「優駿」オセアニア情報





Back




Presented by
Mariko Hyland & Associates Pty.Ltd.



優駿 2003年9月号




02/03年オーストラリアベストホースはノーザリー


オーストラリアの競馬のシーズンは8月から始まり7月で終わる。そして7月には、その年の最優秀馬が選ばれる大きなパーティーが開かれる。今年もメルボルンのクラウンカジノの大ホールで、オーストラリアの競馬を代表する人々を集めて華々しく行われた。159票のうち132票を集めて、圧倒的な支持のもとに選ばれたのは、この欄で何度も紹介しているノーザリーだった。ノーザリーの昨シーズンの成績は9戦して6勝、2着が2回。GT優勝を3回。そして、その発表後まもなく、ノーザリーが、腱の怪我のために引退するという悲報を聞いた。6歳だとは言え、まだまだ競走能力があり、今年のオーストラリアの春シーズンにはWSコックスプレート・ステイクスで、3回目の優勝を果たすのではないかと見られていた矢先のことであった。ノーザリーの生涯成績は、これまで34戦して優勝が19回。うちGT優勝が9回、GUが6回、GVが1回、準重賞が3回。総収得賞金が9,340,950豪ドル、日本円にして約7億5千万円という目覚しいものである。

さて、昨シーズン、チャンピオン2歳馬に選ばれたのは、シドニーのゲイ・ウオーターハウス調教師が管理するハズナである。ハズナは、オーストラリア産のスニペッツ産駒で、今シーズン10戦して6勝、入着が3回。総収得賞金は1,165,795豪ドル、約9500万円。その優勝にはGTのシャンペーン・ステイクスと(1600m)AJCサイアースプロデュース・ステイクス(1400m)、そしてGUのSTCシルバースリッパー・ステイクスが含まれる。ゴールデンスリッパーステイクス(GT1200m)では本命になりながらアンラッキーにも3着になったが、同レースで優勝したポーラーサクセス号を、今回の賞には圧倒的な差(128票対30票)で破り、チャンピオン2歳馬に選ばれた。

チャンピオン3歳馬は、ダービー馬ヘレーヌス。オーストラリアに日本からシャトルされたエリシオの初年度産駒だ。昨年度の成績は13戦して5勝、入着が3回。優勝は、GTのVRCダービー(2500m)、コーフィールドギニーズ(1600m)ローズヒルギニーズ(2000m)の3勝。またGUのMVRCヴァーズ(2040m)、ビルスタットステイクス(1600m)が含まれており、総収得賞金は2,114,680豪ドル(約1億7千万円)。ヘレーヌスはオーストラリアの競走馬には珍しく2000m以上の距離を走れるので、これからますますの活躍が期待される。また、調教師のレオン・コースティンは、ジャパンカップにも参戦の意向を発表しており、いよいよ今年は、日本の競馬ファンにオーストラリア産馬を久しぶりに見てもらうことができるかも知れない。

世界的に知られるオーストラリアのスプリンターだが、このカテゴリーでは、イェルとスピンニングヒル(7歳牝馬)が争った。先日紹介したショワジールがノミネートされてはいたが、イェルとスピニングヒルには及ばなかった。イェルは、へレーヌスと同じくオーストラリアのハンターバレーにある名門牧場ウイデンスタッドの生産馬で、今ヨーロッパでブレイクしているアナバーを父に持つ99年生まれの鹿毛のせん馬である。昨シーズンは9戦して5勝、入着が3回。この5勝には、GTのフチュリティステイクス(1400m)、オーストラリアステイクス(1200m)、オーステイクス(1400m)とGUが2つ含まれている。

ミドルディスタンスは、先述のノーザリーが、またステイヤーの部門では、昨年のメルボルンカップの優勝馬メディアパズルがそれぞれ表彰された。また、最も人気のある馬にもノーザリーが選ばれている。今年は、この賞の選考中に、ショワジールの英国での活躍が伝わり、選考委員を悩ませたようだが、やはり国内の実績優先ということで、スプリンター部門でイェルが選ばれたのは前述の通り。しかし、ショワジールは、その国際的な活躍が評価され、今年特別に創られた国際賞を受賞した。

尚、今年の表彰には、昨年度もGTを5回、GUとGVと7回も優勝すると言う素晴らしい成績を残した、オクタゴナル産駒ロンロは、ノーザリー以上の成績を挙げたにも関わらず、ノーザリー人気の影響を受けて、様々な部門でノミネートをされながらも結局は全く賞を受賞することがなかった。彼に騎乗したダレン・ビードマン騎手など、ロンロ陣営はいささか不満のようでもあるが、そのビードマン騎手とロンロの管理をするジョン・ホークス調教師が、今年最も多いGT数をとったということで、最優秀騎手と調教師の座にそれぞれ輝いた。ビードマン騎手は、昨シーズン、GTを6、GUを8、GVを2、全部で16の重賞レースに、またジョン・ホークス調教師は、GTを12、GUを12、GVを17、全部で41もの重賞レースに優勝した。