トレインテック・スクールニュース






英語に自信がある方は
今すぐ→
トレインテック
英語ホームページ


トレインテック
資料請求は
こちらへ





2004年1月−12月、スクールニュース

騎手デビュー

2004年11月メルボルンカップの日にデビューを果たした小澤勇二さん。
ゴードンヨーク厩舎に所属し頑張っています。<Nov04>






トレインテックから10人の騎手!Apprentice Jockeys!

関根 伸貴さん ------ ゴードン・ヨーク厩舎
菅原 俊吏さん ------ ゴードン・ヨーク厩舎
島村 航さん -------- ジェリー・コルビン厩舎
小澤 勇二さん ------ ゴードン・ヨーク厩舎
志村 直裕さん ------ ビル・フォーリー厩舎
山崎 義之さん ------ デビー・ニューム厩舎
佐野 潤さん -------- マイケル・フラニガン厩舎
甲斐 学さん-------- ゴードン・ヨーク厩舎
その他、続々と新しい騎手候補生が・・。

トレインテック2000レーシングデー開催

10月14日、NSW州のゴスフォード競馬場で、トレインテック2000がスポンサーになったレーシングデーが開催されました。ゴスフォードは、トレインテック2000のレズ・カウエル、オーナー家族の出身地で、この日は、トレインテック2000の名前をつけた記念レースだけでなく、昨年亡くなったトレインテック2000の創設者エリック・カウエル氏を記念した重賞レースも開催されました。<25OCT04>

菅原俊里騎手、トレインテック2000に出走

現在ゴスフォードのゴードン・ヨーク厩舎に所属、NSW州のトップ見習い騎手の1人として活躍中の菅原俊里騎手が、トレインテック2000レーシングデーで騎乗しました。当日は3鞍乗った菅原騎手。残念ながらこの日は5着が最高でした。<25OCT04>


最大のフレミントンで攻め馬手をしています!

秋山剛さんは、中津競馬で騎手経験後、トレインテックに入学、英語を取得し、今はオーストラリア最大のフレミントン競馬場で攻め馬手として働いています。<1July04>

国際的なトレインテック
今年入学したアメリカ人のジェニファーと、永田有介君。国際的なホースマンになれるように頑張っています。
<10June04>




2004年5月に今年も大勢の生徒たちが、トレインテックに入学しました。
国際的なホースマンを目指し、頑張ってください! <10May04>


2004年4月、トレインテックから卒業生が今年もまた世界に羽ばたきます!

2003年5月期生の総代は松岡竜一さんが受賞!
「一番楽しかったのは厩舎作業。毎日が学ぶことばかり。自分が世話している馬が勝った時は、なんとも言えない喜びがありました。海外が身近に感じ、早く馬と接したくてウズウズしています。将来は国際的なホースマンになりたいです。」と松岡さんは語っています。 <1May04>


学校に栗東の白井調教師や日刊スポーツの蔵内氏も来校

今年1月はゴールドコーストでマジックミリオンズのセリがありましたが、この時期は、セリ場での研修をした生徒もいました。
また、栗東から白井調教師や日刊スポーツの大御所蔵内氏も来校して、生徒たちに貴重なお話を聞かせてくださいました。<2Feb04>

オーナーたち来校

トレインテック2000厩舎には、今日本の方々の馬、シスターカルモーナとアザルーンが入厩していますが、今年は、新年早々、シスターカルモーナのオーナーの植村夫妻や、蔵内氏が厩舎を訪れました。植村夫妻は、早朝の調教にも立会い、記念撮影をして大変満足。学校のインストラクターで、厩舎の調教師でもあるマーク・シムズ調教師は、「絶対勝たせます」と自信の程を見せていました。<2Feb04>



トレインテック卒業生の慎太郎君、千穂さん、千晶さんはそれぞれゴールドコーストで働いています。

写真左は大レースでシンコウフォレスト産駒を引く慎太郎君。

写真右は、クインズランドで働いている千穂さん。

写真左は、ジャッキーと呼ばれ、ゴールドコーストのオズボーン厩舎で働いています。
<5Jan04>



明けましておめでとうございます。
トレインテック卒業生の附田さん、江藤さん、その他多くの卒業生からクリスマスカードが届きました。それぞれ就職先で頑張っているとの事です!これからも頑張ってください!!
<5Jan04>



Horse Management Practices コース(基本コース<1年>)
きゅう舎管理に関する知識と能力、基本的な乗馬、サラブレッドのケア、そしてサラブレッド
及び業界で働くために必要な知識と能力を幅広く学習します。
体重、身長、年齢、学歴関係ありません。初心者から入学できます。
資料請求はこちらから