦賞金総額:約1億円
1 WHOBEGOTYOU 3歳せん馬 
(父:STREET CRY 母:TEMPLE OF PEACE) 55.5kg
騎手:M Rodd 調教師:M A Kavanagh
2 TIME THIEF 3歳牡馬  
(父:REDOUTE'S CHOICE  母:PROCRASTINATE) 55.5kg
3 VON COSTA DE HERO 3歳牡馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:PIAVONIC) 55.5kg

14 OCT '08 更新】

7歳で、G1優勝。デューローバレー、ついにやったね。

エンコスタデラゴ産駒のデューローバレーは、昨年のコーフィールドカップの2着馬。今年も、同厩馬で昨年の1着馬、マスターオライリーと一緒に、コーフィールドカップを狙います。何度か走ったレースではほとんどが後ろの方。距離が短いな。もう少し準備までかかるかな。と、思っていたら、先週、コーフィールド競馬場で開催されたG1ヤランバステイクスで、並み居るG1馬を抜いて逃げ切りました。このレースの本命は、ジェニュイン産駒のポンペイルーラーでしたが、逃げるデューローバレーを追いかけ、首差で負けました。3着は、ギロチン。モンジュ産駒です。7歳でG1優勝、年寄りの鏡です。そうそう、このデューローバレーは、日本人の高橋仁さんが厩務員をして世話をしています。やったね、仁さん。

20081011日(土) フレミントン競馬場
ヤランバステイクス(
2000mG1
3
歳以上馬齢重量戦賞金総額:約4,000万円
1 DOURO VALLEY 7歳せん馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:OPAQUE) 59kg
騎手:J Winks 調教師:D T O'Brien
2 POMPEI RULER 6歳せん馬  
(父:GENUINE  母:WEST WITH NIGHT) 59kg
3 GUILLOTINE 4歳牝馬 
(父:MONTJEU 母:REFUSED THE DANCE) 58kg

14 OCT '08 更新】

アラモーサが、G1トゥーラックハンデ優勝

NZのワイカトスタッドに繋用されていて、NZのリーディングサイアーにもなっているオライリー産駒のアラモーサは、昨年3歳で、NZチャンピオンになっています。そのアラモーサが、4歳になり、更に強くなってオーストラリアにやってきました。NZからオーストラリアのミック・プライス厩舎に転厩、G1のトゥーラックハンデを勝ちました。騎乗はクレイグ・ニューイット騎手でした。今年は、NZからの馬が好調です。

20081011日(土) フレミントン競馬場
トゥーラックハンデ(
1600mG1
オープンハンデ戦賞金総額:約3,500万円
1 ALAMOSA 4歳牡馬 
(父:O'REILLY 母:LODORE MYSTIC) 55.5kg
騎手:C Newitt 調教師:MG Price
2 ROCKWOOD 4歳せん馬  
(父:ROCK OF GIBRALTAR  母:FAXWOOD) 52.5kg
3 PILLAR OF HERCULES 4歳牡馬 
(父:ROCK OF GIBRALTAR 母:COAT) 52.5kg

14 OCT '08 更新】

ウイークエンドハスラー、惨敗の謎?

先週土曜日に、G1パティナック・ターンブルステイクス(2000m)が、フレミントン競馬場で開催されました。
最大の注目馬は、もちろん、ウイークエンドハスラー。先日1800mを勝って、今回初めての2000mに挑戦。もちろん、大本命でしたから、誰も、その惨敗を予想した人はいませんでした。
結果は、何と13頭立ての8着。レース後は異常なしとの診断。騎乗したブラッド・ロイラー騎手は、これまでと違う乗り方をするべきだったと反省しています。しかし、予定はこの後、コックスプレート、コーフィールドカップ、メルボルンカップに向かうはずでしたから、今後の動向が気になります。
さて、勝者は、穴馬、ロティリオ。2着は、昨年のコーフィールドカップの優勝馬、マスターオライリーでした。ゲイ・ウオーターハウス調教師の管理するチューズデイジョイは、レース中に鼻出血して、3ヶ月の出走禁止に。メルボルンカップに出走予定で、かなり期待されていただけに、関係者はがっかり。3着は、やはりかつてのコーフィールドカップの優勝馬、ジッピングでした。 ロティリオは、長距離に強いベロト。母の父は、オーストラリアのセンテインです。騎乗したキング騎手は、メルボルンカップの馬だと大喜びをしています。

2008104日(土) フレミントン競馬場
パティナック・ターンブルステイクス(
2000mG1
4
歳以上賞金総額:約5,000万円
1 LITTORIO 4歳せん馬 
(父:BELLOTTO 母:OUR CENTASEA) 53kg
騎手:S R King 調教師:N A Blackiston
2 MASTER O'REILLY 6歳せん馬  
(父:O'REILLY  母:WITHOUT REMORSE) 57kg
3 ZIPPING 7歳せん馬 
(父:DANEHILL 母:SOCIAL SCENE) 58.5kg

7 OCT '08 更新】

見習い騎手が、初めてのG1優勝

シドニーの北部ニューキャッスルをベースにするポール・ペリー調教師は、グローバルな活躍をする調教師。彼の調教したショワジールは、英国でG1を勝ち、今では世界中で注目の種牡馬になっています。彼の調教したファストネットロックもやはり、クールモア牧場の種牡馬として成功しています。さて、このペリー調教師の管理するニューポートが、先週、ロイヤルランドイック競馬場で、G1、メトロポリタンを勝ちました。騎手は、見習いのピーター・ウエルス騎手。オッズはほぼ50倍。
ニューポートは、多彩な距離を走ることのできるエンコスタデラゴ産駒。母の父は、ナシプアですから、距離の長いところはお手の物だといえます。本命で、パティナックファーム所有のレッドロードは、8着。騎乗したコーリー・ブラウン騎手によると、レース中ほとんど折り合いがつかなかったといいます。

2008104日(土) ロイヤルランドイック競馬場
メトロポリタン(
2400mG1
3
歳以上賞金総額:約6,000万円
1 NEWPORT 6歳せん馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:SIBELIENNE) 52kg
騎手:Peter Wells 調教師:P M Perry
2 BIANCA 5歳牝馬  
(父:PAINTED BLACK 母:BLANCHE AMELIA) 53.5kg
3 GET UP JUDE 5歳せん馬 
(父:RES JUDICATA 母:MINSK SQUARE) 51.5kg

7 OCT '08 更新】

ゲイ・ウオーターハウス調教師、1着、2着。エプソムハンデキャップ

スターシンジケートは、オーストラリアで、大成功している共同馬主の会社です。またこのスターサラブレッズ・シンジケートは、ゲイ・ウオーターハウス調教師の厩舎でのみ管理されています。
このスターシンジケートの所有馬で、ゲイ・ウオーターハウス調教師の管理馬が、先日、G1エプソムハンデの1着と2着になりました。優勝馬は、テシオ、2着馬はバンクロバーです。テシオの騎手は、現在香港で長期騎乗をしているザック・パートン騎手。2着は、本命で、惨敗したパティナックファームの専属騎手、ピーター・ロブル騎手でした。ロブル騎手は、ダニー・ニコリク騎手が決まっていたために、本命馬ラヒーブに騎乗できず、ゲイ・ウオーターハウス調教師の出走馬に騎乗。2着になったもの。自分のマスターの馬が惨敗、皮肉な運命でした。テシオは、デインウインの5歳のせん馬です。

2008104日(土) ロイヤルランドイック競馬場
エプソムハンデ(
1600mG1
3
歳以上定量戦賞金総額:約6,000万円
1 THESEO 5歳せん馬 
(父:DANEWIN 母:OZONE SAND) 51.5kg
騎手:Z Purton 調教師:Ms G Waterhouse
2 BANK ROBBER 4歳せん馬  
(父:DASH FOR CASH  母:SALIAH) 52kg
3 GALLANT TESS 5歳牝馬 
(父:GALILEO 母:DRAGONCELLO) 53kg

7 OCT '08 更新】

スノーデン調教師、ダーレーに最初のG1をプレゼント

ロイヤルランドイック競馬場でのスプリングチャンピオンステイクス(G1)で、モハメド殿下の所有するスーサーが優勝しました。
ピーター・スノーデン調教が、ダーレーグループのために獲得した最初のG1優勝です。もの凄い勝ち方をしたスーサは、この後、ビクトリアダービーに出走予定。スーサは、ダーレーグループの宿敵クールモア牧場の持つガリレオ産駒です。

2008104日(土) フレミントン競馬場
スプリングチャンピオンステイクス(
2000mG1
3
歳以上定量戦賞金総額:約4,000万円
1 SOUSA 3歳牡馬 
(父:GALILEO 母:LIBERTY SONG) 56.5kg
騎手:C W Brown 調教師:Peter Snowden
2 PREDATORY PRICER 3歳牡馬  
(父:STREET CRY  母:SHADY STREAM) 56.5kg
3 EXCELLTASTIC 3歳牡馬 
(父:EXCEED AND EXCEL 母:FANTAIL) 56.5kg

7 OCT '08 更新】

本命沈没、メンタリティが、G1ジョージメイン優勝

ジョン・ホークス調教師が管理するメンタリティが、先週土曜日のロイヤルランドイック競馬場で優勝しました。ジョン・ホークス調教師は、インガムグループを離任して、今回が初めてのG1優勝。普段は、あまりマスコミに登場しない同調教師が、競馬番組のインタビューに嬉しそうに答えていたのは印象的。騎手は、コーリー・ブラウン。本命馬で、グレン・ボス騎手が騎乗したトリプルオナーはFLOP。6着となりました。5歳のメンタリティは、マイルのチャンピオン。現在まで27戦して、7勝。この中には、2007年のG1、ランドイックギニーズ、2006年のG1シャンペーンステイクスが含まれています。暫くなりを潜めていた5歳のせん馬、メンタリティですが、この分だと、またこの春活躍しそうです。

2008927日(土) ロイヤルランドイック競馬場
ジョージメインステイクス(
1600mG1
3
歳以上馬齢重量戦賞金総額:約4,000万円
1 MENTALITY 5歳せん馬 
(父:FLYING SPUR 母:SYNAESTHESIA) 59kg
騎手:C W Brown 調教師:J R Hawkes
2 THESEO 5歳せん馬  
(父:DANEWIN  母:OZONE SAND) 59kg
3 GALLANT TESS 5歳牝馬 
(父:GALILEO 母:DRAGONCELLO) 57kg

30 SEP '08 更新】


ショワジール産駒、ドリームスケープ活躍

ショワジールと言えば、オーストラリアのスプリンターで、英国のG1を優勝したチャンピオン馬。現在、種牡馬としてクールモア牧場で、南北両半球で繋用されており、ヨーロッパでもその産駒が活躍し始めました。先週末のロイヤルランドイック競馬場でのG2、スタン・フォックスステイクスでも、そのショワジール産駒、ドリームスケープが優勝しました。このドリームスケープは、フィリピンの富豪、コアンコ氏の所有馬。彼とは縁の深い、ゲイ・ウオーターハウス調教師が管理をしています。

2008927日(土) ロイヤルランドイック競馬場
スタン・フォックス・ステイクス(
1400mG2
3
歳以上定量戦賞金総額:約2,000万円
1 DREAMSCAPE 3歳牡馬 
(父:CHOISIR 母:FAITH IN DREAMS) 56.5kg
騎手:N Rawiller 調教師:Ms G Waterhouse
2 WHITEFRIARS 3歳牡馬  
(父:ARENA 母:ALSATIA) 56.5kg
3 JUDGE ME NOT 3歳牡馬 
(父:LONHRO 母:MISS GUILTY) 56.5kg

30 SEP '08 更新】

ウイークエンドハスラー、G17勝目

ウイークエンドハスラーが、先週土曜日に、メルボルンのコーフィールド競馬場で開催された、G1レース ロックエボニーステイクスを見事勝って、G1、7勝目を挙げました。今回は、1800m。これまで彼が優勝したことのない距離でしたが、難なくこなし、次は、いよいよコーフィールドカップです。彼は、2400mを走ることができるのでしょうか。ウイークエンドハスラーは、これまでにない短いオッズで、コックスプレートとコーフィールドカップ、そしてメルボルンカップに挑戦します。彼ははたして、歴史を塗り替えることができるのでしょうか。

2008920日(土) フレミントン競馬場
ロックエボニーステイクス(
1,800mG1
3
歳以上スタンダート馬齢重量戦賞金総額:約3,500万円
1 WEEKEND HUSSLER 4歳せん馬 
(父:HUSSONET 母:WEEKEND BEAUTY) 58kg
騎手:B Rawiller 調教師:R S McDonald
2 POMPEII RULER 6歳せん馬  
(父:GENUINE  母:WEST WITH NIGHT) 59kg
3 LITTORIO 4歳せん馬 
(父:BELLOTTO母:OUR CENTASEA) 58kg

22 SEP '08 更新】


ザグレブ、コーフィールドカップへ。

マジックミリオンズくのオーナーの一人、ジョン・シングルトン氏の持つ、ザビール産駒、ザグレブが、先週、コーフィールド競馬場のナチュラリズムステイクスを勝って、コーフィールドカップに臨みます。コーフィールドカップは、ハンデ戦。わずか50キロのハンデは、かなり有利。長距離のチャンピオン馬を出すことで有名なザビール産駒ですから、これまたチャンス。調教師は、デビッド・ヘイズ、騎手は、昨年のリーディングジョッキー、クレイグ・ウイリアムス騎手でした。

2008920日(土) フレミントン競馬場
ナチュラリズムテイクス(
2,000mG1
クオリティハンデ戦、準重賞賞金総額:約1,000万円
1 ZAGREB 4歳牡馬 
(父:ZABEEL 母:DANSINO) 53.5kg
騎手:Craig Williams 調教師:D A Hayes
2 LIGHT VISION 5歳せん馬  
(父:ZERPOUR  母:SWICHES) 56.5kg
3 BAUGHURST 7歳せん馬 
(父:TAYASU TSUYOSHI 母:MRS. PARNELL) 57kg

22 SEP '08 更新】

向かうところ敵無し、ウイークエンドハスラー

先週土曜日にフレミントン競馬場で開催されたG2、マカイビディヴァステイクス(1600m)で、ウイークエンドハスラーが優勝しました。このレースは、先日、休養明けに、ウイークエンドハスラーが惜敗したライトファンタスティックとの再対戦。しかし、ライトファンタスティックは4着になり、軍配はウイークエンドハスラーに上がりました。直線でぐんぐんスピード上げたウイークエンドハスラーは、2着の馬を2馬身半も離して、難なくゴール入りし、その強さを示しました。ロス・マクドナルド調教師は、このままウイークエンドハスラーを1800mの距離まで伸ばし、コーフィールドカップに臨むといいます。次走は9月20日、コーフィールド競馬所湯でのG1、アンダーウッドステイクスです。

200896日(土) フレミントン競馬場
マカイビディヴァステイクス(
1,600mG2
3
歳以上スタンダート馬齢重量戦賞金総額:約5,000万円
1 WEEKEND HUSSLER 4歳せん馬 
(父:HUSSONET 母:WEEKEND BEAUTY) 58.5kg
騎手:B Rawiller 調教師:R S McDonald
2 ZARITA 4歳牝馬  
(父:PENTIRE  母:GIN PLAYER) 56.5kg
3 LITTORIO 4歳せん馬 
(父:BELLOTTO母:OUR CENTASEA) 58.5kg

8 SEP '08 更新】

バート・カミングス調教師のミミルブロックが、G3優勝。

今年からパティナックファームがスポンサーをしているG、パティナックファーム・レッツエロープステイクスでは、バート・カミングス調教師のミミルブロックが優勝しました。ミミルブロックは、マジックミリオンズ2歳レースの優勝馬、その後、なかなか重賞レースで勝てませんでしたが、マイケル・ロッド騎手が騎乗、やっと前が開けたようです。このレースでは吉田勝己氏のサーフサイドクリスマスも出走しましたが、16枠と大外をひいて6着になりました。2着は、NZ産のベリーニローズ、3着は本命のデビルムーンです。現在4歳になったミミルブロックは、ショーアハートの娘で、オーストラリアの伝統的な血統をひいています。将来は、大変重要な繁殖牝馬になるに違いありません。

200896日(土) フレミントン競馬場
パティナックファーム・レッツエロープステイクス(
1,400mG3
4
歳以上牝馬戦、特別定量戦賞金総額:約2,000万円
1 MIMI LEBROCK 4歳牝馬 
(父:SHOW A HEART 母:GOD LOVE IT) 56.5kg
騎手:M Rodd 調教師:J B Cummings
2 BELLINI ROSE 6歳牝馬  
(父:FALTAAT  母:RAISE THE PLAY) 54kg
3 DEVIL MOON 5歳牝馬 
(父:KING CUGAT 母:CLASSY BABE) 57.5kg

8 SEP '08 更新】

ピーター・スノーデン調教師が、アイチで、ダーレーに初の重賞レースの優勝プレゼント

フレミントン競馬場で開催されたG3、デインヒルステイクスで、ピーター・スノーデン調教師が管理するアイチが優勝しました。これは、ピーター・スノーデン調教師がダーレー専属になって初めての重賞レース優勝です。アイチは、現在5戦して3勝、2回入着。これから大活躍の可能性を秘めています。でも、アイチって、日本の愛知からとったのでしょうかね。

200896日(土) フレミントン競馬場
デインヒルステイクス(
1,200mG3
3
歳馬、特別定量戦賞金総額:約2,500万円
1 AICHI 3歳せん馬 
(父:STRATEGIC 母:NAGOYA) 55kg
騎手:M Rodd 調教師:Peter Snowden
2 TIME THIEF 3歳牡馬  
(父:REDOUTE'S CHOICE  母:PROCRASTINATE) 55kg
3 NICCONI 3歳牡馬 
(父:BIANCONI 母:NICOLA LASS) 55kg

8 SEP '08 更新】

やったぜウイークエンドハスラー

ウイークエンドハスラーは3歳でG1を6勝した素晴らしい競走馬です。そのウイークエンドハスラーが、休養から戻ってきました。休養明け第一戦目は、惜しくも僅差で2着、しかし、先週土曜日にコーフィールド競馬場で開催されたG2メムジーステイクスでは見事優勝しました。この後、ウイークエンドハスラーは、第一戦目で敗れたライトファンタスティックと来週の土曜日再対決するようです。

2008830日(土) コーフィールド競馬場
メムジーステイクス(
1,400mG2
3
歳以上スタンダート馬齢重量戦賞金総額:約2,000万円
1 WEEKEND HUSSLER 4歳せん馬 
(父:HUSSONET 母:WEEKEND BEAUTY) 58.5kg
騎手:B Rawiller 調教師:R S McDonald
2 MALDIVIAN 6歳せん馬  
(父:ZABEEL  母:SHYNZI) 59kg
3 POMPEII RULER 6歳せん馬 
(父:GEUNINE 母:WEST WITH NIGHT) 59kg

1 SEP '08 更新】


ゴールデンローズは、デュポースが優勝

総賞金100万ドルという高額賞金を狙って3歳馬が競ったローズヒルガーデン競馬場のG2ゴールデンローズで、アンソニー・カミングス調教師の管理するデュポースが優勝しました。前を遮られてなかなか出られなかったデュポースを、ヒュー・ボーマン騎手が素晴らしい騎乗でゴールに持ってきました。しかし、2着のストリッパーもなかなかの走りっぷり。特に、南アフリカの元リーディングジョッキー、ジェフ・ロイドの好騎乗が目立ちました。尚、デュポースは、ヴィアナリー牧場で繋用されているレッドランサム産駒。レッドランサムは、昨シーズンのリーディング2歳サイアーです。

2008830日(土) ローズヒルガーデン競馬場
ゴールデンローズ(
1,400mG2
3
歳以上スタンダート馬齢重量戦賞金総額:約10,000万円
1 DUPORTH 3歳牡馬 
(父:RED RANSOM 母:STAGING) 55.5kg
騎手:J Bowman 調教師:A J Cummings
2 STRIPPER 3歳牝馬  
(父:DANEHILL DANCER  母:MISS CHARMER) 53.5kg
3 DESUETUDE 3歳せん馬 
(父:STRATEGIC 母:MARTELLA) 55.5kg

1 SEP '08 更新】


メルボルンで、ダーレーの種牡馬がワンツースリー!

メルボルンのG3、HDFマクニールステイクスでジョン・シングルトン氏所有のシュガーベイブが優勝しました。このシュガーベイブは、ダーレーの人気種牡馬、エクシードアンドエクセル産駒。このレースでは、2着のフービーゴットユーがストリートクライ、3着のカーディナルヴーチューは、エリューシブクオリティで、3頭ともダーレー種牡馬産駒です。

2008830日(土) コーフィールド競馬場
HDFマクニールステイクス(
1,200mG3
4
歳以上特別定量戦賞金総額:約1,250万円
1 SUGAR BABE 3歳牝馬 
(父:EXCEED AND EXCEL 母:ON TYPE) 55kg
騎手:D Dunn 調教師:D L Freedman
2 WHOBEGOTYOU 3歳せん馬  
(父:STREET CRY  母:TEMPLE OF PEACE) 55kg
3 CARDINAL VIRTUE 3歳牡馬 
(父:ELUSIVE QUALITY 母:VALOURINA) 55kg

1 SEP '08 更新】

日本馬の参戦なし

8月26日、ビクトリア州の競馬管理母体であるRVLから、今年のメルボルンカップに、日本馬の参戦がないことが発表されました。
オーストラリア連邦政府のBIO SECURITY局は、あらゆる馬は、第三国の検疫施設を経由して、オーストラリアに入国しなければならないという指示を出しており、検疫その期間も、それぞれ14日から21日という厳しいものになっています。そのため、日本馬が今年のカップに参戦するチャンスがなくなってしまいました。
27 AUG '08 更新】

レーシングトゥウインが、ワリックステイクス優勝

昨年のコックスプレートでの失敗が目に残っていて、あのときは、これからこのレーシングトゥウインはどうなるのだろうと思っていましたが、先週土曜日、ワリックファーム競馬場でのシュウェぺスステイクス(G2)で、その心配が消えました。ジョン・オシェイ調教師の管理するレーシングトゥウインは、重馬場で、休養明け第一戦目というマイナス条件だったにも関わらず、期待に応えて素晴らしい優勝レースをみせてくれました。
首半分で頑張ったのは、南アフリカ出身のデビッド・ペイン調教師が管理をするギャラントテス。騎乗は、やはり南ア出身のジェフ・ロイド騎手です。
ワリックファーム競馬場でのレースは、昨年馬インフルエンザで閉鎖になってから初めてのレース。昨年の辛さを忘れて、レースの再開を喜びました。
レーシングトゥウインの次走は、G2のセオ・マークステイクス(1300m)、それから、G1のジョージ・メインに向かいます。

2008823日(土) ワリックファーム競馬場
シュウェぺスステイクス(
1,400mG2
3
歳以上スタンダート馬齢重量戦賞金総額:約2,000万円
1 RACING TO WIN 6歳せん馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:SURREALIST) 59kg
騎手:J Bowman 調教師:J A O'Shea
2 GALLANT TESS 5歳牝馬  
(父:GALILEO  母:DRAGONCELLO) 57kg
3 DANZIPPO 6歳せん馬 
(父:DANZERO 母:POLISHING) 59kg
25 AUG '08 更新】

ゲイ・ウオーターハウス調教師、重賞ラッシュ

昨シーズンは、大差で、シドニーのリーディングトレーナーとなったゲイ・ウオーターハウス調教師。今週もまた、重賞レースのラッシュです。先週、ワリックファーム競馬場で開催されたG3のターンポイント・ステイクス(1400m)で、フィリピンのコフワンコ氏所有のドリームスケープ号で、優勝しました。ドリームスケープは、現在大活躍のクールモア牧場所有のショワジール産駒です。

2008823日(土) ワリックファーム競馬場
ターンポイントステイクス(
1,200mG3
3
歳牡馬、特別定量戦賞金総額:約1,250万円
1 DREAMSCAPE 3歳牡馬 
(父:CHOISIR 母:FAITH IN DERAMS) 54kg
騎手:P Robl 調教師:Ms G Waterhouse
2 AICHI 3歳せん馬  
(父:STRATEGIC  母:NAGOYA) 54kg
3 DUPORTH 3歳牡馬 
(父:RED RANSOM 母:STAGING) 56.5kg
25 AUG '08 更新】

サマンサミスがメトロポリタン・シビル・ステイクスを優勝

シドニーに郊外のニューキャッスルに厩舎を持つクリス・リー調教師のところに、高額馬サマンサミスが来て、彼はかなり心配したと言います。
しかし、サマンサミスは、昨シーズン活躍しただけでなく、今シーズンもまた、重賞レースでシーズン開幕を飾りました。
このレースでは、2頭の馬が、落馬するという事故がありましたが、先を走っていたサマンサミスに影響はありませんでした。サマンサミスは、この後、牝馬の重賞レースをいくつか狙うよう。調子が良ければ、メルボルンにもということのようです。サマンサミスの父は、リドゥ―ツチョイス、母の父はザビールです。

2008823日(土) ワリックファーム競馬場
メトロポリタン・シビル・ステイクス(
1,200mG3
3
歳牝馬、別定戦賞金総額:約1,250万円
1 SAMANTHA MISS 3歳牝馬 
(父:REDOUTE'S CHOICE 母:MILLIYET) 58kg
騎手:J Bowman 調教師:KA Less
2 GLOWLAMP 3歳牝馬  
(父:ENCOSTA DE LAGO  母:PUSH A VENTURE) 54kg
3 LOVE AND KISSES 3歳牝馬 
(父:ENCOSTA DE LAGO 母:FAIR EMBRACE) 54kg
25 AUG '08 更新】

ウイークエンドハスラーをライトファンタスティックが制す

8月も中旬になり、春の大レースを狙って、そろそろ大物が出始めました。休養明けということで、調子が戻ってきているわけではありませんが、ウイークエンドハスラーに対する期待は大きいものがあります。
先週土曜日、メルボルンのコーフィールド競馬場で開催された、G2、AVEOライヴウェルステイクスに今年4歳になったばかりのウイークエンドハスラーが出走。結果は、ライトファンタスティックが、2/3馬身で、スーパーホース、ウイークエンドハスラーを破りました。ライトファンタスティックは、デインヒルダンサー産駒の4歳。スプリント・マイラーとして手堅い活躍をしています。

2008816日(土) コーフィールド競馬場
AVEOライヴウェルステイクス(
1,400mG2
スタンダート馬齢重量戦賞金総額:約2,000万円
1 LIGHT FANTASTIC 4歳せん馬 
(父:DANEHILL DANCER 母:LEICA OR NOT) 58.5kg
騎手:C.Newitt 調教師:M G Price
2 WEEKEND HUSSLER 4歳せん馬  
(父:HUSSONET  母:WEEKEND BEAUTY) 58.5kg
3 MALDVIAN 6歳せん馬 
(父:ZABEEL 母:SHYNZI) 59kg
18 AUG '08 更新】


プレミアステイクスは、トリプルオナーの優勝

先週土曜日に、シドニーのローズヒルガーデン競馬場で開催されたG2、スミスフィールドRSLステイクスでは、4歳のせん馬、トリプルオナーが優勝しました。トリプルオナーは、オナーズリスト産駒、香港からシドニーに戻ってきたグレン・ボス騎手が騎乗しました。大レースは、やはり彼だという感じですね。

2008816日(土) ローズヒルガーデン競馬場
スミスフィールド
RSLステイクス(1,200mG2
3
歳以上スタンダート馬齢重量戦賞金総額:約1,500万円
1 TRIPLE HONOUR 4歳せん馬 
(父:HONOURES LIST 母:MYRRH) 58.5kg
騎手:G.Boss 調教師:C J Waller
2 CAPTAIN BAX 7歳せん馬  
(父:SNIPPETS  母:SNOW FINCH) 58.5kg
3 REIGNING TO WIN 5歳せん馬 
(父:KING OF KINGS 母:SECRET LIAISONS) 58.5kg
18 AUG '08 更新】



パース競馬に約6億円の賞金!?


先日、西オーストラリア州の首相が、自分が選挙に勝てば、G1レース、レイルウエイステイクスの賞金を毎年1億円ずつ増やして、2011年には、レイルウエイステイクスの賞金総額を5億円に、また他のレースも軒並み賞金を上げると発表しました。西オーストラリア州は、現在資源ブームで沸いており、日本人の騎手も活躍しています。
18 AUG '08 更新】

テイクオーバーターゲットの弟が、もうすぐデビュー

世界一のスプリンター、テイクオーバーターゲットの弟が、今週土曜日のカンタベリー競馬場でデビューします。2歳のプレダトリープライサーは、現在、トップ調教師、ビード・マレー調教師の息子で、ポール・マレー調教師が管理しています。テイクオーバーターゲットの弟は、ダ―レーのストリートクライの2歳馬、はたしてどんな馬になるのでしょうか。楽しみですね。
25 JULY '08 更新】
        

ゴールデンスリッパーの勝ち馬、シブリングは、引退

故障のため休んでいたゴールデンスリッパーステイクス勝ち馬、シブリングは、やっと故障から直り、体重も増やして、この春の大レースに備えていましたが、新しいオーナーである、ウイデン牧場は、先ごろ引退を発表。そのまま種付けに入るということです。管理をしていたゲイ・ウオーターハウス調教師は、非常に残念がっています。ファンも残念。まだまだこれからなのに。25 JULY '08 更新】


ケリン・マカヴォイ騎手の選択

ダ―レーグループが、オーストラリア最大のオーナーブリーダーであるインガムブラッドストックを買ったニュースは世界を走りましたが、このため、馬だけでなく、かなりの人的資源もオーストラリアに動いてくることになったようです。現在、ダ―レー第二の旗手である、オーストラリア出身のケリン・マカヴォイ騎手は、ダ―レーグループの勝利数の3分の1である300勝をあげ、絶好調。しかし、現在、故郷オーストラリアで、ダ―レーのために戦ってほしいというオファーがあるとか。このまま英国に残るか、オーストラリアに帰るか、思案のしどころのよう。
25 JULY '08 更新】

日本からの遠征馬について、最終調整

先日、日本で、アドマイヤーモナークとデルタブルースのメルボルンカップ遠征の発表がありましたが、今、オーストラリアでは、ビクトリア州のレーシング管理母体であるレーシングビクトリアとオーストラリア連邦政府の権益局との最終の調整が行われています。この案で行くと、日本からメルボルンに入る馬は、日本からシンガポールに行き、その後オーストラリアに入り、検疫期間を6週間とるというもの。
25 JULY '08 更新】

ザビールが、父サートリストラムをしのぐ

NZのケンブリッジスタッドで繋用されていた伝説の名馬サートリストラム。この息子、ザビールもまた名種牡馬になりましたが、今シーズンでその産駒が、77のGT優勝を果たして、父の72勝をしのぎました。
25 JULY '08 更新】

NZのランス・オサリバン元調教師が、調教師をリタイア

名騎手でならしたNZのランス・オサリバン元騎手は、騎手引退後、調教師となりましたが、なかなか芽が出ず、調教師もやめることに。名騎手、名調教師ならず。どこの世界でもそうですかね。
25 JULY '08 更新】

元名騎手、新しいスタート

ペインファミリーは、かつて5人もの名騎手を輩出した、有名なファミリーです。そのファミリーの長男、パトリック・ペインは、体重が重くなって、惜しまれて引退し、調教師となりましたが、先週土曜日に、ブリスベンのクインズランドカップで、その管理馬、クーデムを優勝させました。
クーデムは、アイルランド産のステイヤー。騎乗は、メルボルンカップ優勝騎手のスコット・シーマー騎手。メルボルンカップに出るのでしょうか。なお、ペイン調教師は、今、オーストラリアで大きな注目を得ているパティナックファームのバックアップを得ています。

200875日(土) イーグルファーム競馬場
クインズランドカップ(
3,200m
クオリティハンデ戦
賞金総額:約1,500万円
1 KERDEM 5歳せん馬 
(父:RAINBOW QUEST 母:KERMIYANA) 53kg
騎手:S Seamer 調教師:Patrick Payne
2 SKY BISCUIT 7歳せん馬  
(父:SKY CHASE  母:TODMAN BELLE) 57kg
3 REZONE 5歳せん馬 
(父:ELECTRONIC ZONE 母:LOCHRENE) 56kg
7 JULY '08 更新】

Back
Presented by Mariko Hyland & Associates Pty.Ltd.